1979年の広島東洋カープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1979年の広島東洋カープ
成績
日本一
対近鉄 4勝3敗
セントラル・リーグ優勝
67勝50敗13分 勝率.573
本拠地
都市 広島県広島市
球場
広島市民球場
Hiroshima Municipal Baseball Stadium 2008.JPG
球団組織
オーナー 松田耕平
経営母体 松田家(東洋工業創業者一族)
監督 古葉竹識
« 1978
1980 »

1979年の広島東洋カープ(1979ねんのひろしまとうようカープ)では、1979年の広島東洋カープにおける動向をまとめる。

このシーズンの広島東洋カープは、古葉竹識監督の5年目のシーズンであり、4年ぶり2度目のリーグ優勝と球団初の日本一の輝いたシーズンである。この年の日本シリーズ(対近鉄)第7戦の9回裏の攻防は山際淳司のノンフィクション小説「江夏の21球」として知られている。

概要[編集]

出典[1]

投手陣は北別府学池谷公二郎山根和夫、抑えは移籍2年目の江夏豊、打線は1番に俊足の高橋慶彦、中軸に山本浩二衣笠祥雄水谷実雄エイドリアン・ギャレットジム・ライトルと長打力ある選手が揃っており、前評判は高かったが4月7日の開幕戦(阪神戦)からいきなり4連敗、その後もなかなか波に乗れず、5月28日の中日戦で極度の不振で打率2割を衣笠を古葉は監督になって初めてスタメンから外し(5月に入るとオーナーの「こんなに打てないのに、どうして使うんだ。」と古葉の耳にも入ってきた)、前半戦を首位の中日に3.5ゲーム差の4位、後半戦は古葉曰く思い描く試合ができるようになり、8月17日の大洋戦に勝って初めて首位立つと、そのままトップで、4年ぶり2度目のリーグ優勝と球団初の日本一の輝いた。この年の日本シリーズ(対近鉄)第7戦の9回裏の攻防は山際淳司のノンフィクション小説「江夏の21球」として知られている。3割打者は6月6日から7月31日まで33試合連続安打のプロ野球記録を作った高橋の304だけでチーム打率はリーグ5位の257だったが、盗塁数は断トツトップの143で得点もリーグトップの601を記録した。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 高橋慶彦
2 木下富雄
3 ライトル
4 山本浩二
5 水谷実雄
6 ギャレット
7 衣笠祥雄
8 水沼四郎
9 福士明夫
1979年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 中日 -- 広島 -- 広島 -- 広島 --
2位 大洋 0.5 中日 3.0 中日 0.5 広島 2.5 阪神 4.5 阪神 10.0 大洋 6.0
3位 阪神 1.0 大洋 大洋 1.0 大洋 3.5 中日 4.5 大洋 10.5 中日 7.5
4位 中日 1.5 広島 4.5 広島 2.0 阪神 3.5 巨人 5.0 巨人 12.0 阪神 8.0
5位 広島 3.5 ヤクルト 4.5 阪神 4.0 巨人 3.5 大洋 5.5 中日 12.5 巨人 10.5
6位 ヤクルト 5.5 阪神 6.0 ヤクルト 7.5 ヤクルト 11.0 ヤクルト 13.5 ヤクルト 18.0 ヤクルト 19.0
1979年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 広島東洋カープ 67 50 13 .573 -
2位 横浜大洋ホエールズ 59 54 17 .522 6.0
3位 中日ドラゴンズ 59 57 14 .509 7.5
4位 阪神タイガース 61 60 9 .504 8.0
5位 読売ジャイアンツ 58 62 10 .483 10.5
6位 ヤクルトスワローズ 48 69 13 .410 19.0

日本シリーズ[編集]

1979年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月27日(土) 第1戦 広島東洋カープ 2-5 近鉄バファローズ 大阪球場
10月28日(日) 第2戦 広島東洋カープ 0-4 近鉄バファローズ
10月29日(月) 移動日
10月30日(火) 第3戦 近鉄バファローズ 2-3 広島東洋カープ 広島市民球場
10月31日(水) 第4戦 近鉄バファローズ 3-5 広島東洋カープ
11月1日(木) 第5戦 近鉄バファローズ 0-1 広島東洋カープ
11月2日(金) 移動日
11月3日(土) 第6戦 広島東洋カープ 2-6 近鉄バファローズ 大阪球場
11月4日(日) 第7戦 広島東洋カープ 4-3 近鉄バファローズ
優勝:広島東洋カープ(初優勝)

オールスターゲーム1979[編集]

選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出回数
コーチ 古葉竹識
投手 江夏豊 12
北別府学
内野手 三村敏之 4
高橋慶彦
外野手 山本浩二 7
  • 太字はファン投票で選ばれた選手。▲は出場辞退選手発生による補充選手。

できごと[編集]

7月[編集]

  • 7月31日 - 高橋慶彦が対巨人戦(広島)の1回に新浦寿夫から安打を打ち、日本プロ野球新記録の33試合連続安打。しかし直後の2回の守備で走者と交錯し負傷退場。翌日から欠場し、復帰した8月8日の対阪神戦は無安打で記録はストップ[2]

8月[編集]

  • 8月1日 - 対巨人戦(広島)で巨人投手の3連続死球で3人目の衣笠祥雄が左肩甲骨骨折、全治2週間の重傷を負ってしまい連続出場記録が終わったと思われたが翌2日の試合で7回代打で打席に入る。

10月[編集]

11月[編集]

  • 11月4日 - 大阪球場で行われた近鉄との日本シリーズ第7戦で9回裏無死満塁を守り切り4-3で勝利(江夏の21球)、初の日本一となる。

選手・スタッフ[編集]

  • 背番号変更

登録名変更

  • 松原明夫→福士明夫

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
江夏豊 最優秀選手 初受賞
最優秀救援投手 31SP 2年ぶり2度目
山本浩二 打点王 113打点 初受賞
最多出塁数 220個 初受賞
高橋慶彦 盗塁王 55個 初受賞
その他
選手名 タイトル
三村敏之 カムバック賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
高橋慶彦 遊撃手 2年連続2度目
山本浩二 外野手 3年連続4度目
ダイヤモンドクラブ賞
選手名 ポジション 回数
山本浩二 外野手 8年連続8度目
ライトル 2年連続2度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 片岡光宏 投手 府中東高 入団
2位 永田利則 内野手 県立広島商業高 入団
3位 滝口光則 投手 山形南高 入団
4位 山中潔 捕手 PL学園高 入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ プロ野球レジェンドが語るあの日、あのとき、産経新聞出版、P198-P201、2015年
  2. ^ 【7月31日】1979年(昭54) “ドンくさい”男がスイッチ転向2年目でプロ野球新記録 スポーツニッポン 2008年7月28日