成瀬功亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
成瀬 功亮
Giants naruse 020.jpg
読売ジャイアンツ時代
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道旭川市
生年月日 (1992-08-19) 1992年8月19日(27歳)
身長
体重
182 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 育成選手ドラフト6位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

成瀬 功亮(なるせ こうすけ、1992年8月19日 - )は、北海道旭川市出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学3年の時、野球を始める。中学時代は、旭川北陵シニアに所属し三塁手投手としてプレー。

旭川実業高時代は、3年時の春にエースナンバーを背負ったが、その後故障もあり夏には同期の鈴木駿平にエースの座を譲り控え投手になった。北北海道予選では1試合の登板に留まったが、甲子園では初戦の佐賀学園高戦にリリーフで登板、キレの良い投球で3回と2/3を3奪三振1失点、最速145km/hを記録する快投を見せるもチームは敗退。

プロ入り後[編集]

2010年10月28日、プロ野球ドラフト会議にて読売ジャイアンツから育成6位指名を受ける[1]

2013年は右肩関節唇のクリーニング手術を受け[2]、二軍公式戦に一度も登板できなかった。2013年10月31日に育成選手の規約に基づき、10月31日自由契約公示された[3]が、11月12日育成選手として再契約したと発表された[4]

2014年12月24日に、2015年から背番号が「012」に変更されたことが発表された[5]。2013年と2015年は怪我の影響で二軍公式戦に一度も登板できずにシーズンを終えており、他の年も二軍公式戦には2,3試合にしか登板できていない。

2016年は二軍公式戦に初めて2桁試合数となる11試合に登板し、10と1/3回を投げ防御率は0.00で2セーブをあげている。また、この年は右手指の血行障害の改善手術を受けている[2]

2017年は高校の同期の玉井が日本ハムに入団したことが刺激となり前年よりも多く、二軍公式戦16試合に登板、17回を投げて防御率3.18の成績を残す。10月19日11月25日から台湾で開催される2017アジアウインターベースボールリーグにおいて、NPBイースタン選抜に選出された[6]。同大会では9試合に登板し12回を投げ、13奪三振、防御率は0.00と安定した成績を残し、チームの優勝に貢献した[7]。また、大会出場前の10月31日に自由契約公示され[8]、11月20日に再度育成選手契約を結んだことが発表されている[9]

2018年2月から宮崎県で行われる春季キャンプでは一軍メンバーに抜擢された[2]。しかし、同月9日の紅白戦では1回を無失点に抑えたものの12日の紅白戦では1回で2失点を喫し[10]、15日からの一軍メンバーによる沖縄那覇キャンプには帯同されず二軍の宮崎キャンプに降格となった[11]。そのまま支配下登録されず、10月2日に戦力外通告を受けた[12]2018年10月31日、自由契約公示[13]

2019年から球団が運営する「ジャイアンツアカデミー」でコーチを務める[14]

人物[編集]

2011年に育成選手として入団してから一度も支配下登録されていない。2013年オフから、育成選手の規約に基づき、一度自由契約されたのちに育成選手として再契約を結ぶという工程を毎年踏んでいる。成瀬と同じく2010年の育成ドラフト福岡ソフトバンクホークスに入団した伊藤大智郎2017年シーズン限りで引退したため、2018年は育成選手契約単独最長の8年目となった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 020 (2011年 - 2014年)
  • 012 (2015年 - 2018年)

登場曲[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Yomiuri Giants Official Web Site Archived 2015年9月24日, at the Wayback Machine.
  2. ^ a b c “巨人1軍キャンプ抜てきの育成成瀬「早く支配下に」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年1月16日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201801160000603.html 2018年1月18日閲覧。 
  3. ^ 2013年度 自由契約選手(育成選手) 日本野球機構オフィシャルサイト 2013年11月1日閲覧。
  4. ^ 高橋洸ら4選手が育成で来季契約読売ジャイアンツ公式サイト
  5. ^ 新背番号のお知らせ 読売ジャイアンツ公式サイト (2014年12月24日) 2014年12月24日閲覧
  6. ^ a b 2017アジアウインターベースボールリーグ(AWB)NPBメンバー一覧”. NPB.jp (2017年10月19日). 2017年11月2日閲覧。
  7. ^ “来季に期待!ウインターリーグで輝いた“育成選手””. BASEBALL KING (FROM ONE). (2017年12月19日). https://baseballking.jp/ns/140687 2018年1月18日閲覧。 
  8. ^ 自由契約選手(育成選手)|2017年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2017年10月31日). 2017年11月1日閲覧。
  9. ^ http://www.giants.jp/G/gnews/news_3912266.html
  10. ^ 巨人2018年宮崎春季キャンプ紅白戦全試合結果と個人成績一覧!”. 巨人研究家激アツ野球人タケの野球情報ブログ (2018年2月13日). 2018年3月5日閲覧。
  11. ^ “巨人、那覇キャンプメンバー発表 畠は急性腰痛のため3軍で調整”. SANSPO.COM. (2018年2月14日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20180214/gia18021405010004-n1.html 2018年3月5日閲覧。 
  12. ^ “巨人・育成8年目の成瀬、與那原が戦力外”. スポニチアネックス. (2018年10月2日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/10/02/kiji/20181002s00001173274000c.html 2018年10月2日閲覧。 
  13. ^ 自由契約選手(育成選手)|2018年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2018年10月31日). 2018年11月4日閲覧。
  14. ^ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000018-sph-base

関連項目[編集]