白武佳久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
白武 佳久
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長崎県
生年月日 (1960-05-06) 1960年5月6日(57歳)
身長
体重
180 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1982年 ドラフト2位
初出場 1983年4月12日
最終出場 1996年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

白武 佳久(しらたけ よしひさ、1960年5月6日 - )は、長崎県出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

佐世保工高では、エースとして1978年夏の甲子園に出場。しかし2回戦(初戦)で栗岡英智のいた中京高に敗れた。卒業後は首都大学野球連盟の伝統校日体大へ進学。当時の首都大学リーグは原辰徳津末英明らの強打線とエース井辺康二を擁する東海大が席巻していたが、これを圧倒し2年の秋季リーグから3季連続優勝。1980年秋の第11回明治神宮野球大会決勝では大石大二郎宮本賢治のいた亜細亜大学を破り優勝、初の大学日本一に輝いている。3年時は春季6勝、秋季5勝を挙げて優勝に貢献し2季連続でMVP、最優秀投手、ベストナインに選ばれた。1981年の第10回日米大学野球選手権大会日本代表に選出されている。しかし4年の春・秋季リーグでは、高野光ら投手陣の厚みを増した東海大に優勝を譲る。リーグ戦の通算成績は45試合に登板、26勝8敗、防御率1.71、259奪三振。

1983年にドラフト2位で広島東洋カープへ入団。背番号は18。入団当時広島東洋カープは、投手王国の時代で中継ぎが主だったが、ローテの谷間には先発登板もする便利な存在として活躍した。角度のある速球と落ちるボールに威力があり、非常に奪三振率が高い投手であった。そして広島カープ「一」の伝説の酒豪で有名であったとも云われる。

1990年に、高沢秀昭水上善雄との大型トレードで高橋慶彦杉本征使と共にロッテに移籍。「お世話になったカープを去るのは辛いがチャンスだと思う」本人弁。背番号は20。移籍1年目に規定投球回数未満ながら自身初の2桁勝利(10勝)をあげ、その後抑えでも活躍。1996年に古巣に復帰した。背番号は43(以前付けていた18番は佐々岡真司の番号となっていた)。中継ぎとしてチームを支えたがシーズンオフに引退。現在は球団スカウトとしてチームを支えている[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1983 広島 13 4 1 0 0 2 2 0 -- .500 137 30.2 29 6 20 0 0 27 0 0 22 20 5.87 1.60
1984 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 24 5.1 7 1 4 0 0 5 0 0 5 5 8.44 2.06
1985 10 1 1 0 0 1 1 1 -- .500 123 29.2 26 3 13 0 0 28 0 0 12 12 3.64 1.31
1986 24 17 1 0 1 4 6 0 -- .400 450 109.2 98 18 34 6 1 123 3 0 48 46 3.78 1.20
1987 35 14 2 1 0 5 4 1 -- .556 411 102.1 92 16 28 1 0 86 2 0 43 42 3.69 1.17
1988 24 15 3 1 0 5 4 0 -- .556 448 109.0 85 10 40 1 3 109 1 0 39 35 2.89 1.15
1989 23 17 3 1 0 4 5 0 -- .444 471 112.1 94 9 38 4 2 106 2 0 47 44 3.53 1.18
1990 ロッテ 26 4 1 0 0 10 4 3 -- .714 329 81.0 68 9 27 2 1 62 3 0 37 30 3.33 1.17
1991 37 4 0 0 0 1 3 8 -- .343 363 80.1 91 3 40 3 1 59 4 1 46 41 4.59 1.63
1992 38 1 0 0 0 6 3 0 -- .667 263 61.1 64 8 23 2 0 51 2 0 33 31 4.55 1.42
1993 24 7 0 0 0 1 2 0 -- .333 279 62.1 71 8 27 0 1 42 3 0 38 34 4.91 1.57
1996 広島 26 0 0 0 0 0 2 0 -- .000 135 29.2 36 4 12 0 1 18 0 0 21 12 3.64 1.62
通算:12年 282 84 12 3 1 39 36 13 -- .500 3433 813.2 761 95 306 19 10 716 20 1 391 352 3.89 1.31
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 18 (1983年 - 1989年)
  • 20 (1990年 - 1995年)
  • 43 (1996年)

脚注[編集]

  1. ^ 週刊ベースボール2014年3月24日号 P20

関連項目[編集]