2014年の読売ジャイアンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2014年の読売ジャイアンツ
成績
CSファイナル敗退
1勝4敗(対阪神
セントラル・リーグ優勝
82勝61敗1分 勝率.573
本拠地
都市 東京都文京区
球場
東京ドーム
Tokyo Dome 2015-5-12.JPG
球団組織
オーナー 白石興二郎読売新聞グループ本社代表取締役社長兼読売新聞東京本社代表取締役社長)
経営母体 読売新聞グループ本社
監督 原辰徳
« 2013
2015 »

2014年の読売ジャイアンツでは、2014年における読売ジャイアンツの動向をまとめる。

この年の読売ジャイアンツは、2回目の原辰徳監督体制の9年目(通算で11年目)のシーズンである。

開幕前[編集]

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 坂本勇人
2 片岡治大
3 長野久義
4 村田修一
5 阿部慎之助
6 ロペス
7 アンダーソン
8 橋本到
9 菅野智之
2014年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 広島 -- 広島 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 阪神 0.0 巨人 1.5 広島 2.5 阪神 3.0 広島 1.0 阪神 7.0
3位 巨人 2.0 阪神 3.0 中日 6.0 広島 3.5 阪神 2.5 広島 7.5
4位 中日 6.0 中日 6.0 阪神 7.0 中日 5.0 DeNA 8.0 中日 13.5
5位 ヤクルト 9.0 ヤクルト 8.0 ヤクルト 10.0 DeNA 10.0 中日 11.5 DeNA 14.5
6位 DeNA 10.0 DeNA 9.5 DeNA 11.0 ヤクルト 15.0 ヤクルト 13.5 ヤクルト 21.0


順位表[編集]

2014年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 82 61 1 .573 -
2位 阪神タイガース 75 68 1 .524 7.0
3位 広島東洋カープ 74 68 2 .521 7.5
4位 中日ドラゴンズ 67 73 4 .479 13.5
5位 横浜DeNAベイスターズ 67 75 2 .472 14.5
6位 東京ヤクルトスワローズ 60 81 3 .426 21.0
セ・パ交流戦
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 16 8 0 .667 -
2位 福岡ソフトバンクホークス 14 8 2 .636 1.0
3位 オリックス・バファローズ 14 10 0 .583 2.0
4位 中日ドラゴンズ 13 10 1 .565 2.5
5位 横浜DeNAベイスターズ 13 11 0 .542 3.0
6位 千葉ロッテマリーンズ 12 12 0 .500 4.0
7位 北海道日本ハムファイターズ 11 12 1 .478 4.5
8位 埼玉西武ライオンズ 11 13 0 .458 5.0
9位 東京ヤクルトスワローズ 10 12 2 .455 5.0
10位 東北楽天ゴールデンイーグルス 9 15 0 .375 7.0
11位 阪神タイガース 9 15 0 .375 7.0
12位 広島東洋カープ 9 15 0 .375 7.0

クライマックスシリーズ[編集]

2014 アットホーム クライマックスシリーズ・セ ファイナルステージ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
アドバンテージ 阪神タイガース   読売ジャイアンツ
10月15日(水) 第1戦 阪神タイガース 4-1 読売ジャイアンツ 東京ドーム
10月16日(木) 第2戦 阪神タイガース 5-2 読売ジャイアンツ
10月17日(金) 第3戦 阪神タイガース 4-2 読売ジャイアンツ
10月18日(土) 第4戦 阪神タイガース 8-4 読売ジャイアンツ
勝者:阪神タイガース

できごと[編集]

主な選手成績[編集]

選手















































W
H
I
P
 
すかの/菅野智之 23 23 3 0 1 12 5 0 0 .706 640 158.2 138 12 36 3 2 122 6 0 50 41 2.33 1.10
杉内俊哉 26 26 1 1 0 10 6 0 0 .625 654 159.1 144 18 41 0 5 145 1 0 59 56 3.16 1.16
大竹寛 22 22 1 0 0 9 6 0 0 .600 546 129.0 127 13 34 2 4 79 4 0 60 57 3.98 1.25
内海哲也 22 22 2 2 2 7 9 0 0 .438 603 144.2 139 11 36 1 5 105 5 0 51 51 3.17 1.21
小山雄輝 16 16 1 0 0 6 2 0 0 .750 390 93.1 85 7 28 2 3 71 5 0 27 25 2.41 1.21
マシソン 64 0 0 0 0 6 6 30 8 .500 277 65.1 59 8 23 0 1 75 7 0 27 26 3.58 1.26
山口鉄也 60 0 0 0 0 4 3 2 35 .571 246 56.1 61 1 20 3 6 42 1 1 19 19 3.04 1.44
西村健太朗 49 0 0 0 0 4 4 6 16 .500 229 51.1 59 2 22 1 1 39 1 0 21 17 2.98 1.58
久保裕也 48 2 0 0 0 4 4 0 11 .500 257 59.0 59 8 20 2 6 51 2 0 31 31 4.73 1.34
選手











































O
P
S
 
坂本勇人 144 616 545 82 152 29 0 16 229 61 23 5 9 5 55 1 2 88 3 .279 .344 .420 .765
長野久義 130 523 472 67 140 29 1 13 210 62 8 4 4 2 42 0 3 75 8 .297 .356 .445 .801
村田修一 143 575 519 49 133 17 0 21 213 68 2 2 0 4 39 1 13 83 22 .256 .322 .410 .732
阿部慎之助 131 526 459 49 114 24 0 19 195 57 1 3 0 2 58 5 7 77 16 .248 .340 .425 .765
片岡治大 126 484 429 54 108 16 2 6 146 32 24 7 23 0 29 1 3 51 14 .252 .304 .340 .644
アンダーソン 87 325 295 32 94 11 1 15 152 50 1 1 0 0 25 1 5 44 4 .319 .382 .515 .897
ロペス 134 407 375 43 91 17 0 22 174 57 1 0 3 5 20 0 4 66 15 .243 .285 .464 .749

入団・退団[編集]

シーズン開幕前[編集]

本節では、前シーズン終了から本シーズン開幕までの入退団について記述する。

入団 退団
選手名 前所属 入団区分 選手名 退団区分 去就
投手
17 大竹寛 広島東洋カープ FA 一岡竜司 FA人的補償 広島東洋カープ
49 セドン SKワイバーンズ 新外国人 アコスタ 自由契約 メキシカンリーグ
90 田口麗斗 広島新庄高 ドラフト3位 岸敬祐 自由契約 ロッテと育成契約
92 平良拳太郎 北山高 ドラフト5位 林羿豪 自由契約 台湾・義大
辻内崇伸 自由契約 女子プロ野球コーチ
ホールトン 自由契約 韓国・起亜
捕手
22 小林誠司 日本生命 ドラフト1位 市川友也 金銭トレード 北海道日本ハムファイターズ
内野手
2 井端弘和 中日ドラゴンズ 自由契約 小笠原道大 FA 中日ドラゴンズ
8 片岡治大 埼玉西武ライオンズ FA 脇谷亮太 FA人的補償 埼玉西武ライオンズ
61 和田恋 高知高 ドラフト2位 古城茂幸 自由契約 ジャイアンツアカデミーコーチ
91 奥村展征 日本大学山形高 ドラフト4位 高口隆行 自由契約 日本ハム・球団職員
外野手
42 アンダーソン 米・レイズ傘下 新外国人 谷佳知 自由契約 オリックス
ボウカー 自由契約 カンペチェ・パイレーツ
育成選手
008 青山誠 日本大学 育成ドラフト1位 渡辺貴洋 自由契約 BC新潟
009 長江翔太 大阪経済大学 育成ドラフト2位 松冨倫 自由契約 ソフトバンク育成
011 北之園隆生 秀岳館高 育成ドラフト3位 丸毛謙一 自由契約 オリックス・バファローズ支配下

シーズン開幕後[編集]

本節では、前シーズン終了から本シーズン開幕までの入退団について記述する。なお、退団の去就はスポーツ関連及び芸能関係の職業に転身した場合のみを記載し、空欄は前述以外の一般職業に転身したか去就不明を示す。

入団[編集]

選手名 前所属 備考
94 メンドーサ キューバリーグ 7月22日支配下登録、新外国人
外野手
23 セペダ キューバリーグ 4月21日支配下登録、新外国人

選手・スタッフ[編集]

[6]

  • 背番号変更
  • 育成→支配下

出典[編集]

[ヘルプ]