岸敬祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岸 敬祐
Giants kishi.jpg
巨人時代
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県西宮市
生年月日 (1987-01-16) 1987年1月16日(31歳)
身長
体重
178 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り NPB / 2010年 育成選手ドラフト2位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

岸 敬祐(きし けいすけ、1987年1月16日 - )は、兵庫県西宮市出身の元プロ野球選手投手)。左投左打。

福岡ソフトバンクホークス一軍マネジャー兼打撃投手岸健太郎は実兄[1]。また、杉本有美女優タレントグラビアアイドル)とは再従姉妹に当たる[2]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

関西学院高校時代には、春・夏とも、地元・阪神甲子園球場での全国大会に出場できなかった。3年生の時の兵庫大会では、準々決勝で市立尼崎高校に敗れている。

関西学院大学への進学後に硬式野球部へ入部。清水誉阪神タイガース捕手)は2年先輩、荻野貴司千葉ロッテマリーンズ外野手)・宮西尚生北海道日本ハムファイターズ投手)は1年先輩に当たる。同部では1年秋から登板機会を与えられたが、病気で体調を崩し2年間も練習すら出来ない日々が続いた[3]関西学生野球リーグでの通算成績は4勝10敗。4年時には大手保険会社への就職が内定していたが[3]独立リーグの入団テストを受験。関西独立リーグ大阪ゴールドビリケーンズに入団する。

独立リーグ時代[編集]

2009年
参稼報酬が月額で8万円という厳しい環境の下で、大阪ゴールドビリケーンズのエースとしてチームのリーグ優勝に貢献。11勝8敗1セーブ、防御率1.43という成績で、リーグ年間MVP、最優秀防御率、最多奪三振のタイトルを獲得した[3]
2010年
四国・九州アイランドリーグ愛媛マンダリンパイレーツに移籍。38試合に登板し、6勝9敗1セーブ、防御率3.18の成績を残す。10月28日開催のプロ野球育成ドラフト会議で、読売ジャイアンツ(巨人)からの2巡目指名を受けて[4]育成選手としての入団に至った。背番号は017

巨人時代[編集]

2011年
イースタン・リーグ公式戦に、中継ぎとして20試合に登板。1勝0敗、防御率2.25という結果を残した。
2012年
開幕から二軍の先発ローテーションに定着。7月30日には、育成選手契約から支配下選手契約へ移行するとともに、背番号を90に変更した[5]。一軍公式戦への登板機会はなかった。
2013年
入団後初めて一軍キャンプのメンバーに選ばれたが、後に故障で戦線を離脱。6月8日イースタン・リーグ チャレンジ・マッチの対フューチャーズ戦で中継ぎ投手として実戦に復帰した[6]ものの、公式戦には一軍・二軍を通じて登板の機会がなく、10月1日戦力外通告を受けた[7]

ロッテ時代[編集]

2013年11月10日第1回12球団合同トライアウトへ参加[8]。その直後に千葉ロッテマリーンズの秋季キャンプで入団テストを受けた結果[9]同月21日に育成選手として入団することが決まった[10]。背番号は121

2014年
イースタン・リーグ公式戦では、20試合の登板で、3勝0敗、防御率5.23という成績を残した。しかし、支配下登録選手への復帰を果たせないまま、10月5日に戦力外通告を受けた[11]同月31日付で、NPBから自由契約選手として公示[12]

ロッテ退団後[編集]

2015年から2016年まで、三菱重工長崎硬式野球部でプレーを続けた。2017年より打撃投手兼スコアラーとしてロッテに復帰した。

選手としての特徴[編集]

140km/h前後のストレートに、スライダーカーブシュートなどの変化球を織り交ぜて打たせてとるスタイル[13]。本人いわく、持ち味はコントロール[14]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

独立リーグでの投手成績[編集]

愛媛時代の数値は、四国アイランドリーグplus公式ウェブサイトによる[15]








































2009 大阪 1.43 11 8 1
2010 愛媛 3.18 38 6 9 1 2 0 0 124.2 530 120 5 88 29 14 60 44
関西独立リーグ通算 1.43 11 8 1
四国IL通算 3.18 38 6 9 1 2 0 0 124.2 530 120 5 88 29 14 60 44

背番号[編集]

  • 47 (2009年 - 2010年)
  • 017 (2011年 - 2012年7月29日)
  • 90 (2012年7月30日 - 2013年)
  • 121 (2014年)
  • 105 (2017年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 山口2世だ!育成出身・岸が初の1軍キャンプ”. スポーツニッポン (2013年1月21日). 2013年2月11日閲覧。
  2. ^ 2013年2月11日に杉本が自身のTwitter公式アカウントへ投稿したツイートより
  3. ^ a b c バース・デイ、2012年8月18日放送分より
  4. ^ 育成ドラフトでも8選手を指名”. 読売ジャイアンツ (2010年10月28日). 2015年9月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年7月31日閲覧。
  5. ^ 岸投手と河野選手を支配下登録”. 読売ジャイアンツ (2012年7月30日). 2012年7月31日閲覧。
  6. ^ 2013年度 イースタン・リーグ チャレンジ・マッチ 試合結果(6~8月)”. 日本野球機構オフィシャルサイト. 2013年10月4日閲覧。
  7. ^ 辻内投手ら5選手を戦力外通告”. 読売巨人軍公式サイト (2013年10月1日). 2013年10月3日閲覧。
  8. ^ 65人参加 12球団合同トライアウト/詳細”. 日刊スポーツ (2013年11月10日). 2013年11月11日閲覧。
  9. ^ ロッテ秋季キャンプに前巨人の岸がテスト生として参加”. サンケイスポーツ (2013年11月14日). 2013年11月17日閲覧。
  10. ^ 入団テスト結果についてロッテ球団公式サイト 2013年11月21日配信
  11. ^ GG佐藤ら戦力外=プロ野球・ロッテ - 時事通信2014年10月5日
  12. ^ 2014年度 自由契約選手(育成選手) 日本野球機構オフィシャルサイト 2014年11月7日閲覧。
  13. ^ [プロ野球] 巨人・岸敬祐「左のスペシャリストへ」2/2 現代ビジネス 2012年3月28日
  14. ^ 【巨人】育成の岸、河野と支配下選手契約 nikkansports.com 2012年7月30日
  15. ^ 記録2010年 - 四国アイランドリーグplus

関連項目[編集]