平田恒雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
平田 恒雄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岐阜県
生年月日 (1955-11-09) 1955年11月9日
没年月日 (2016-02-09) 2016年2月9日(60歳没)
身長
体重
178 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1978年 ドラフト4位
初出場 1981年5月2日
最終出場 1985年7月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

平田 恒雄(ひらた つねお、1955年11月9日 - 2016年2月9日)は、岐阜県出身の元プロ野球選手外野手)。登録名は平田恒男(読み同じ)。

来歴・人物[編集]

岐阜・中京商高では、右翼手、控え投手として1973年の春夏の甲子園に連続出場。春の選抜では、1回戦で天理高に逆転負け[1]夏の選手権では高橋俊春のいた伊香高を破り2回戦に進むが、天理高の佐藤清投手に完封を喫する。この大会では2試合いずれも山北芳敏(明大)をリリーフし登板[2]。1年下のチームメートに一塁手原田末記がいた。卒業後は三協精機に進むが、樋江井忠臣、伊藤弘利などの好投手がおり、都市対抗等の大舞台では活躍できなかった。

1978年のドラフト4位で中日入団。シュート、カーブが売りの左腕投手だったが、一軍登板のないまま1981年より外野手に転向。主に代打、守備固めとして起用される。同時期に在籍した川又米利とタイプが同じなため、あまり出場機会には恵まれなかった。1985年限りで現役引退。

引退後は佐川急便野球部(軟式)に所属、元同僚の大河原栄栗岡英智らと共にプレーし、のち同野球部の監督も務めた。

2016年2月9日、敗血症のため死去[3]。60歳没。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1981 中日 31 34 30 6 9 2 0 0 11 3 1 0 0 0 4 0 0 13 0 .300 .382 .367 .749
1982 15 14 13 1 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 1 5 0 .154 .214 .154 .368
1983 37 32 27 5 5 4 0 0 9 1 0 0 0 0 4 1 1 8 1 .185 .313 .333 .646
1985 9 7 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 3 0 .000 .143 .000 .143
通算:4年 92 87 76 12 16 6 0 0 22 4 1 0 0 0 9 1 2 29 1 .211 .310 .289 .600

記録[編集]

背番号[編集]

  • 43 (1979年 - 1985年)

出典・脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」 朝日新聞社編 1989年
  3. ^ 元中日外野手・平田恒男氏が死去、60歳 サンケイスポーツ 2016年2月11日閲覧

関連項目[編集]