大河原栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大河原 栄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山口県下関市
生年月日 (1953-06-06) 1953年6月6日(65歳)
身長
体重
176 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1978年 ドラフト外
初出場 1979年5月2日
最終出場 1985年9月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

大河原 栄(おおかわら さかえ、1953年6月6日 - )は、山口県下関市[1]出身の元プロ野球選手捕手)。右投右打。

来歴・人物[編集]

山口県下関市彦島出身である[1]。小学時代はソフトボールで市大会優勝[1]。中学時代は投手で、早鞆高捕手に転向する[1]。同期の高木真一らとバッテリーを組むが、甲子園には出場できなかった。

高校卒業後は、社会人野球新日本製鐵八幡に入社。1974年都市対抗に出場し[1]萩野友康の好投もあり決勝に進出するが大昭和製紙北海道に延長10回の末敗退し準優勝。

その後も社会人野球で活躍し、1978年オフにドラフト外中日ドラゴンズに入団[1]

1年目の1979年から一軍に上がるが、木俣達彦中尾孝義らの控えにとどまる。1984年のシーズン終盤には最終戦まで14試合連続で先発マスクを被り、同年の日米野球でも巨人・中日連合チームに選出され、11月13日の第13戦で日本の4勝目に貢献。翌1985年にも19試合に先発出場を果たすが、同年限りで現役引退[1]

引退後は佐川急便野球部に所属。また、マスターズリーグの名古屋80D'sersの選手として出場した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1979 中日 29 21 18 3 4 1 0 0 5 0 0 0 1 0 2 0 0 6 0 .222 .300 .278 .578
1980 32 36 34 2 8 1 0 0 9 2 0 1 0 0 1 0 1 6 0 .235 .278 .265 .542
1981 32 30 28 2 10 1 0 1 14 1 0 0 0 0 2 0 0 4 1 .357 .400 .500 .900
1982 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1984 40 50 48 4 10 0 0 1 13 4 0 0 0 0 2 0 0 12 1 .208 .240 .271 .511
1985 38 70 65 3 16 1 0 2 23 6 0 1 0 0 5 0 0 9 3 .246 .300 .354 .654
通算:6年 172 208 194 14 48 4 0 4 64 13 0 2 1 0 12 0 1 37 5 .247 .295 .330 .625

年度別守備成績[編集]

年度 試合 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
1979 21 5 4 1 .200
1980 23 10 6 4 .400
1981 18 8 7 1 .125
1984 34 12 8 4 .333
1985 34 21 19 2 .182
通算 130 56 44 12 .214

記録[編集]

背番号[編集]

  • 27 (1979年 - 1985年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、98ページ

関連項目[編集]