1937年の東京巨人軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1937年の東京巨人軍
成績
春期優勝:41勝13敗2分 勝率.759[1]
秋季2位:30勝18敗 勝率.625[2]
本拠地
都市 東京都文京区
球場 後楽園球場
球団組織
オーナー 正力松太郎
監督 藤本定義
« 1936
1938 »

1937年の東京巨人軍(1937ねんのとうきょうきょじんぐん)では、1937年の東京巨人軍の動向をまとめる。

この年の東京巨人軍は、藤本定義監督の2年目のシーズンである。

チーム成績[編集]

春季
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 東京巨人軍 41 13 2 .759 --
2位 大阪タイガース 41 14 1 .745 0.5
3位 東京セネタース 30 26 0 .536 12.0
4位 阪急軍 28 26 2 .519 13.0
5位 名古屋金鯱軍 25 30 1 .455 16.5
6位 大東京軍 21 31 4 .404 19.0
7位 名古屋軍 21 35 0 .375 21.0
8位 後楽園イーグルス 12 44 0 .214 30.0
秋季
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 大阪タイガース 39 9 1 .813 --
2位 東京巨人軍 30 18 0 .625 9.0
3位 後楽園イーグルス 28 19 2 .596 10.5
4位 名古屋金鯱軍 23 25 1 .479 16.0
5位 東京セネタース 20 27 1 .426 18.5
6位 ライオン軍(大東京) 19 29 1 .396 20.0
7位 阪急軍 17 29 3 .370 21.0
8位 名古屋軍 13 33 3 .283 25.0

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[3]

表彰選手[編集]

春季
リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
沢村栄治 最優秀選手 初受賞
最優秀防御率 0.81 初受賞
最多勝利 24勝 2季連続2度目
最高勝率 .857 初受賞
最多奪三振 196個 初受賞
中島治康 最多本塁打 4本 初受賞
秋季
リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
スタルヒン 最多勝利 15勝 初受賞
沢村栄治 最多奪三振 129個 2季連続2度目
中島治康 最多打点 37点 初受賞

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 年度別成績 1937年春 日本野球連盟”. 日本野球機構. 2018年9月11日閲覧。
  2. ^ 年度別成績 1937年秋 日本野球連盟”. 日本野球機構. 2018年9月11日閲覧。
  3. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 97