河田雄祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
河田 雄祐
東京ヤクルトスワローズ 外野守備走塁コーチ #71
Kawata-yusuke71.jpg
2018年7月4日 マツダスタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都練馬区
生年月日 (1967-12-22) 1967年12月22日(51歳)
身長
体重
175 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1985年 ドラフト3位
初出場 1990年8月16日
最終出場 2002年7月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

河田 雄祐(かわだ ゆうすけ、1967年12月22日 - )は、元プロ野球選手外野手)。現東京ヤクルトスワローズ一軍外野守備走塁コーチ。

来歴・人物[編集]

帝京高3年時、第57回選抜大会に出場。先頭打者としてチームを牽引し、準優勝に輝く。同級生に小林昭則(元ロッテ)、1年後輩にプロでもチームメートとなる奈良原浩がいた。1985年度ドラフト会議にて広島東洋カープから3位指名を受けて入団。

俊足強肩の外野手として主に代打や守備要員として出場。プロ入り5年目の1990年に一軍初出場を果たし、お立ち台に初めて立ったのはプロ入り9年目の1994年である。同年5月18日巨人槙原寛己が広島戦で完全試合を達成した試合では、9回表の先頭打者として代打で出場し、あわやヒットかというセンターフライに打ち取られている。1995年シーズン終了後、野々垣武志との交換トレードで西武ライオンズへ移籍。東尾修の監督時の1997年1998年のリーグ連覇では堅実なプレーで「スーパーサブ」と呼ばれ、一軍定着し優勝に貢献[1]し、1997年の日本シリーズ第2戦ではシリーズを通してチーム唯一となるホームランを放つなど活躍した。

1998年には背番号を0に変更した[2]2002年シーズン限りで現役を引退。

引退後も西武に残り、翌2003年は一軍打撃コーチ補佐、2004年から2009年まで二軍外野守備走塁コーチ、二軍コーチとしては6年間は三塁と一塁コーチを交互にこなし[1]2010年からは一軍外野守備走塁コーチになる[1]。一軍、二軍で監督だった渡辺久信からは信頼され[1]2014年に監督だった伊原春樹は優秀なコーチと評価している[3]。2015年10月4日に、袴田英利ヘッド兼バッテリーコーチとともに西武から契約満了で退団することが発表された[4]。その後、広島東洋カープの一軍外野守備走塁コーチに就任することが決まり、10月27日に就任会見が行われた[5][6]。機動力野球復活の立役者と評され[7]、盗塁数も80からリーグトップの118に増え、2016年2017年のリーグ優勝に貢献した。2017年シーズン限りで打撃コーチの石井琢朗とともに、カープを退団することが球団から発表され2018年から東京ヤクルトスワローズの一軍外野守備走塁コーチに就任した。

エピソード[編集]

カープコーチ時代2016年6月18日 マツダスタジアム

石橋貴明は帝京高校野球部の先輩で現在も交友関係があり、2011年には『とんねるずのみなさんのおかげでした』のオークションのコーナーに自らのサイン入りユニフォームを出品した(涌井秀章菊池雄星らの出品物と合わせ計170万円で落札された)。

また2012年には『夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル』(テレビ朝日系)の「リアル野球BAN」コーナーに「石橋JAPAN」の一員として出演、活躍もしたが、メガネをかけた風貌が妖怪人間ベムに似ているとして石橋にいじられ、番組中「早く人間になりたい」と何度も叫ぶ羽目になった。

ほかにも2017年のカープの優勝旅行の際、菊池涼介が"YUUSUKE"と名前が書かれたヤクルトのユニフォームを着て現れ、「河田さん、何しに来たんすか?」などと散々いじられたという。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1990 広島 17 1 1 1 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1991 9 1 1 2 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1992 37 20 17 6 3 0 0 0 3 0 6 0 1 0 2 0 0 4 0 .176 .263 .176 .440
1993 25 24 21 4 6 0 1 0 8 3 1 0 3 0 0 0 0 5 0 .286 .286 .381 .667
1994 78 106 91 21 24 6 0 2 36 11 5 3 2 0 13 0 0 21 2 .264 .356 .396 .751
1995 71 126 100 16 18 2 1 2 28 10 5 0 0 0 15 0 1 35 0 .180 .270 .255 .524
1996 西武 72 111 99 15 24 4 0 1 31 11 8 3 8 0 4 0 0 17 1 .242 .272 .313 .585
1997 69 93 79 16 16 3 1 0 21 4 13 2 3 1 10 0 0 19 0 .203 .289 .266 .555
1998 77 86 65 14 16 2 1 0 20 3 8 4 8 1 12 0 0 12 0 .246 .359 .308 .667
1999 50 55 44 14 12 0 2 0 16 2 3 1 0 0 11 0 0 11 0 .273 .418 .364 .782
2000 31 53 41 12 11 0 2 1 18 6 1 1 6 0 6 0 0 13 0 .268 .362 .439 .801
2001 32 45 36 2 6 0 0 0 6 0 1 0 1 0 7 0 1 5 2 .167 .318 .167 .485
2002 6 9 9 1 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .111 .111 .222 .333
NPB:13年 574 730 604 124 137 18 8 6 189 50 53 15 32 2 80 0 2 145 5 .226 .314 .308 .622

記録[編集]

背番号[編集]

  • 50 (1986年 - 1995年)
  • 35 (1996年 - 1997年)
  • 0 (1998年 - 2002年)
  • 70 (2003年 - 2015年)
  • 74 (2016年 - 2017年)
  • 71 (2018年 - )

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 週刊ベースボール2011年7月25日、P45
  2. ^ 1998年日刊スポーツ発行プロ野球選手写真名鑑
  3. ^ 西武伊原新監督「また鬼が帰ってきた」
  4. ^ コーチ契約に関するお知らせ - 西武ライオンズ・オフィシャルサイト 2015年10月4日
  5. ^ 河田雄祐氏外野守備・走塁コーチ就任会見”. 広島東洋カープ公式サイト (2015年10月27日). 2015年10月27日閲覧。[リンク切れ]
  6. ^ “河田雄祐氏が古巣広島の1軍外野守備走塁コーチに”. 日刊スポーツ. (2015年10月27日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1558291.html 2015年10月27日閲覧。 
  7. ^ 2017 プロ野球全選手カラー写真名鑑号 、週刊ベースボール、2017年2/24号増刊

関連項目[編集]

外部リンク[編集]