吉原孝介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
吉原 孝介
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県岡山市
生年月日 (1969-03-29) 1969年3月29日(53歳)
身長
体重
176 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1990年 ドラフト2位
初出場 1991年5月5日
最終出場 2004年9月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • オリックス・バファローズ (2007 - 2010)
  • 読売ジャイアンツ (2011 - 2015, 2018 - 2019)

吉原 孝介(よしはら こうすけ、1969年3月29日 - )は、岡山県岡山市出身(兵庫県西宮市生まれ)の元プロ野球選手捕手)・コーチ

経歴[編集]

選手として[編集]

岡山東商業高から社会人野球川崎製鉄水島を経て、1990年のプロ野球ドラフト会議読売ジャイアンツから2位指名を受け、入団。

強肩、俊足と、ガッツ溢れるプレーで1年目の1991年シーズンは35試合に出場、初安打を初本塁打でマーク。

1992年シーズンには正捕手の村田真一が故障したため、最多の49試合に出場したがトレードで大久保博元が加入し、一軍には常時ベンチ入りするものの出場機会が恵まれずにいた。

1998年シーズンは7月31日甲子園での阪神タイガース戦でバルビーノ・ガルベスが審判に向かい、ボールを投げ付ける事件に伴う乱闘の際、ガルベスの肘が顔に当たり、口中を切る傷を負った。

1999年シーズンは序盤に村田が左の頬骨を骨折したため、控えの捕手陣が総動員され、二軍に落ちていた吉原も一軍へ上がり、数試合先発出場することになった。球団側はベテラン捕手獲得を目指していたため、直後に同じ捕手である光山英和との交換トレードが発表され中日ドラゴンズへ移籍するが、当時の中日には中村武志、後にオリックスでも同僚となる鈴木郁洋といった捕手がいたため、3番手捕手にとどまった。

2001年シーズンには巨人時代の同僚・柳沢裕一[1]との交換トレードでオリックス・ブルーウェーブへ移籍。主に日高剛三輪隆に次ぐ3番手捕手として起用された。

2004年シーズンは9月27日近鉄戦(ヤフーBBスタジアム)では途中からマスクを被り、両チームの最後の瞬間も守備に就いていた。また、ブルーウェーブ最後の打者となっている。

2005年シーズンは分配ドラフトを経てオリックス・バファローズと契約するが以降は近鉄との合併もあり、一軍に一度も呼ばれず、二軍生活が続いていたが豊富な経験を買われ、サーパス神戸ではバッテリーコーチ補佐を任された。

2006年10月5日戦力外通告を受け、同年のシーズン限りで現役を引退。

指導者として[編集]

引退後もオリックスに残り、二軍ブルペン兼育成コーチ(2007年 - 2008年)に就任。

2009年より二軍バッテリーコーチを務めた。

2010年4月8日から投手陣の低迷で二軍バッテリーコーチに降格となった三輪の後任として一軍バッテリーコーチに昇格[2]。同シーズン終了後本人の申し入れで退団[3]

2011年には古巣・巨人の二軍育成チーフコーチとして復帰。

2014年には一軍バッテリーコーチに転任するが、同年5月20日には打撃コーチの村田がバッテリーコーチを兼任することになり、吉原はブルペン担当を兼ねることになった。これについて原辰徳監督は「コーチそのものは全く変わっていない。チームが勝つためという中で、配置を変えたところがあるということ」と説明した[4]7月17日にはシーズン後半戦より育成コーチとして二軍で指導にあたることが発表されたが[5]8月1日には再度の配置転換で二軍バッテリーコーチに転任し[6]2015年まで務めた。

2016年から2017年にはスコアラーを務めた。

2018年から巨人の三軍バッテリーコーチとして、3年ぶりに現場復帰。

2019年退団。

2020年からは中日でプロスカウトの職務に就く。

退場処分[編集]

1993年6月8日の対ヤクルト戦の初回表、巨人先発・宮本和知古田敦也に死球すれすれの球を2球投げ、3球目も内角を投げたところ死球になってしまい、両チームがベンチから飛び出し睨み合いとなった。更に次の打者広沢克己がフェンス直撃のヒットを放ち一塁ランナーの古田が一気にホームを狙ったがクロスプレーでタッチアウト。そのクロスプレーでタッチの際に吉原がスライディングした古田に対して報復とばかりにボールで殴りつけるようなタッチを連発。それに対しヤクルトのジャック・ハウエルが吉原に詰めより激怒、遂に両チーム総出の大乱闘に発展してしまう。ハウエル、吉原は暴力行為で共に退場処分となった。また数日後の中日戦でも立浪和義と本塁上でのブロックを巡って乱闘騒ぎとなったが、この際は退場にはならず。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1991 巨人 35 64 58 7 9 2 0 1 14 1 3 1 2 0 1 0 3 14 1 .155 .210 .241 .451
1992 49 88 74 11 20 2 0 0 22 8 2 0 2 0 12 2 0 17 3 .270 .372 .297 .669
1993 39 92 85 5 19 6 0 1 28 7 0 0 5 0 2 0 0 20 1 .224 .241 .329 .571
1995 21 20 18 3 1 0 0 0 1 1 0 0 1 1 0 0 0 4 1 .056 .053 .056 .108
1996 25 24 21 4 7 1 0 1 11 3 1 0 1 0 1 0 1 5 0 .333 .391 .524 .915
1997 26 49 43 5 7 2 0 0 9 1 0 0 2 0 3 0 1 12 2 .163 .234 .209 .443
1998 35 68 62 8 15 1 0 1 19 4 0 0 1 1 4 1 0 10 2 .242 .284 .306 .590
1999 6 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
中日 7 9 9 1 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .222 .222 .222 .444
'99計 13 14 14 1 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .143 .143 .143 .286
2000 17 23 21 5 7 2 0 0 9 0 0 0 0 0 2 0 0 6 0 .333 .391 .429 .820
2001 オリックス 23 30 26 3 6 1 0 0 7 2 1 0 3 0 1 0 0 6 2 .231 .259 .269 .528
2002 10 9 8 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 3 0 .000 .111 .000 .111
2003 2 3 2 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 .500 .667 .500 1.167
2004 8 8 8 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
NPB:13年 303 492 440 54 94 17 0 4 123 27 7 1 17 2 28 3 5 103 12 .214 .267 .280 .547

年度別守備成績[編集]

年度 試合 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
1991 33 11 9 2 182
1992 41 27 19 8 .296
1993 38 17 6 11 .647
1995 16 3 2 1 .333
1996 22 13 10 3 .231
1997 24 18 11 7 .389
1998 25 8 6 2 .250
1999 6 1 1 0 .000
2000 15 5 3 2 .400
2001 19 5 3 2 .400
2002 7 3 2 1 .333
2003 2 0 0 0 -
2004 8 1 1 0 .000
通算 256 112 73 39 .348

記録[編集]

背番号[編集]

  • 39(1991年 - 1999年途中)
  • 44(1999年途中 - 同年終了)
  • 00(2000年)
  • 32(2001年 - 2006年)
  • 72(2007年 - 2008年)
  • 73(2009年 - 2010年)
  • 84(2011年)
  • 106(2012年 - 2013年)
  • 86(2014年 - 2015年)
  • 102(2018年 - 2019年)

脚注[編集]

  1. ^ なお、両者とも1999年シーズン途中で巨人を放出されている。
  2. ^ オリックスがバッテリーコーチ入れ替え 日刊スポーツ 2010年4月8日
  3. ^ オリックスの吉原、三輪コーチが退団 日刊スポーツ 2010年10月30日
  4. ^ 巨人 異例の配置転換 村田コーチが打撃&バッテリー兼任 SponichiAnnex 2014年5月21日
  5. ^ 巨人・吉原1軍バッテリコーチ 後半戦から2軍育成に配置転換 SponichiAnnex 2014年7月18日
  6. ^ 巨人、秦コーチと吉原コーチを配置変更 日刊スポーツ 2014年8月1日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]