伊藤寿文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
伊藤 寿文
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県豊川市
生年月日 (1959-05-14) 1959年5月14日(63歳)
身長
体重
181 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手内野手
プロ入り 1983年 ドラフト4位
初出場 1984年6月29日
最終出場 1989年10月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

伊藤 寿文(いとう としふみ、1959年5月14日 - )は、愛知県[1]出身の元プロ野球選手捕手内野手)。右投右打。広島時代は捕手、ダイエー時代は内野手登録。

来歴・人物[編集]

国府高では市川和正の1年後輩。市川と同じく東海大に進学[1]東海大学では在学中首都大学野球リーグで5度優勝。しかし3年時の秋季リーグ以降は、白武佳久らのいた日体大の台頭により優勝から遠ざかる。大学同期に井辺康二青山道雄がいた。

大学卒業後は、社会人野球東芝に入団。1983年都市対抗野球では、広島に同期入団する川端順の好投もあり順調に勝ち進む。決勝では新日本製鐵名古屋を降して優勝を飾った[2]。同年の日本選手権でも決勝に進出するが、住友金属に惜敗、準優勝にとどまる。同年は公式戦通算打率.366、6本塁打、18打点をマークした[1]

1983年のプロ野球ドラフト会議広島東洋カープから4位指名を受け入団[1]

プロ1年目の1984年から一軍初出場を果たすが定着するには至らず、1988年11月8日に福岡ダイエーホークスに金銭トレードで移籍[1]。大型捕手との前評判も達川光男をしのぐことはできず、広島時代は捕手登録であったが守備機会はわずか4試合で、内野手としての出場がほとんどであった。

ダイエーに移籍して1年目の1989年は、故障した藤本博史の代役として一時期三塁手のレギュラーを掴むなど、プロ入り最高の49試合に出場する。同年10月14日近鉄バファローズの優勝決定試合では最後の打者となった(投手は阿波野秀幸)。1990年限りで現役を引退[1]

1987年には広島市民球場では珍しいランニングホームランを放っている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1984 広島 34 42 39 6 10 3 0 3 22 11 0 0 0 0 3 0 0 6 0 .256 .310 .564 .874
1985 19 46 44 5 11 0 0 3 20 7 0 0 0 0 2 0 0 8 1 .250 .283 .455 .737
1986 7 6 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1987 9 15 14 2 4 0 0 1 7 1 0 0 0 0 1 1 0 0 0 .286 .333 .500 .833
1988 9 10 9 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 .111 .200 .111 .311
1989 ダイエー 49 146 127 16 28 4 0 4 44 12 3 1 5 1 13 1 0 23 0 .220 .291 .346 .637
通算:6年 127 265 239 29 54 7 0 11 94 31 3 1 5 1 19 2 1 39 1 .226 .285 .393 .678

年度別守備成績[編集]

年度 試合数 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
1984 2 1 1 0 .000
1985 2 0 0 0 -
通算 4 1 1 0 .000

記録[編集]

背番号[編集]

  • 31 (1984年 - 1988年)
  • 43 (1989年 - 1990年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、55ページ
  2. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]