高木真一 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
高木 真一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山口県下関市
生年月日 (1953-08-16) 1953年8月16日(65歳)
身長
体重
172 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1977年 ドラフト6位
初出場 1978年5月11日
最終出場 1978年6月17日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

高木 真一(たかぎ しんいち、1953年8月16日 - )は、山口県下関市出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。1980年から1981年の登録名は高木 宏彰(たかぎ ひろあき)。

来歴・人物[編集]

山口・早鞆高では、エースとして大河原栄とバッテリーを組む。1970年秋季中国大会県予選準々決勝に進むが、防府商に惜敗。久留米大学に進学。九州六大学野球リーグでは在学中2回優勝。卒業後は三菱重工広島に入社。1977年都市対抗電電中国の補強選手として出場。大昭和製紙との1回戦では、8回に角三男三菱重工三原から補強)をリリーフし初登板を果たす。大昭和の左腕エース池田信夫と投げ合うが、9回裏にホームスチールによるサヨナラ負けを喫する[1]

同年のドラフト会議広島東洋カープから6位指名を受け入団。1978年には5試合に中継ぎとして登板するが、その後は伸び悩み登板機会はなかった。1981年7月15日、車を運転中に交通事故を起こし、同乗していた同僚の水沼四郎が頭を30針縫う大ケガを負った。同年限りで現役を引退し、その後は佐川急便野球部に所属した。

フォームは元阪急ブレーブスのエース足立光宏に似たアンダースローであった。下手投げからホップする速球カーブ、落差の鋭いシンカーを武器にした。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1978 広島 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 20 4.2 7 0 0 0 2 3 0 0 4 4 7.20 1.50
通算:1年 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 20 4.2 7 0 0 0 2 3 0 0 4 4 7.20 1.50

記録[編集]

背番号[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目[編集]