大久保美智男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大久保 美智男
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮城県塩竈市
生年月日 (1960-07-29) 1960年7月29日(59歳)
身長
体重
183 cm
88 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手 外野手
プロ入り 1978年 ドラフト2位
初出場 1980年9月7日
最終出場 1980年10月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

大久保 美智男(おおくぼ みちお、1960年7月29日 - )は、宮城県[1]塩竈市出身の元プロ野球選手投手外野手)。右投右打。

来歴・人物[編集]

宮城・仙台育英高では、エースとして1977年から2年連続で夏の甲子園に出場。1977年大会では、1回戦で高知高に敗退[2]1978年大会は、1回戦で高松商の河地良一(西濃運輸)を相手に延長17回を投げ切り1-0でサヨナラ勝ち、予選からの公式戦通算39回連続無失点の記録を樹立する[1]。3回戦に進むが、高知商森浩二に抑えられ敗退[2]

1978年ドラフト2位で広島東洋カープ入団[1]、期待の戦力として背番号「1」を背負う。1980年に6試合に中継ぎで登板したが、その後は登板機会がなく、1983年より外野手に転向、背番号も変更となる。野手としての一軍出場は無く、1985年限りで現役引退[1]1980年9月20日、巨・広16回戦で王貞治が866本目の本塁打を打った投手として知られる。

現在は会社員の傍ら、東北ベースボールアカデミー講師を務めるなど地元で野球講師として活動中。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1980 広島 6 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 37 10.0 8 1 1 0 1 8 0 0 4 4 3.60 0.90
通算:1年 6 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 37 10.0 8 1 1 0 1 8 0 0 4 4 3.60 0.90

記録[編集]

背番号[編集]

  • 1 (1979年 - 1982年)
  • 38 (1983年 - 1985年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、99ページ
  2. ^ a b 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年