1969年の広島東洋カープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1969年の広島東洋カープ
成績
セントラル・リーグ6位
56勝70敗4分 勝率.444[1]
本拠地
都市 広島県広島市
球場
広島市民球場
Hiroshima Municipal Baseball Stadium 2008.JPG
球団組織
オーナー 松田耕平
経営母体 松田家(東洋工業創業者一族)
監督 根本陸夫
« 1968
1970 »

1969年の広島東洋カープでは、1969年シーズンの広島東洋カープの動向についてまとめる。

この年の広島東洋カープは、根本陸夫監督の2年目のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 苑田敏彦
2 今津光男
3 山内一弘
4 山本一義
5 衣笠祥雄
6 山本浩司
7 朝井茂治
8 久保祥次
9 安仁屋宗八
1969年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 広島 --- 阪神 --- 巨人 --- 巨人 --- 巨人 --- 巨人 --- 巨人 ---
2位 阪神 1.0 巨人 1.0 阪神 3.0 阪神 4.5 阪神 4.0 阪神 9.0 阪神 6.5
3位 巨人 1.0 大洋 中日 3.5 中日 7.0 大洋 7.5 大洋 9.5 大洋 11.0
4位 大洋 1.5 広島 3.0 大洋 6.0 大洋 7.5 アトムズ 8.0 中日 11.0 中日 14.0
5位 アトムズ 中日 4.0 広島 7.5 アトムズ 10.0 中日 12.5 アトムズ 14.5 アトムズ 16.5
6位 中日 4.0 アトムズ 6.0 アトムズ 10.0 広島 10.0 広島 13.0 広島 18.0 広島 18.0
1969年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 73 51 6 .589 -
2位 阪神タイガース 68 59 6 .535 6.5
3位 大洋ホエールズ 61 61 7 .500 11.0
4位 中日ドラゴンズ 59 65 6 .476 14.0
5位 アトムズ 58 69 3 .457 16.5
6位 広島東洋カープ 56 70 4 .444 18.0

[1]

選手・スタッフ[編集]

オールスターゲーム1969[編集]

コーチ 根本陸夫
ファン投票 選出なし
監督推薦 外木場義郎 山内一弘 山本一義

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
山本一義 外野手 3年ぶり2度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 千葉剛 投手 日本鉱業日立 入団
2位 渋谷通 内野手 平安高 入団
3位 上垣内誠 外野手 河合楽器 入団
4位 森永悦弘 投手 日本楽器 拒否
5位 小林正之 内野手 千葉商科大学 入団
6位 西沢正次 捕手 河合楽器 入団
7位 島村雄二 内野手 埼玉・大宮高 入団
8位 斎藤数馬 投手 東洋紡岩国 拒否
9位 竹中昭 投手 由良育英高 入団
10位 谷博信 投手 日本熱学 拒否
11位 高橋英二 内野手 仙台鉄道管理局 拒否

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]