深沢修一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
深沢 修一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山梨県北杜市(旧・北巨摩郡武川村)
生年月日 (1948-06-17) 1948年6月17日(70歳)
身長
体重
180 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1966年 第2次ドラフト2位
初出場 1970年
最終出場 1981年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

深沢 修一(ふかさわ しゅういち、1948年6月17日 - )は、山梨県北杜市武川(現役当時は、同県北巨摩郡武川村)出身の元プロ野球選手外野手)である。

来歴・人物[編集]

甲府工業高校では、後に阪急ブレーブスの正捕手として活躍する中沢伸二の2年後輩であった。1965年秋季関東大会準決勝に進むが、金子勝美らのいた大宮高に敗れ、春の選抜出場を逸する。しかし翌1966年夏は、三番打者、中堅手として西関東大会決勝で上尾高を降し、夏の甲子園に出場。準々決勝に進むが小倉工のエース横山晴久に抑えられ敗退[1]。高校同期に四番打者、一塁手西村公一(卒業後、阪神タイガース→プロゴルファーに転向)がいる。同年11月、ドラフト2位指名で投手として読売ジャイアンツに入団。

しかし入団直後に肩を壊し、外野手に転向するも公式戦に出場する機会が無く、1968年5月に川内雄富外野手との交換トレードで広島東洋カープに移籍。1971年には控え外野手の一番手につけ、8月以降は山本一義の故障もあって二番打者、右翼手として起用される。同年は44試合に先発出場、206打席に立ち打率.279の好成績をあげる。その後は打撃面で伸び悩むが、持ち前の俊足と強肩を活かし代走や守備要員としてチームに貢献した。広島初優勝の1975年にはスーパーサブとしての役割を果たした。同年の阪急との日本シリーズでも3試合に出場、7打数2安打の記録を残す。その後も控え外野手として起用されるが、1979年には出場機会が減少、1981年オフに現役引退。

現在は、山梨県甲斐市バッティングセンター「スタジアム31」を経営している。

エピソード[編集]

  • 広島へ移籍後、中々一軍出場ができず腐っていたが、当時の先輩に広島市の近くにある似島戦災孤児収容センターに連れて行かれたことがきっかけで意欲を取り戻し、守備要員や代走で出場しても積極的なプレーをするようになったという逸話がある。また、現役時代には地元の小学生を無料で試合に招待するというチャリティーサービスも行っていた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1970 広島 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1971 96 206 190 17 53 4 0 0 57 9 13 2 3 0 9 0 4 30 3 .279 .325 .300 .625
1972 91 109 102 18 20 2 0 1 25 4 1 2 2 0 2 0 3 18 2 .196 .234 .245 .479
1973 92 118 106 16 21 4 0 2 31 5 8 4 4 1 6 0 1 14 2 .198 .248 .292 .540
1974 107 198 181 28 35 8 1 0 45 8 6 2 1 0 10 0 6 24 0 .193 .259 .249 .508
1975 108 93 87 19 18 2 0 1 23 7 9 2 1 1 3 0 1 10 0 .207 .242 .264 .506
1976 100 65 56 15 7 1 0 0 8 3 4 5 3 1 4 0 1 6 2 .125 .197 .143 .340
1977 88 44 43 10 11 2 0 1 16 6 5 2 0 0 1 0 0 5 1 .256 .273 .372 .645
1978 77 26 25 13 9 3 0 1 15 1 0 2 0 0 1 0 0 7 0 .360 .385 .600 .985
1979 4 3 3 1 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1981 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 ---- 1.000 ---- 1.000
通算:11年 765 864 794 137 174 26 1 6 220 43 47 21 14 3 37 0 16 115 10 .219 .268 .277 .545

背番号[編集]

  • 43 (1967年 - 1973年)
  • 31 (1974年 - 1981年)

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]