川島堅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
川島 堅
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都練馬区
生年月日 (1969-07-20) 1969年7月20日(48歳)
身長
体重
180 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1987年 ドラフト1位
初出場 NPB / 1988年9月16日
CPBL / 1995年3月19日
最終出場 NPB / 1994年4月27日
CPBL / 1995年8月5日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

川島 堅(かわしま けん、1969年7月20日 - )は、東京都練馬区出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

東亜学園高時代は、2年夏の全国高等学校野球選手権西東京大会から背番号11でベンチ入りし主戦級で活躍。初めてエースナンバーを背負った1986年第68回全国高等学校野球選手権大会では初戦(2回戦)で米子東高校に敗れた。1987年第69回全国高等学校野球選手権大会では、理想的なフォームで34イニング連続無四球という優れた制球力に加え、伸びのあるストレートとキレのあるカーブを武器にベスト4まで進出した。右オーバースローの本格派で投球フォームは実にきれいで高校時代から完成された投手といわれていた。

1987年ドラフト会議阪神タイガース近鉄バファローズ広島東洋カープの3球団からの1位指名を受け、抽選の結果広島が交渉権を獲得し入団。

高卒新人ながら即戦力として期待され、ルーキーイヤーから一軍登板を果たしたが、その後は伸び悩み、ピッチングフォームの変更による肘の故障にも見舞われ、大成することはなかった。1994年に広島から戦力外通告を受け退団。

1995年は、当時広島カープと業務提携していた台湾プロ野球・中華職業棒球大聯盟時報イーグルス(現在は解散)に移籍し同年限りで現役引退。

引退後は、柔道整復師の資格を取得し、2001年から東京都武蔵野市に武蔵境中央整骨院を開業、2007年からは東京都小平市の一橋整骨院で院長を務めている。

キレの良いストレートとスライダー、カーブ、フォークなどの変化球を投げ分けていた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1988 広島 5 2 1 0 0 0 1 0 -- .000 87 19.2 20 1 11 0 0 14 0 0 8 8 3.66 1.58
1989 10 5 1 0 0 1 2 0 -- .333 141 33.2 29 3 10 2 0 27 1 0 15 15 4.01 1.16
1991 1 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 22 4.2 8 2 1 0 0 2 0 0 7 7 13.50 1.93
1994 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 9 1.2 3 0 1 0 0 1 0 0 2 2 10.80 2.40
1995 時報 11 3 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 129 26.0 41 3 13 0 0 13 2 0 24 18 6.23 2.08
NPB:4年 18 8 2 0 0 1 4 0 -- .200 259 59.2 60 6 23 2 0 44 1 0 32 32 4.83 1.39
CPBL:1年 11 3 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 129 26.0 41 3 13 0 0 13 2 0 24 18 6.23 2.08

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 21 (1988年 - 1993年)
  • 41 (1994年)

関連情報[編集]

著書[編集]

  • 『野球肩・野球ひじを治す本―“甲子園史上最も美しいフォームの投手”が指導』(マキノ出版)、2004年4月、ISBN 4837670210

関連項目[編集]

外部リンク[編集]