宮國椋丞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この人物の日本語表記には、主に以下のような表記揺れがあります。
  • 宮國椋丞
  • 宮国椋丞
宮國 椋丞
横浜DeNAベイスターズ #65
Giants guniguni30.JPG
読売ジャイアンツ時代(2014年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 沖縄県糸満市
(出生:石川県金沢市
生年月日 (1992-04-17) 1992年4月17日(30歳)
身長
体重
186 cm
88 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 ドラフト2位
初出場 2012年4月8日
年俸 940万円(2023年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴

宮國 椋丞(みやぐに りょうすけ、1992年4月17日 - )は、石川県金沢市出生、沖縄県糸満市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。横浜DeNAベイスターズ所属。

「國」の字は旧字体であるため、メディアによって宮国椋丞の表記も見られる。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

石川県金沢市生まれ[2]。兄の影響で小学1年生で野球を始める。高嶺中学校時代は軟式野球部に所属[3]

糸満高校では沖縄県1年生大会決勝で興南高校に投げ勝ち、7年ぶりの優勝に貢献。2年春からエースとして活躍し、3年夏には県大会決勝に進むも島袋洋奨を擁する興南高校に敗れた[4]。高校の1学年下には神里和毅がいた[5]

2010年10月28日のプロ野球ドラフト会議にて読売ジャイアンツから2位指名を受け、契約金6000万円、年俸600万円で入団に合意[6]。背番号は30。糸満高校からは初のプロ野球選手誕生となった[5]

巨人時代[編集]

2011年は、イースタン・リーグで4試合に登板し、19イニングを投げて自責点0だった[7]。シーズン後は宮崎秋季キャンプに参加し、川口和久投手総合コーチから高評価を得た[8]。オフに、30万円増の推定年俸630万円で契約を更改した[9]

サインに応じる宮國(2012年)

2012年は、春季キャンプから一軍に帯同[10]。3月25日に行われたオークランド・アスレチックスとの親善試合では先発して5回9奪三振1失点の好投を見せ[11]、開幕ローテーション入りを果たし、4月8日の阪神タイガース戦で一軍公式戦初登板初先発。7回を1失点に抑え、巨人では槙原寛己以来29年ぶりとなる10代での初登板初勝利を挙げた[12][13]。さらに5月1日の広島東洋カープ戦ではプロ初完投・初完封勝利を記録。高卒2年目での完封は巨人では桑田真澄以来となった[14]。しかし、5月16日のオリックス・バファローズ戦で右肩に違和感を覚え、翌日に登録抹消。二軍での調整を経て7月15日に一軍復帰。8月5日の横浜DeNAベイスターズ戦で3か月ぶりの勝利を挙げると[15]、レギュラーシーズン終了まで先発ローテーションの一角を担った。最終的に17試合登板(16先発)、6勝2敗、防御率1.86を記録。ポストシーズンは2試合に登板し、中日ドラゴンズとのCSファイナルステージ第3戦に先発して5回3失点[16]北海道日本ハムファイターズとの日本シリーズでは第4戦に先発し7回3安打無失点[17]。いずれも勝敗はつかなかった。アジアシリーズでは決勝のラミゴ戦に先発。6回1失点で勝利投手となった[18]。オフに、970万円増の推定年俸1600万円で契約を更改した[19]

2013年は、WBCに出場したエース内海哲也の代役として開幕投手を務めた。20歳での開幕投手は1988年桑田真澄以来で[20]、7回途中3失点で勝ち星はつかず。7月25日の広島戦で2回途中8失点で降板したほか[21]、シーズン3度の二軍降格を経験した。10月3日に右下腿内側痛が判明し、ポストシーズンの出場が絶望的となった[22]CSには出場せず、日本シリーズの40人枠からも外れた。レギュラーシーズン17試合に先発し、6勝7敗、防御率4.93。オフに、現状維持の推定年俸1600万円で契約を更改した[23]

2014年は、オープン戦から不調が続き、開幕一軍から外れる。4月と8月に1度ずついずれも横浜DeNAベイスターズ戦に先発するも2試合とも4回持たずKOされ、二軍に降格した。10月6日、広島戦で先発し7回1失点と好投、前田健太に投げ勝ちチームの最終戦でようやく初白星を挙げた[24]。オフに、野球協約の減額制限(1億円以下は25%)いっぱいとなる400万円減の推定年俸1200万円で契約を更改した[25]

2015年は、先発から中継ぎに転向し、新人の戸根千明と共に、主に点差の付いた試合やスコット・マシソン山口鉄也に繋げる役割を果たし中継ぎの一角として活躍。39試合に登板し、3勝1敗1セーブ5ホールド、防御率2.94を記録。オフに、700万円増の推定年俸1900万円で契約を更改した[26]

2016年は、7月29日に右肩のコンディション不良で登録抹消されたが[27]、中継ぎとして34試合に登板し、4勝1敗6ホールド、防御率2.95を記録。オフに、800万円増の推定年俸2700万円で契約を更改した[28]

2017年は、開幕を二軍で迎え、4月11日に一軍に昇格。3年ぶりに先発に復帰したものの6月までに0勝7敗(1敗はリリーフでの敗北)、チームでは2005年の桑田真澄以来となる7連敗を喫する[29]など、17試合登板(9先発)で1勝7敗1ホールド、防御率4.74を記録。オフに、300万減の推定年俸2400万円で契約を更改した[29]

2018年は、中継ぎとして29試合に登板し、0勝0敗4ホールド、防御率1.97を記録。オフに、240万円増の推定年俸2640万円で契約を更改した[30]

2019年も全て中継ぎで28試合に登板し、0勝2敗3ホールド、防御率3.94を記録。オフに、100万円増の推定年俸2740万円で契約を更改し、背番号を58に変更した[31]

2020年は、21試合登板(うち1試合先発)、0勝0敗、防御率5.33だった。10月5日の阪神戦に登板するも、右肩痛を訴え、右肩のコンディション不良で翌6日に登録抹消された[32]。その後、リハビリを重ねキャッチボールを再開していたが、11月11日に球団から、翌年の構想外であることを告げられる[33]。巨人からは球団スタッフ入りの打診もあったが、このままでは終わりたくないという思いが強く固辞[34]。12月2日に自由契約公示[35]

12月7日に12球団合同トライアウトに参加。シート打撃で小山翔平を二飛に抑え、吉川大幾からこの日最速の140km/hの直球で三振を奪うも、堀内汰門には安打を許した[36]。トライアウトの結果をもってのNPB球団からのオファーはなかったが、現役続行を目指して渋谷区内の公園で練習したり[37]、年末年始に故郷の沖縄で兄を相手にブルペン投球したり[38]など、トレーニングに取り組む。2021年1月には元同僚の内海哲也らの自主トレーニングに同行し[38]、同月後半からは内海の元専属トレーナー・保田貴史と2人きりでのトレーニングを継続[39]。2月からは神奈川県内で保田とともに自主キャンプを開始し[39]、視察に訪れた巨人の元投手コーチ・小谷正勝からアドバイスを受けるなどしていた[37][40]

DeNA時代[編集]

宮國が自主トレーニングを継続している中で、2020年末から横浜DeNAベイスターズの球団スカウトは宮國に注目しており、状態が上がってきたとの情報から、2021年3月上旬にDeNAから横須賀の二軍施設に招かれた[41]。メディカルチェックなどで問題がなかったことからDeNAへの入団が決まり、15日に推定年俸840万円で育成選手契約を結んだ。背番号は106[42][43]

2021年8月30日、支配下選手登録されることが発表され、背番号は65となった[44]。9月7日に出場選手登録され[45]、同日の古巣巨人戦に先発すると、5回2失点に抑え4年ぶりの勝利を挙げた[46][47]。最終的には3試合に先発登板し防御率6.19、1勝1敗という成績だった[48]。12月2日に行われた契約更改交渉では現状維持の推定年俸840万円でサインした[49]

2022年からDeNAのコーチングアドバイザーに巨人時代の恩師でもある小谷正勝が就任し、キャンプから助言を受ける[50]。開幕から二軍で3試合に登板し好投を続けた後、4月16日に一軍に合流[51]。ロングリリーフとしての起用が続いていたが、先発投手の枠の兼ね合いで6月8日に登録抹消された[52]。最終的に全て中継ぎで17試合の登板で2ホールド、防御率8.71という成績だったが、来季も契約を結ぶ見込みで、11月からは球団が業務提携を結ぶオーストラリアン・ベースボールリーグキャンベラ・キャバルリー入江大生とともに派遣される[53]

選手としての特徴[編集]

2011年

ワインドアップから長身を活かして投げるスリークォーターから繰り出すナチュラルに変化する最速150km/hのストレート[54][55][56][57]に加え、スライダースローカーブフォークボールが持ち球[58]。加えて2012年シーズン中にツーシームを習得した[59][60]。打たせて取る投球スタイル[61]。高校時代から肘のしなりや低めへの制球力に定評があり[62]牽制クイックフィールディング[63]など、マウンドさばきも巧み[64]。首脳陣からの評価も高く[65]、将来のエース候補と期待されていた[66]

人物[編集]

インタビューや囲み取材は苦手とするなどシャイな一面がある[67]。以前は偏食家野菜果物はほとんど食べなかったが、球速アップを目指して2012年から食生活の改善に取り組んでいた[68][69]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2012 巨人 17 16 1 1 0 6 2 0 0 .750 386 97.0 76 4 28 1 3 54 3 1 27 20 1.86 1.07
2013 17 17 0 0 0 6 7 0 0 .462 401 87.2 113 8 35 0 2 50 2 0 52 48 4.93 1.69
2014 3 3 0 0 0 1 1 0 0 .500 64 14.0 22 3 3 0 1 6 2 0 11 10 6.43 1.79
2015 39 0 0 0 0 3 1 1 5 .750 194 49.0 38 4 15 1 0 28 3 0 17 16 2.94 1.08
2016 34 0 0 0 0 4 1 0 6 .800 162 39.2 38 6 9 0 0 14 0 0 14 13 2.95 1.18
2017 17 9 0 0 0 1 7 0 1 .125 246 57.0 64 5 18 0 0 41 0 1 32 30 4.74 1.44
2018 29 0 0 0 0 0 0 0 4 ---- 133 32.0 27 4 10 0 3 25 0 0 8 7 1.97 1.16
2019 28 0 0 0 0 0 2 0 3 .000 122 29.2 26 2 9 0 1 21 1 0 16 13 3.94 1.21
2020 21 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 109 25.1 27 5 8 1 0 22 1 0 15 15 5.33 1.38
2021 DeNA 3 3 0 0 0 1 1 0 0 .500 68 16.0 18 3 5 0 0 14 0 0 11 11 6.19 1.44
2022 17 0 0 0 0 0 0 0 2 ---- 103 20.2 35 6 5 0 1 13 1 0 20 20 8.71 1.94
通算:11年 225 49 1 1 0 22 22 1 21 .500 1988 468.0 484 50 145 3 11 288 13 2 223 203 3.90 1.34
  • 2022年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2012 巨人 17 10 13 2 1 .920
2013 17 2 20 0 1 1.000
2014 3 0 0 1 0 .000
2015 39 0 8 1 0 .889
2016 34 4 11 0 0 1.000
2017 17 2 6 2 0 .800
2018 29 2 4 0 0 1.000
2019 28 0 4 1 0 .800
2020 21 1 4 0 1 1.000
2021 DeNA 3 1 4 0 0 1.000
2022 17 0 8 0 0 1.000
通算 225 22 82 7 3 .937
  • 2022年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録
投手記録
打撃記録
  • 初安打・初打点:2012年5月1日、対広島東洋カープ4回戦(東京ドーム)、3回裏に篠田純平から中前適時打

背番号[編集]

  • 30(2011年 - 2019年)
  • 58(2020年)
  • 106(2021年 - 2021年8月29日)
  • 65(2021年8月30日 - )

登場曲[編集]

  • 「ハイサイ to di ウチナー -BUZZ UP MIX-」U-DOU & PLATY(2012年 - 2013年)
  • 「Training Montage」Vince DiCola(2012年)
  • 「島人ぬ宝」かりゆし58(2012年)
  • Gangnam StylePSY(2012年)
  • 全開の唄かりゆし58(2013年)
  • 「Time Of Your Life feat. Ne-YoPitbull(2015年)
  • 「Invincible Now feat. Nicki Minaj & Shawn Lewis」A-Roma(2016年)
  • 「Blue Sky feat. Mary Jane Smith」Feenixpawl & Jason Forte(2017年 - 2018年、2021年 - )
  • 「狼煙 ~Ready To Go~」FIRE BALL(2019年 - 2020年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ DeNA - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2022年11月2日閲覧。
  2. ^ 『スポーツアルバム No.41 宮國椋丞』(ベースボール・マガジン社) 69頁。
  3. ^ 巨人2位指名の宮國椋丞投手が来訪”. 糸満市 (2010年12月27日). 2022年6月25日閲覧。
  4. ^ プロ注目の糸満・宮国、悲願届かず”. デイリースポーツオンライン (2010年7月18日). 2010年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月31日閲覧。
  5. ^ a b DeNA・神里と糸満高の1年先輩、巨人・宮国 突然やってくる対決に詰まっている物語”. スポーツ報知 (2018年5月14日). 2022年6月25日閲覧。
  6. ^ DeNA・神里と糸満高の1年先輩、巨人・宮国 突然やってくる対決に詰まっている物語”. スポーツ報知 (2022年6月20日). 2022年6月22日閲覧。
  7. ^ 巨人宮国DeNA戦で1軍デビュー”. 日刊スポーツ (2011年12月11日). 2021年8月31日閲覧。
  8. ^ 巨人 期待の右腕 宮国に川口コーチ絶賛「彼が投手陣を助けてくれるかも」”. スポニチアネックス (2011年11月10日). 2021年8月31日閲覧。
  9. ^ 【巨人】宮国 初更改で30万円アップ”. 日刊スポーツ (2011年11月21日). 2021年4月25日閲覧。
  10. ^ 原監督 新人王候補の2年目・宮国1軍スタートを決断”. スポニチアネックス (2012年1月23日). 2021年8月31日閲覧。
  11. ^ 巨人宮国メジャー相手に圧巻奪三振ショー”. 日刊スポーツ (2012年3月26日). 2021年8月31日閲覧。
  12. ^ 巨人救った19歳・宮国 槙原以来29年ぶり10代初登板初勝利!”. スポーツニッポン (2012年4月8日). 2021年8月31日閲覧。
  13. ^ 槙原氏以来、宮国が巨人10代の初登板勝利”. デイリースポーツオンライン (2012年4月8日). 2012年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月31日閲覧。
  14. ^ 宮国、桑田以来の高卒2年目プロ初完封!どエライ東京Dデビュー!”. スポーツ報知 (2012年5月2日). 2012年5月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月31日閲覧。
  15. ^ 宮国様サマ~!戻ってきた夏男が久々3勝”. 日刊スポーツ (2012年8月6日). 2021年8月31日閲覧。
  16. ^ 【巨人】宮国5回3失点KO/CS”. 日刊スポーツ (2012年10月19日). 2021年8月31日閲覧。
  17. ^ 【巨人】宮国堂々!7回3安打0封”. 日刊スポーツ (2012年10月31日). 2021年8月31日閲覧。
  18. ^ 原巨人5冠!アジアも制覇/アジアS”. 日刊スポーツ (2012年11月12日). 2021年8月31日閲覧。
  19. ^ 宮国 イケメン査定の970万円増 女性ファン獲得を評価”. スポーツニッポン (2012年11月29日). 2021年4月25日閲覧。
  20. ^ 20歳宮国、開幕投手へ 88年桑田以来”. 日刊スポーツ (2013年3月3日). 2021年4月25日閲覧。
  21. ^ 宮国最悪8失点KO2軍…恥ずかしい試合”. 日刊スポーツ (2013年7月26日). 2021年4月25日閲覧。
  22. ^ 宮国、CSも日本Sも絶望!右下腿内側痛で全治1か月以上”. スポーツ報知 (2013年10月4日). 2013年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月25日閲覧。
  23. ^ 宮国は現状維持 青木は4000万円 笠原2000万円”. スポーツニッポン (2013年11月28日). 2021年4月25日閲覧。
  24. ^ 巨人逆転勝ち、宮国が今季初勝利 広島は3位転落”. 日本経済新聞 (2014年10月6日). 2021年8月31日閲覧。
  25. ^ 巨人・宮国“先輩にがっつく” 大幅減サイン、来年こそローテ”. スポーツニッポン (2014年12月2日). 2021年4月25日閲覧。
  26. ^ 巨人 宮国 700万円アップ「去年よりは数倍良かったと思っています」”. スポーツニッポン (2015年12月3日). 2021年4月25日閲覧。
  27. ^ G・宮国、右肩のコンディション不良で抹消 球団幹部「重症ではない」”. サンケイスポーツ (2016年7月30日). 2021年4月25日閲覧。
  28. ^ 巨人・宮国、800万増2700万円で更改 台湾WLで刺激「行ってよかった」”. スポーツニッポン (2016年12月20日). 2021年4月25日閲覧。
  29. ^ a b 巨人宮国300万減「球団からもっとできるだろと」”. 日刊スポーツ (2017年11月28日). 2021年4月25日閲覧。
  30. ^ 巨人宮国240万円↑「来季は中継ぎ1本で結果を」”. 日刊スポーツ (2018年12月4日). 2021年4月25日閲覧。
  31. ^ 【巨人】宮国100万円増「9年間で一番悔しいシーズン」背番号「58」に”. スポーツ報知 (2019年11月28日). 2021年4月25日閲覧。
  32. ^ 【巨人】宮国椋丞投手、堀岡隼人投手が抹消へ 宮国は右肩のコンディション不良”. スポーツ報知 (2020年10月5日). 2021年8月31日閲覧。
  33. ^ 来季の契約について”. 巨人公式ホームページ (2020年11月11日). 2021年8月31日閲覧。
  34. ^ “巨人で戦力外になった男”30歳宮國椋丞の今「球団スタッフ入りも固辞」「チャンスをくれたDeNAに恩返しがしたい」”. Number Web (2022年5月9日). 2022年6月20日閲覧。
  35. ^ 自由契約選手”. 2020年度公示. 日本野球機構. 2021年3月15日閲覧。
  36. ^ “巨人宮国トライアウト参加は「ギリギリまで迷った」”. 日刊スポーツ. (2020年12月7日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202012070000788.html 2021年3月15日閲覧。 
  37. ^ a b “宮国DeNA決定…公園でも練習、覚悟貫き未来開く”. 日刊スポーツ. (2021年3月15日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202103150000130.html 2021年3月15日閲覧。 
  38. ^ a b “元巨人宮国、現役続行目指し西武内海の自主トレ同行”. 日刊スポーツ. (2021年1月6日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202101050000532.html 2021年3月15日閲覧。 
  39. ^ a b “【DeNA】宮国椋丞の孤独トレを支えた亡き父の言葉「投げれるんだったら…」”. スポーツ報知. (2021年3月15日). https://hochi.news/articles/20210315-OHT1T50123.html?page=1 2021年3月15日閲覧。 
  40. ^ “元巨人宮国“小谷塾”でガラリと変化「指にかかる」”. 日刊スポーツ. (2021年2月2日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202102010000683.html 2021年3月15日閲覧。 
  41. ^ “DeNA編成トップが語る元巨人・宮國を獲得したワケ 外国人不在も「事情は違う」”. Full-Count. (2021年3月15日). https://full-count.jp/2021/03/15/post1061141/ 2021年3月15日閲覧。 
  42. ^ “DeNA、前巨人宮国を育成で獲得 背番号106”. 日刊スポーツ. (2021年3月15日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202103150000127.html 2021年3月15日閲覧。 
  43. ^ 折れずに耐えたDeNA宮国、亡き父の言葉が支え”. 日刊スポーツ (2021年3月16日). 2021年4月25日閲覧。
  44. ^ DeNA、宮国椋丞を支配下登録「1試合でも多く活躍を」背番号65”. 日刊スポーツ (2021年8月30日). 2021年8月31日閲覧。
  45. ^ オリックスのジョーンズが副反応で抹消、ソフトバンク・森は約4カ月ぶりの一軍復帰”. BASEBALL KING (2021年9月7日). 2021年9月7日閲覧。
  46. ^ DeNA宮国椋丞が悲願の復帰登板で古巣から勝利 亡き父の言葉を胸に歓喜”. 日刊スポーツ (2021年9月7日). 2021年9月7日閲覧。
  47. ^ 「はじめまして、宮國です」 DeNA宮國が古巣巨人を相手に1518日ぶり勝利”. Full-Count (2021年9月7日). 2021年9月7日閲覧。
  48. ^ 宮國椋丞(最近6試合の成績)”. dmenuスポーツ (2021年12月31日). 2021年12月31日閲覧。
  49. ^ DeNA宮國が現状維持の840万円でサイン 育成入団から3試合登板「この1年は財産」”. Full-Count (2021年12月2日). 2022年4月27日閲覧。
  50. ^ 最新機器のデータに経験豊富なコーチの助言…宮国、完全復活へ試せるものは何でも試す【DeNA】”. 中日スポーツ (2022年2月18日). 2022年4月27日閲覧。
  51. ^ 【DeNA】宮国椋丞が1軍合流 イースタン・リーグで3試合登板、防御率2点台と成績安定”. 日刊スポーツ (2022年4月16日). 2022年4月27日閲覧。
  52. ^ 【DeNA】宮国椋丞が抹消 ロングリリーフ務め最近3試合は無失点”. 日刊スポーツ (2022年6月8日). 2022年6月20日閲覧。
  53. ^ “DeNA、宮国、入江をオーストラリア派遣へ「来年に向けもっと戦力になれるよう」”. スポニチ Sponichi Annex. (2022年10月19日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/10/19/kiji/20221019s00001173253000c.html 2022年10月19日閲覧。 
  54. ^ 宮国「魔球」持ってた!予測不能な変化で開幕ローテ狙う!”. スポーツ報知 (2012年2月27日). 2012年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月31日閲覧。
  55. ^ 『2013 プロ野球オール写真選手名鑑』日本スポーツ企画出版社、2013年、9頁頁。ISBN 978-4-905411-11-6 
  56. ^ 宮国、自己最速150キロ!7回3失点2被弾も原監督「いい形で戻ってきた」”. スポーツ報知 (2013年6月28日). 2013年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月1日閲覧。
  57. ^ 宮国ヒヤリ3勝!阿部に怒られた 被弾後藤にど真ん中”. スポニチ Sponichi Annex (2012年8月6日). 2012年8月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月6日閲覧。
  58. ^ 【プロ野球】急成長右腕、巨人・宮國椋丞のローテーション入りはあるか?”. web Sportiva (2012年2月27日). 2021年8月31日閲覧。
  59. ^ 宮国「動く球」で幻惑投球 初東京ドームで初完封”. スポニチアネックス (2012年5月2日). 2021年8月31日閲覧。
  60. ^ 【巨人】FA捕手!実松が宮国完封リード”. 日刊スポーツ (2012年5月1日). 2021年8月31日閲覧。
  61. ^ 宮国、1軍合格!課題3項目クリア、15日・中日戦で復帰へ”. スポーツ報知 (2012年7月9日). 2012年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月31日閲覧。
  62. ^ ドラフト候補&監督直撃インタビュー 『野球小僧』10月号、白夜書房、雑誌18801-10、72-73項。
  63. ^ 巨人宮国、広い「捕」幅で最速バント処理”. 日刊スポーツ (2013年2月5日). 2021年8月31日閲覧。
  64. ^ 巨人の宮國椋丞は本物なのか?若手投手が一軍入りする必要条件。”. Number Web (2012年3月4日). 2021年8月31日閲覧。
  65. ^ 巨人・原監督、プロ初完封の宮國に「私自身も勉強するところがある」”. スポーツナビ (2012年5月1日). 2021年8月31日閲覧。
  66. ^ 伝統の球団のイケメンエース候補 巨人の宮国椋丞投手”. msn産経ニュース (2012年6月23日). 2012年6月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月31日閲覧。
  67. ^ 宮国年俸大幅アップも声小さく”. 日刊スポーツ (2012年11月29日). 2021年8月31日閲覧。
  68. ^ Close up 宮國椋丞(巨人) 二軍に2ヵ月落とされ球速10km/hアップ 2/3”. 現代ビジネス (2012年9月29日). 2021年8月31日閲覧。
  69. ^ 宮國椋丞(巨人) 二軍に2ヵ月落とされ球速10km/hアップ 3/3”. 現代ビジネス (2012年9月29日). 2021年8月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]