荻野貴司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
荻野 貴司
千葉ロッテマリーンズ #0
2012marines ogino4.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 奈良県高市郡明日香村
生年月日 (1985-10-21) 1985年10月21日(31歳)
身長
体重
172 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2009年 ドラフト1位
初出場 2010年3月20日
年俸 3,280万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

荻野 貴司(おぎの たかし、1985年10月21日 - )は、奈良県高市郡明日香村出身のプロ野球選手外野手)。右投右打。現在は千葉ロッテマリーンズに所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校4年生(1995年)の時に、「明日香フレッシュジュニアーズ」で野球を始める。中学時代は加治前竜一と共に橿原コンドルに在籍した。

郡山高では高校2年夏(2002年)からレギュラーとなり、3年夏(2003年)の奈良大会準優勝。

関西学院大学(同期に日本ハム宮西尚生がいる)では、大学1年秋(2004年)から遊撃手のレギュラーとして活躍し、4年春(2007年)には17盗塁で23年ぶりとなるリーグ新記録を樹立した。最終的に関西学生リーグ通算80試合に出場し、295打数98安打、打率.332、3本塁打、35打点、47盗塁、ベストナイン5度受賞の記録を残した。

卒業直後の2008年にはトヨタ自動車へ入社、と同時に外野手に転向。オープン戦で1試合3本塁打を記録する。同年の第35回日本選手権で3番打者として出場、打率.409(長打率.682)の好成績でチームの連覇に貢献し、社会人ベストナイン外野手部門を受賞した。社会人2年目の夏(2009年)に左ひざ半月板を痛めるが、復帰後の都市対抗野球で活躍して、プロのスカウトの注目を集めた。

2009年度のプロ野球ドラフト会議では複数球団から上位指名候補としてリストアップされ[2]千葉ロッテマリーンズより単独1位指名を受けた。11月30日に契約金1億円プラス出来高5,000万円、年俸1,500万円(金額は推定)で契約、背番号4に決まった。

プロ入り後[編集]

2010年、春季キャンプから俊足をアピールし[3]、球団では25年ぶりとなる新人外野手の開幕スタメン出場を果たす。開幕から46試合で25盗塁を記録し、3月26日の対日本ハム戦では逆転決勝弾となるプロ入り初本塁打を放つなどの活躍を見せた。しかし、5月21日の対東京ヤクルトスワローズ戦で二盗を試みてスライディングした際に右ひざを負傷した。精密検査の結果、全治2か月の右膝外側半月板損傷と診断された。同月26日に半月板の部分切除手術を受けたが、シーズン中の復帰は叶わなかった[4]。オフの契約更改の席では西岡剛の移籍で空いた遊撃手へのコンバートについて「やってみたい気持ちがあるので、守れるなら守りたいですね」と前向きなコメントを残した[5]

2011年、内野手登録となり、2番・ショートとして開幕戦にスタメン出場した。だが5月13日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦で右ひざの違和感を訴え、17日に登録を抹消された。「去年の痛みとは全然違いますから。少し休めば大丈夫だと思います。」と語ったが[6]、25日に手術を受けた[7]オールスターゲーム後の復帰を目指し急ピッチで調整を続けたが、回復は思わしくなく8月25日にプロ入り後三度目となる右ひざの手術を受けた[8]。また、この年は鉄道車両の行き先看板を模したグッズが発売された[9]。表面には「快足荻野二塁(盗塁)」裏面には「特急荻野本塁(三塁経由)」と書かれている。

2012年、再び外野手登録となり[10]、荻野も「外野一本でやりたい」と宣言[11]した。前年の教訓から開幕よりまず完治を優先し[12]、春季キャンプでも一軍から外れて別メニュー調整を行った。開幕は二軍で迎え、4月21日イースタンリーグで約1年ぶりの実戦復帰を果たす。6月13日に一軍選手登録されると[13]、同日の対広島東洋カープ戦の10回裏に代走として出場し二盗を決めた[14]。翌日には復帰後初スタメンでシーズン初安打[15]8月1日の対日本ハム戦では2年ぶりの本塁打を記録した[16]8月17日の対日本ハム戦で2失策を記録し[17]、同月20日に一軍登録抹消。二軍調整後、最短の10日間で一軍復帰。プロ入り後初めて怪我による離脱なくシーズン終了を迎えた。8月17日の日本ハム戦で4回に稲葉篤紀の打ったセンターフライを取り損ね、さらに、拾った球を誰もいない一塁へ悪送球するという珍事が起こった。日本ハムはこの日、黒の限定ユニフォームを着用していたため、札幌ドームだったがロッテはホーム用のユニフォームを着用していた。この日、解説だった岩本勉は「ビジターのユニフォームが似ていたため、一塁の三木コーチが味方の選手に見えたんじゃないかと思う。」と話している。また、8月19日に放送された『サンデーモーニング』でも張本勲が同様の発言をしている。ただし、荻野は「ファーストにいると思って投げたんですが、誰もいなかったんで。ユニフォームを間違えたわけではないです。」とコメントしている[18]

2013年、腰痛で開幕一軍を逃したものの5月上旬に復帰し自己最高の102試合に出場、盗塁数含めほぼ全てにおいてキャリアハイの成績を残した。

2014年は、5月6日の対オリックス・バファローズ戦において、西勇輝から史上初となる初回先頭打者初球ランニング本塁打を記録した[注釈 1][19]6月22日の対中日ドラゴンズ戦で、本塁突入時に左肩関節窩を骨折[20]。そのまま残りのシーズンを棒に振った。

2015年は、負傷等で2回の登録抹消を味わうなどして、82試合(うち先発71試合)の出場にとどまった。左翼手として35試合、中堅手として34試合にスタメン出場した。

2016年4月27日に左内腹斜筋肉離れを負傷し全治6週間[21]、9月20日に右大腿(だいたい)二頭筋肉離れで二度の故障に悩まされた[22]。最終的に71試合(うち先発43試合)の出場にとどまり、前年よりも出場機会を減らす不本意なシーズンになってしまった。守備位置としては主に右翼手(31試合にスタメン出場)として起用されたが、中堅手としても10試合にスタメン起用された。シーズンオフの12月15日、「ケガがゼロになればいい」という理由で背番号を0に変更した[23]

選手としての特徴[編集]

2011年

打撃[編集]

荻野はバットを極端に短く持つ[24]がパンチ力もあり、またどのコースにも柔軟に対応する打撃を見せる[25]

走塁・守備[編集]

50メートル走のタイムは荻野曰く6秒切るくらいと図抜けて速いわけではないが[26]、トップスピードに乗るのが非常に早い[26]。「20メートル直線を走らせたら、日本で一番」と評するスカウトもいた[26]ほどで、右打者にもかかわらず一塁への到達タイムは3.57秒とプロ有数のスピードを誇る[24][27]。その走力を活かし、2011年4月14日の楽天戦では無死満塁の状況で一塁から二塁へのタッチアップを決めた[28]。2016年シーズン終了時点で、プロ入り後すべてのシーズンで「10盗塁以上」を記録しており、特に2010年はリーグ6位(25盗塁)、2013年はリーグ4位(26盗塁)の盗塁数であった。

プロ入り当初、スライディングの技術に難があり、ベース付近から飛び込むように滑っていたことで膝へ負担がかかり故障につながった[29]

大学まで遊撃手としてプレーしていたが、社会人時代に外野手に転向。プロ一年目は主に中堅手で起用されたが翌2011年は遊撃手として出場した。荻野は右翼手が一番守りやすく、打球の判断がしやすいと語っている[30]。大学時代までは内野での送球に不安を抱えていたが、外野手に転向したことで「思い切り腕を振れるロングスローの場面があるので、自分の長所を生かせるようになったと思います。僕のスローイングは外野からのバックホームのようなロングの送球が一番伸びると思いますので」と荻野は語っている[30]

人物[編集]

家族は祖母、父、母、兄、姉、妹の7人で、4歳年上の兄・公一は早稲田大学競走部OBの毎日新聞記者[31]

2014年10月に一般女性と結婚し、同年12月に日本国外で挙式を行なった[32]

ロッテには2014年まで同姓の荻野忠寛が在籍していたため、ニックネームは「タカシ」、スコアボード表記は荻野貴、背ネームはT.OGINOと区別されていた(忠寛は「OGINO」のまま)。しかし、忠寛の退団後の2015年以降もスコアボード表記と背ネームはそのままである。余談だが、2017年に変更した背番号0は元々忠寛が着けていた背番号である。

同じく2010年にロッテに入団した清田育宏とは年齢が同じことや外野手同士と言うことも有り、互いに連絡を取り合う仲でもある[33]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2010 ロッテ 46 217 175 29 57 9 2 1 73 17 25 3 21 3 16 1 2 24 2 .326 .383 .417 .800
2011 23 103 91 14 24 4 0 0 28 10 14 1 3 1 7 0 1 6 1 .264 .320 .308 .628
2012 61 187 165 18 37 5 0 1 45 8 13 3 6 0 11 0 5 17 0 .224 .293 .273 .566
2013 102 397 335 52 92 14 3 4 124 28 26 3 17 3 32 0 9 26 4 .275 .351 .370 .721
2014 40 155 142 26 37 10 2 3 60 12 15 1 5 0 8 0 0 14 1 .261 .300 .423 .723
2015 82 309 279 42 75 9 2 2 94 13 18 5 9 1 16 0 4 38 5 .269 .317 .337 .654
2016 71 219 192 35 48 11 1 3 70 21 16 2 9 0 14 0 4 25 3 .250 .314 .365 .679
NPB:7年 425 1587 1379 216 370 62 10 14 494 109 127 18 70 8 104 1 25 150 16 .268 .329 .358 .687
  • 2016年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]


外野 遊撃
























2010 46 99 2 3 0 .971 -
2011 - 23 35 71 6 14 .946
2012 54 123 3 3 1 .977 -
2013 101 182 6 2 1 .989 -
2014 39 66 4 1 0 .986 -
2015 82 152 7 1 2 .994 -
通算 322 622 22 10 4 .985 23 35 71 6 14 .946
  • 2015年度シーズン終了時

記録[編集]

その他の記録

背番号[編集]

  • 4 (2010年 - 2016年)
  • 0 (2017年 - )

登場曲[編集]

  • 「U Don't Know (Remix)」Jay-Z(2010年)
  • 「My ANSWER」SEAMO(2011年 - )
  • 「GIRL」秦基博(2013年 - )
  • 「NEVER GIVE UP!!」FALCO&SHINO(2014年 - 1&3打席目以降)
  • 「泣いていいよ」CHIHIRO(2014年 - 2打席目)
  • 「赤い実ハジケタ恋空の下」LGMonkees(2015年10月-)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 左翼への飛球を追っていたオリックスのレフト竹原直隆が転倒し、起き上がってボールを捕球する間にホームまで生還したものであった。

出典[編集]

  1. ^ ロッテ荻野背番0に「ケガがゼロになればいい」日刊スポーツ 2016年12月15日掲載
  2. ^ 長野が巨人1位へ 荻野の上位指名も 2009年度社会人ほか注目選手を探るスポーツナビ
  3. ^ 速い!荻野貴 快足で開幕スタメン猛アピールスポーツニッポン2010年2月12日配信
  4. ^ 「全力で走れる!」荻野貴、277日ぶり盗塁スポーツニッポン2011年2月23日配信
  5. ^ ロッテ・荻野貴は2500万円 契約更改47NEWS、共同通信2010年11月30日配信
  6. ^ 荻野貴、右膝痛で抹消も「去年の痛みとは全然違う」スポーツニッポン2011年5月18日配信
  7. ^ 荻野貴が右膝手術 復帰に1カ月から1カ月半スポーツニッポン2011年5月25日配信
  8. ^ 荻野貴が右膝手術…今季の復帰は困難スポーツニッポン2011年8月26日配信
  9. ^ 4/19(火)〜荻野貴選手をモチーフにした『荻野貴行き先プレート』発売開始!! - 千葉ロッテマリーンズ・オフィシャルサイト(2011年4月18日)
  10. ^ 荻野貴司選手ポジション登録の変更についてロッテ球団公式サイト2012年1月20日配信
  11. ^ ロッテ荻野、完治優先「無理しない」 デイリースポーツ2012年1月21日配信
  12. ^ 荻野貴 3度手術の右膝完治目指す 開幕こだわらずスポーツニッポン2012年1月21日配信
  13. ^ 【ロッテ】荻野貴1年ぶりの1軍復帰日刊スポーツ2012年6月13日配信
  14. ^ 荻野貴が帰ってきた!そして期待通りに俊足を披露 2012.06.13 M-C - YouTube
  15. ^ 荻野貴、今季初スタメンで復帰後初ヒット! 2012.06.14 M-C - YouTube
  16. ^ 【ロッテ】荻野同点弾「滅多に出ない」 - 日刊スポーツ(2012年8月1日)
  17. ^ ロッテ・荻野貴、痛恨の2失策「やってしまった」サンケイスポーツ2012年8月17日配信
  18. ^ ロッテ・荻野貴、痛恨の2失策「やってしまった」 - サンケイスポーツ(2012年8月17日)
  19. ^ オリ竹原 ずっこけランニング弾献上も…一発&勝った”. スポニチ (2014年5月7日). 2014年12月17日閲覧。
  20. ^ ロッテ荻野貴が今季絶望…左肩関節窩骨折”. 日刊スポーツ (2014年6月27日). 2015年1月1日閲覧。
  21. ^ ロッテ荻野、左内腹斜筋肉離れで全治4~6週間日刊スポーツ 2016年4月29日掲載
  22. ^ ロッテ 荻野 肉離れで全治3週間スポニチアネックス 2016年9月20日掲載
  23. ^ ロッテ荻野背番0に「ケガがゼロになればいい」日刊スポーツ 2016年12月15日掲載
  24. ^ a b 小関順二、西尾典文、石川哲也、場野守泰 『プロ野球スカウティングレポート2011』 廣済堂出版、2011年、117頁。ISBN 978-4-331-51519-8
  25. ^ 小関順二、西尾典文、泉直樹 『プロ野球スカウティングレポート2010』 アスペクト、2010年、432頁。ISBN 978-4-7572-1744-7
  26. ^ a b c 補欠から這い上がった“ドライチ”千葉ロッテ1位・荻野貴司の歩み - スポーツナビ(2009年11月10日)
  27. ^ パ・リーグ首位争いで必見の2人!!ロッテ・荻野貴と西武・田中の期待度。(1/2) - NumberWeb(2010年5月7日)
  28. ^ スピードスターコンビ全開!ロッテ今季初勝利 - スポーツニッポン(2011年4月15日)
  29. ^ 荻野貴1試合2盗塁!2年連続開幕スタメン確実 - スポーツニッポン(2011年4月2日)
  30. ^ a b 『アマチュア野球』第25号、日刊スポーツ出版社、2009年、雑誌66835-63、103-104項。
  31. ^ 記者日記:がんばれ、荻野兄弟/埼玉[リンク切れ] - 毎日新聞(2011年2月25日)
  32. ^ ロッテ荻野 結婚していた 一目ボレの年上長身女性と”. スポニチ (2015年1月1日). 2015年3月25日閲覧。
  33. ^ 疾走!:千葉ロッテ荻野貴司日記 拡大版 清田選手が大当たり/千葉 - ウェイバックマシン(2010年11月11日アーカイブ分) - 毎日新聞・スポーツちば(2010年11月6日)
  34. ^ a b ロッテ古谷 4回6失点で2敗目 オリ戦連勝ストップ”. スポニチ (2014年5月7日). 2014年12月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]