加茂川重治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加茂川 重治
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県水戸市
生年月日 (1966-03-17) 1966年3月17日(52歳)
身長
体重
185 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1983年 ドラフト4位
初出場 1987年6月27日
最終出場 1991年7月19日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

加茂川 重治(かもがわ しげはる、1966年3月17日 - )は、茨城県出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

水戸市立緑岡中学校時代は古豪・水戸商への進学を考えていたが、自宅を訪ねて来た当時創立3年目の茨城東高野球部監督から「必ず3年後、甲子園に連れて行く」と誘われ、茨城東高に進学しエースとして活躍[1]1983年夏の甲子園茨城県予選決勝で、大久保博元がマスクを被る水戸商を下し、夏の甲子園に初出場を果たす。2回戦(初戦)で市尼崎高と対戦、池山隆寛に本塁打を浴び延長10回惜敗[2]

同年のドラフト4位で読売ジャイアンツに入団。同期の水野雄仁香田勲男の陰に隠れ活躍の機会がなかったが、1986年の米教育リーグで当時流行のSFF(スプリットフィンガー・ファストボール)を覚えると投球の幅が広がり[3]、翌1987年に一軍初登板。同年はイースタン・リーグで最多勝利となる11勝を挙げ、9月14日に行われた中日ドラゴンズとの第1回ジュニア日本選手権(現・ファーム日本選手権)でも須藤豊二軍監督から一発勝負の1戦の先発を任され6安打完封勝利、初代MVPを獲得している。同年10月には一軍初先発を果たした。

1988年11月、西本聖と共に中尾孝義との2対1の交換トレードで中日に移籍するが、登板機会はなかった。

1989年12月、木田勇との交換で巨人時代の恩師・須藤が監督となった横浜大洋ホエールズに移籍。1990年には5試合に登板するが結果を残せず、1991年11月に現役引退。

フォークボール、スプリットフィンガー・ファストボールが武器だった。他にスライダー、カーブ、シュートも投げた。

1990年には先発として登板し、勝利投手の権利を持った状態で降板した試合もあったが、後続の投手が打たれ逆転されたため初勝利を逃し、引退まで未勝利に終わった。

現役引退後は妻の実家の建設会社で働いた後、プロフェッショナル・マネージメント業に転職している[4]

プロ野球マスターズリーグでは巨人OBらで構成される札幌アンビシャスでプレーした。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1987 巨人 5 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 41 10.0 10 2 3 0 0 4 1 0 4 3 2.70 1.30
1988 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 37 8.0 11 0 1 0 0 6 0 0 7 7 7.88 1.50
1990 大洋 5 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 37 9.0 6 0 4 1 0 4 2 0 3 3 3.00 1.11
1991 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 9 1.0 3 0 3 0 0 1 0 0 4 4 36.00 6.00
通算:4年 16 2 0 0 0 0 0 0 -- ---- 124 28.0 30 2 11 1 0 15 3 0 18 17 5.46 1.46

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 57 (1984年 - 1988年)
  • 45 (1989年)
  • 10 (1990年 - 1991年)

脚注[編集]

関連項目[編集]