藤井弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
藤井 弘
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県福山市
生年月日 (1935-09-29) 1935年9月29日(82歳)
身長
体重
175 cm
71 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1955年
初出場 1955年
最終出場 1969年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 広島東洋カープ (1972 - 1988)

藤井 弘(ふじい ひろむ、1935年9月29日 - )は、広島県福山市出身の元プロ野球選手内野手)・コーチ監督。引退後の名前は「藤井 博」(読み方同じ)。初代ゴジラ、通称"ゴジさん"。

経歴[編集]

盈進商業高校卒業後、倉敷レイヨンに入社。1954年八幡製鉄から移籍の話があり、内密でグラウンドの見学に行くなどして藤井自身は乗り気となるが、同じ社会人野球のライバルチームへの移籍にクラレから猛反対を受ける。この状況の中で広島カープから入団の打診があり、プロ野球ならやむなしとしてクラレも反対せず、八幡側も加藤喜作監督が白石勝巳監督の先輩だったことで了承し、1955年に広島カープへ入団の運びとなる[1]。一発強打の打撃力を買われての入団であったが、不器用でプロのカーブが全く打てず、長い二軍生活を送った。その苦しみは他人の想像を遙かに超えており、遠征の帰路、船上から海に飛び込もうとしたほどであった。それを通りかかった野崎泰一二軍監督に見つかり、「死ね、死んだつもりで頑張ってみろ」と諭され奮起する[2]。入団3年目の1957年に持ち前の長打力が開花し、三番・一塁手のレギュラーを掴む。全試合出場を果たして17本塁打(リーグ5位)、62打点(リーグ3位)を記録し、オールスターゲームにも出場。以降は中軸打者として1967年まで主にクリーンナップを務め、興津立雄大和田明古葉竹識らと共にチームの打撃陣を支える。1963年には、キャリアハイとなる打率.280(リーグ12位)、20本塁打(リーグ7位)、80打点(リーグ5位)を記録した。

現役時代は金田正一を苦手としていたが、1960年国鉄戦ではその金田から特大ホームランを放ち、チームの64イニング無得点にストップをかけた。1961年7月16日には同じく金田から球団初の逆転サヨナラ本塁打も放っている。1969年に引退。

引退後も広島に残り、二軍打撃コーチ(1972年 - 1977年)・一軍打撃コーチ(1978年 - 1983年)・二軍監督(1984年 - 1988年)を歴任。

プレースタイル[編集]

中軸打者として活躍する一方で、反面、守備はあまり得意ではなかった。一塁側に内野フライが上がると観客は静まりかえったと言う。そこで見事にキャッチすれば大拍手、取り損なっても拍手と、とにかく素人臭い守備はコミカルなアクションとなって観客を魅了した。

平松政次をよく打ち"平松キラー"とも呼ばれた。また"サヨナラ男"の異名を持ち、通算サヨナラ安打12本は球団記録となっている。シーズンによって好不調の波が激しいのが特徴でもあった。

逸話[編集]

1958年9月19日、この当時巨人のルーキーだった長嶋茂雄が、一塁ベース踏み忘れにより本塁打を取り消される(記録はピッチャーゴロとなる)ということがあったが、この時に一塁を守っており、藤井が鵜狩道夫投手から送球を受け一塁塁審竹元勝雄にアピールしたことでアピールプレイが成立、長嶋はアウトとなった。後に長嶋を特集したあるラジオ番組で『長嶋がベースを踏まなかったのを確認した時に塁審と目が合ったが、彼も見逃してなかった』[3]ということを語っていたことがあった。

1964年5月5日に、王貞治が5打席連続本塁打に挑んだときのラインドライブの打球を捕った一塁手でもあった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1955 広島 28 61 53 0 4 2 0 0 6 1 0 0 2 0 6 0 0 19 0 .075 .169 .113 .283
1956 23 83 71 8 16 1 1 4 31 10 0 0 2 1 7 0 2 18 3 .225 .313 .437 .749
1957 130 549 484 42 112 24 1 17 189 62 5 3 5 3 52 0 5 75 15 .231 .312 .390 .703
1958 120 487 408 53 111 25 2 17 191 55 3 4 2 0 76 9 1 71 12 .272 .388 .468 .856
1959 126 492 422 47 90 16 1 20 168 54 5 1 3 6 52 1 9 90 6 .213 .313 .398 .711
1960 86 195 164 18 39 7 0 8 70 23 5 4 3 0 24 0 4 46 3 .238 .349 .427 .776
1961 117 440 382 40 103 26 3 15 180 56 4 3 1 6 49 2 2 80 8 .270 .356 .471 .827
1962 131 522 462 53 109 24 2 18 191 73 2 2 0 3 56 2 1 64 13 .236 .320 .413 .733
1963 130 504 447 56 125 28 1 20 215 80 1 1 4 3 46 3 4 37 14 .280 .352 .481 .833
1964 133 480 403 51 92 20 0 13 151 45 4 3 7 4 61 2 5 46 16 .228 .337 .375 .712
1965 126 365 311 33 70 10 0 15 125 37 1 3 7 2 44 1 1 46 8 .225 .323 .402 .725
1966 104 310 263 30 55 5 2 12 100 38 3 1 5 0 37 1 5 50 5 .209 .318 .380 .698
1967 125 429 365 40 92 17 1 14 153 57 1 5 0 3 56 4 5 75 8 .252 .359 .419 .778
1968 58 70 53 2 10 0 0 1 13 4 0 0 0 0 13 0 4 15 1 .189 .386 .245 .631
1969 67 68 55 3 7 1 0 3 17 8 0 0 0 2 11 1 0 15 2 .127 .273 .309 .582
通算:15年 1504 5055 4343 476 1035 206 14 177 1800 603 34 30 41 33 590 26 48 747 114 .238 .336 .414 .750
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

節目の記録
  • 1000試合出場:1964年8月18日 ※史上90人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 5 (1955年 - 1969年)
  • 54 (1972年 - 1974年)
  • 77 (1975年 - 1988年)

脚注[編集]

  1. ^ 『広島東洋カープ60年史 -躍動!赤ヘル軍団-』38頁
  2. ^ 『広島東洋カープ(金山次郎監修)』(ISBN4-89174-012-4)36-37ページ
  3. ^ 参考:『プロ野球「毎日が名勝負」読本』 オフサイド・ブックス、彩流社

参考文献[編集]

関連項目[編集]