栗岡英智

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
栗岡 英智
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県
生年月日 (1961-01-18) 1961年1月18日(56歳)
身長
体重
174 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手外野手
プロ入り 1978年 ドラフト2位
初出場 1980年8月27日
最終出場 1986年10月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

栗岡 英智(くりおか ひでとも、1961年1月18日[1] - )は、愛知県出身の元プロ野球選手内野手)。

来歴・人物[編集]

中京高等学校では1978年夏の第60回全国高等学校野球選手権大会中堅手、三番打者として出場。3回戦の箕島戦で上野敬三から逆転の3ランホームランを放ち注目される。この大会では準決勝に進出するが、エース西田真次を擁するPL学園に延長12回サヨナラ負けした。この年のドラフト会議で地元・中日ドラゴンズの2位指名を受け入団。

俊足・好打の選手として大いに期待され、入団当時の中日では層が薄かった内野手にコンバートされ、スイッチヒッターに挑戦したりした。1984年にはウエスタンリーグ盗塁王を獲得している。1985年には二塁手三塁手として32試合に先発出場するが、打撃面で実績を残せなかった。1987年開幕直前に村井一男川本智徳両投手との交換トレードで西武に移籍するが1軍出場はなく、移籍1年でユニフォームを脱いだ。

その後は郷里に戻って転職、プロ野球界とは距離を置いているものの野球との縁は切ることなく、会社勤めの傍ら愛知県内の軟式野球チームの監督を務めている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1980 中日 24 26 23 3 4 0 1 0 6 0 0 1 0 0 3 0 0 7 0 .174 .269 .261 .530
1981 28 25 25 4 5 0 1 0 7 0 0 1 0 0 0 0 0 7 0 .200 .200 .280 .480
1982 9 1 1 3 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1983 64 13 13 9 2 0 0 0 2 2 4 0 0 0 0 0 0 5 0 .154 .154 .154 .308
1984 20 24 24 4 9 4 0 0 13 8 4 1 0 0 0 0 0 8 1 .375 .375 .542 .917
1985 74 128 115 25 23 2 0 0 25 8 8 3 4 0 9 0 0 28 4 .200 .258 .217 .475
1986 55 51 47 12 11 2 0 0 13 1 6 2 1 0 3 0 0 14 0 .234 .280 .277 .557
通算:7年 274 268 248 60 54 8 2 0 66 19 22 9 5 0 15 0 0 69 5 .218 .262 .266 .528

記録[編集]

背番号[編集]

  • 45 (1979年 - 1987年途中)
  • 57 (1987年途中 - 同年終了)

関連項目[編集]

出典[編集]