鴻野淳基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鴻野 淳基 (洪淳基)
基本情報
国籍 日本
出身地 愛知県名古屋市北区
生年月日 (1961-07-10) 1961年7月10日(61歳)
身長
体重
183 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手遊撃手二塁手
プロ入り 1979年 ドラフト1位
初出場 NPB / 1981年9月29日
KBO / 1994年
最終出場 NPB / 1993年4月18日
KBO / 1994年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

鴻野 淳基(こうの じゅんき、1961年7月10日 - )は、愛知県名古屋市北区[1]出身の元プロ野球選手外野手内野手)。

来歴・人物[編集]

名古屋電気高では3年次の1979年、4番打者、三塁手として夏の甲子園県予選決勝に進出するが、中京高に敗退し甲子園出場を逃した。高校の2学年後輩に工藤公康山本幸二中村稔がいた。

同年のドラフト1位で西武ライオンズに入団[1]。いきなり背番号7を与えられ、将来チームを背負う主力選手候補としての期待も大きかったが、1980年は高卒1年目という事もあって一軍での出場機会が無かった。イースタン・リーグでは積極的に起用され全70試合中56試合に出場したが、打撃は打率.238、24三振、守備でも13失策など、まだまだ力不足を示す結果となった。オフのドラフト1位で石毛宏典が入団したのに伴い番号を変更される。2年目の1981年9月29日近鉄戦(日生)に9番打者、二塁手として初出場・初先発、4回表に谷崎浩二から初安打を放つ。1982年9月3日阪急戦(西宮)の9回表に山口高志からスクイズを決めて初打点を記録。

1984年オフに鈴木康友との交換トレードで読売ジャイアンツへ移籍[1]1985年4月20日広島戦(広島市民)で9回表に角三男の代打として出場、小林誠二からソロ本塁打を放って初本塁打を記録。この頃には正遊撃手であった河埜和正が衰えを見せ、1986年から岡崎郁との熾烈な遊撃手の定位置争いが続く。同年は岡崎に代わり7月から51試合に先発出場。1987年には遊撃の定位置を掴みかけ、キャリアハイとなる94試合に出場(うち67試合に先発)。同年の古巣・西武との日本シリーズでも3試合に先発するが、11打数1安打に終わる。1988年の開幕試合となる4月8日ヤクルト戦(東京D)で、7回表一死一、三塁の場面で荒井幸雄が放った二ゴロの併殺プレーの際、逆転負けにつながる悪送球をしてしまい、以降は勝呂博憲川相昌弘の台頭もあり二軍に落ち、シーズン中に外野手に転向した。以後は主に外野の守備固めでの出場となり、1991年オフに大野雄次との交換トレードで須藤豊監督の横浜大洋ホエールズへ移籍するも結果を残せなかった[1]1994年には韓国プロ野球ロッテ・ジャイアンツに移籍し、洪淳基(ホン・スンギ、홍순기)としてプレーしたが、同年限りで現役を引退[1]

引退後は会社員の傍らでプロ野球マスターズリーグの名古屋80D'sersでプレーしていたが、マスターズリーグが活動休止後は会社員に専念。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1981 西武 3 6 5 1 1 0 0 0 1 0 0 1 0 0 1 0 0 3 0 .200 .333 .200 .533
1982 7 2 1 1 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1983 16 10 9 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 2 0 .000 .100 .000 .100
1984 9 10 9 0 1 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 3 0 .111 .111 .111 .222
1985 巨人 35 28 25 8 6 0 1 1 11 3 3 3 1 0 2 0 0 12 0 .240 .296 .440 .736
1986 60 190 172 20 43 10 2 4 69 20 10 3 6 1 11 1 0 41 4 .250 .293 .401 .695
1987 94 274 236 40 69 12 3 4 99 17 11 8 19 2 16 0 1 45 2 .292 .337 .419 .757
1988 65 172 149 23 40 7 2 2 57 9 6 4 10 1 12 1 0 31 1 .268 .321 .383 .704
1989 79 68 60 17 12 0 0 1 15 3 9 5 3 0 5 0 0 13 2 .200 .262 .250 .512
1990 6 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1991 57 65 60 17 18 3 1 2 29 6 3 0 2 0 2 0 0 21 1 .300 .323 .483 .806
1992 大洋
横浜
14 25 23 3 3 1 0 0 4 1 2 0 0 0 1 0 0 11 0 .130 .167 .174 .341
1993 5 6 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .000 .000 .000 .000
1994 ロッテG 19 45 36 1 4 1 0 0 5 3 0 2 1 0 6 0 2 11 3 .111 .273 .139 .412
NPB:13年 450 857 756 133 193 33 9 14 286 60 44 25 43 4 51 2 1 186 10 .255 .302 .378 .680
KBO:1年 19 45 36 1 4 1 0 0 5 3 0 2 1 0 6 0 2 11 3 .111 .273 .139 .412
  • 大洋(横浜大洋ホエールズ)は、1993年に横浜(横浜ベイスターズ)に球団名を変更
  • 表中のロッテG(1994年在籍)は、KBOのロッテ・ジャイアンツ

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 7 (1980年)
  • 38 (1981年 - 1984年)
  • 25 (1985年 - 1991年)
  • 8 (1992年)
  • 49 (1993年)
  • 18 (1994年)

登録名[編集]

  • 鴻野 淳基(こうの じゅんき、1980年 - 1993年)
  • 洪 淳基(ホン・スンギ、1994年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、214ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]