中利夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中 利夫
Toshio Naka 1956 Scan10001.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 群馬県前橋市
生年月日 (1936-04-28) 1936年4月28日(81歳)
身長
体重
168 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1955年
初出場 1955年
最終出場 1972年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

中 利夫(なか としお、1936年4月28日 - )は、群馬県前橋市出身の元プロ野球選手外野手)・コーチ監督解説者評論家

登録名を頻繁に変えており、入団時は「利夫」、その後は1964年に「三夫」、1965年に「暁生」、監督時代は「利夫」。コーチ時代は「登志雄」もしくは「利夫」。解説者としては本名の「利夫」を使用。

経歴[編集]

前橋高校[1]では2年次の1953年から3番・エースで主将を務め、3年次の1954年には春の県大会で優勝するが、夏は肩痛で初戦敗退。高校は進学校であり「東京大学かプロか」と迷った末、1955年中日ドラゴンズへ入団。2年目の1956年からレギュラーとして起用され、1960年盗塁王を獲得。1963年1965年にはシーズン350刺殺のリーグ記録をマーク。流し打ちの技術をマスターしてからは高打率を残すようになり、1964年に打法をアッパースイングからダウンスイングに変えて不振を脱出。1965年からは高木守道と1・2番を組み、1967年には王貞治近藤和彦との打率争いでセーフティーバントを連続成功させたことが功を奏し、首位打者を獲得。1968年に眼疾により長期欠場を余儀なくされるが、無事にカムバック。1971年からはコーチ兼任となり、1972年引退。

引退後は中日で二軍打撃コーチ(1972年 - 1976年)、一軍打撃コーチ(1977年, 1984年, 1986年)、監督(1978年 - 1980年)、一軍作戦走塁コーチ(1985年)を歴任。監督就任時はチーム待望の生え抜き監督であると同時に片腕として稲尾和久を投手コーチに招聘して話題になったが、就任3年目に最下位に転落した。合間を縫ってCBC解説者中日スポーツ評論家1981年 - 1983年)を務めた。その後は広島東洋カープ二軍打撃コーチ(1987年 - 1988年)・二軍監督(1989年 - 1990年)を務めた。広島退団後はテレビ愛知1991年 - 1996年)・三重テレビ解説者を経て、現在は中日新聞評論家・東海ラジオ解説者(2012年 - )。プロ野球マスターズリーグの名古屋80D'sersでは監督・選手として参加(現在はコーチ)し、2003年から2006年まで中日OB会の会長も務めた。

2010年の日本シリーズ第1戦(ナゴヤドーム)では始球式を務めた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1955 中日 17 19 17 3 3 0 0 0 3 0 2 0 0 0 2 0 0 3 2 .176 .263 .176 .440
1956 119 413 385 39 101 17 6 3 139 26 14 11 11 1 13 0 1 33 2 .262 .288 .361 .649
1957 87 252 233 24 55 7 0 2 68 17 15 6 5 3 11 0 0 14 0 .236 .267 .292 .559
1958 97 391 339 47 84 15 2 5 118 24 26 7 28 5 16 0 2 19 2 .248 .282 .348 .630
1959 75 310 267 54 71 12 1 15 130 38 10 9 9 1 29 1 2 23 1 .266 .341 .487 .828
1960 130 531 465 80 145 21 9 7 205 31 50 15 11 2 48 3 2 38 3 .312 .377 .441 .818
1961 128 544 480 88 130 14 11 13 205 39 30 17 11 3 46 4 3 36 2 .271 .336 .427 .763
1962 127 522 477 51 131 15 10 6 184 33 11 21 6 2 36 2 0 38 4 .275 .324 .386 .710
1963 136 584 516 79 127 10 4 13 184 45 27 9 15 3 48 1 0 28 3 .246 .309 .357 .665
1964 133 557 500 70 131 23 10 14 216 44 27 8 14 5 35 1 2 28 4 .262 .310 .432 .742
1965 133 531 477 72 135 11 8 6 180 33 26 12 6 2 45 2 1 25 1 .283 .345 .377 .722
1966 122 525 475 79 153 23 3 18 236 47 22 7 4 4 39 6 1 27 2 .322 .372 .497 .869
1967 101 423 376 65 129 20 5 10 189 36 25 13 1 4 39 5 0 27 1 .343 .401 .503 .904
1968 61 246 232 42 76 10 3 5 107 17 14 6 1 0 13 1 0 18 2 .328 .363 .461 .824
1969 119 493 458 58 133 24 7 10 201 50 19 9 8 1 26 1 0 39 2 .290 .328 .439 .767
1970 116 427 390 49 106 13 1 7 142 29 10 6 6 0 27 4 3 36 5 .272 .324 .364 .688
1971 108 349 308 31 67 10 0 4 89 20 12 6 9 1 31 4 0 26 3 .218 .288 .289 .577
1972 68 219 186 20 43 4 1 1 52 12 7 5 8 2 21 1 0 15 5 .231 .306 .280 .586
通算:18年 1877 7315 6581 951 1820 249 81 139 2648 541 347 167 153 29 525 36 17 473 44 .277 .330 .402 .733
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別監督成績[編集]

年度 球団 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差 チーム
本塁打
チーム
打率
チーム
防御率
年齢
1978年 中日 5位 130 53 71 6 .427 20.0 141 .252 4.45 42歳
1979年 3位 130 59 57 14 .509 7.5 155 .268 3.97 43歳
1980年 6位 130 45 76 9 .372 30.0 134 .261 4.43 44歳
通算:3年 390 157 204 29 .435 Aクラス1回、Bクラス2回
※1978年から1996年までは130試合制

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

  • 1000試合出場:1964年8月3日(史上87人目)
  • オールスターゲーム選出:6回 (1959年、1960年、1966年、1967年、1969年、1970年)

背番号[編集]

  • 56(1955年)
  • 35(1956年)
  • 3(1957年 - 1972年)
  • 62(1973年 - 1977年)
  • 30(1978年 - 1980年)
  • 72(1984年 - 1986年)
  • 76(1987年 - 1990年)

登録名[編集]

  • 中 利夫 (なか としお、1955年 - 1963年、1973年 - 1980年)
  • 中 三夫 (なか みつお、1964年)
  • 中 暁生 (なか あきお、1965年 - 1972年)
  • 中 登志雄 (なか としお、1984年 - 1990年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

現在の出演番組
過去の出演番組

脚注[編集]

  1. ^ 同校野球部の二年先輩に後に俳優となる天田俊明が投手として所属しており、中日の監督時代には東海テレビのドラゴンズ応援番組に司会者として出演している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]