翁田大勢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大勢(翁田 大勢)
読売ジャイアンツ #15
2022年8月13日 東京ドーム
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県多可郡多可町
生年月日 (1999-06-29) 1999年6月29日(24歳)
身長
体重
183 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2021年 ドラフト1位
初出場 2022年3月25日
年俸 5600万円(2024年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
WBC 2023年
獲得メダル
男子 野球
日本の旗 日本
ワールド・ベースボール・クラシック
2023

翁田 大勢(おうた たいせい、1999年6月29日 - )は、兵庫県多可郡多可町出身のプロ野球選手投手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。

登録名は大勢

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

多可町立八千代北小学校(現 八千代小学校)1年の時に軟式の「八千代少年野球クラブ」で野球を始める。多可町立八千代中学校ではボーイズリーグの氷上ボーイズでプレーした[2]

兵庫県立西脇工業高等学校では1年春からベンチ入り[3]。2年秋からエースとなったが、最高成績は3年夏の兵庫大会ベスト16で、甲子園出場経験はなかった[4]。高校3年時にプロ志望届を提出したがドラフト指名はなく、関西国際大学人間科学部経営学科[5]へ進学した[4]

大学では硬式野球部に入部。2年春から阪神大学野球連盟1部リーグ戦に出場[2]。リーグ戦の通算成績は4勝3敗だった[2]2020年3月、阪神タイガース二軍との練習試合で4回を3安打2失点5奪三振に抑えて注目を集めた[2]

2021年10月11日に行われたドラフト会議では、4球団競合となった隅田知一郎の抽選を外した読売ジャイアンツから1位指名を受けた[4][6]。10月22日、阪神大学野球連盟から秋季リーグの個人表彰選手が発表され、特別賞を受賞した[7]

11月15日、契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1600万円(金額は推定)で仮契約を結んだ。背番号は15[8][9]。なお登録名は、苗字の発音が似通っている太田龍が在籍しており混同の恐れがあるとして、監督の原辰徳の提案もあり「大勢」となった[10][11]

これについて、一部メディアは「巨人では初めて苗字を除いた名前のみを登録名にした日本人選手である」と報じた[11]が、実際には奈良県生まれで日本国籍を持つマイケル中村(NPB登録の本名は「中村マイケル」)が巨人在籍時に登録名を「MICHEAL」としていた前例がある。

巨人時代[編集]

2022年は、二軍キャンプスタートが決定していたが、1月27日に新型コロナウイルス陽性となり、隔離期間を経て2月5日に三軍キャンプに合流した[12]。2月24日に一軍キャンプに合流すると[13]、3月3日には埼玉西武ライオンズとのオープン戦で実戦デビュー[14]。1回を無安打無失点に抑えると[14]、同7日の北海道日本ハムファイターズとのオープン戦では直球の球速が自己最速となる158km/hを記録[15]。その後も安定した投球を続け、最終的にオープン戦は7試合の登板で防御率1.29を記録し[16]桑田真澄投手チーフコーチの「フォーム的に先発向きではない」という判断や、翁田自身が抑え志望であること、前年抑えを務めたチアゴ・ビエイラが4試合の登板で防御率16.88と絶不調で二軍調整になったこともあり、開幕を抑えとして迎えた[17][18]。3月25日に行われた中日ドラゴンズとの開幕戦(東京ドーム)では、2点リードの9回表に登板し、二死満塁のピンチを招いたものの無失点に抑え、開幕戦でセーブを記録した[19][20]。新人の初登板初セーブは2021年栗林良吏広島東洋カープ)以来、史上6人目(2年目以降に記録した選手も含めると9人目)で、開幕戦に限ると1982年山沖之彦阪急ブレーブス)以来、40年ぶり2人目となった[19]。さらに、翌日の同カードでもセーブを記録し、史上初となる新人による開幕から2試合連続セーブを達成[21]。4月6日の広島戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)では、史上初となる初登板から7試合連続セーブを記録し[注 1]、開幕11試合目にして角三男の球団新人最多セーブに並んだ[23]。その後は同9日の東京ヤクルトスワローズ戦(東京ドーム)でプロ初勝利を記録すると[24]、同19日の広島戦(東京ドーム)では、開幕21試合目にして10セーブ目を記録した[25]。開幕21試合目で10セーブに到達するのは藤川球児(19試合)に次ぎ、ラファエル・ドリス松井裕樹に並んで史上2番目の早さ[25]。また、4月19日に達成するのは、藤川(4月20日)よりも早く、史上最も早い日に10セーブ到達となった[25]。5月8日のヤクルト戦(東京ドーム)では、1点リードの9回に登板するも山崎晃大朗に逆転打を打たれ、プロ初黒星を喫したが[26]、6月4日の千葉ロッテマリーンズ戦では12球団最速となる20セーブ目を記録[27]。チーム60試合目での20セーブ到達は1993年の石毛博史、2013年の西村健太朗の72試合を更新する球団最速記録であると同時に、新人記録でもある1990年の与田剛の68試合も更新した[27]。7月6日には、オールスターゲームにはセントラル・リーグ抑え投手部門で、巨人の新人では史上初めてファン投票1位に選出されたが[28]、同20日に新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたことにより[29]、出場を辞退した[30]。その後、8月7日に復帰すると[29]、同26日の広島戦(マツダ)で、新人史上4人目となる30セーブを達成した[31]。57試合に登板して1勝3敗37セーブ8ホールド、防御率も2.05を記録した。セーブ機会失敗は前述の5月8日のヤクルト戦の1回だけだった。 11月25日に行われたプロ野球の年間表彰式「NPB AWARDS 2022」で、2022シーズンのセ・リーグ最優秀新人選手賞を受賞。

2023年1月26日、2023 ワールド・ベースボール・クラシックに出場する日本代表のメンバーに選出された[32]。日本代表での背番号はチームと同じ15[33]。本戦では1次ラウンドPOOL B(東京ラウンド)対オーストラリア戦(3月12日)に7回裏から3番手として登板。1回13球を投げ、打者3人に対し被安打1、奪三振1、無失点に抑えた[34]。続いて準々決勝の対イタリア戦(3月16日)で6点リードの9回に登板。1回21球、打者5人を相手に被安打2、奪三振1、無失点に抑え、準決勝進出を決めた[35]。決勝ラウンドではフロリダ州マイアミローンデポ・パークで行われた準決勝対メキシコ戦(3月21日)で1点ビハインドの9回表に登板。1回12球、打者4人に対し被安打0、奪三振1、死球1、無失点に抑えた。直後の9回裏に日本代表がサヨナラ勝ちを収めたため、勝ち投手となった[36]。翌日に行われた決勝の対アメリカ戦では2点リードの7回表に登板した。1回13球、打者4人に対し被安打1、四球1、無失点に抑えた。

WBCを終えてチームに再合流した後のレギュラーシーズン開幕戦ではセーブシチュエーションながら登板機会はなく、開幕2試合目ではベンチ入りメンバーからも外れた。このことについて監督の原辰徳は大勢のコンディションが良くないことを示唆していた[37][38]。開幕3試合目となる4月2日の対中日ドラゴンズ戦(東京ドーム)で同年のシーズン初登板・初セーブを記録した。その後は順調に登板を重ねていたが、6月30日に右上肢のコンディション不良で登録を抹消された。そこまでの成績は2勝0敗14セーブ、防御率3.00であった[39]。2か月半後の9月16日に復帰[40]。最終的に27試合に登板し3勝0敗14セーブ、防御率4.50でシーズンを終えた[41]

2024年4月4日の中日ドラゴンズ戦(バンテリンドーム ナゴヤ)では、2点リードの9回から登板し、第2打者の6球目に160km/hのストレートを投げ、自己最速記録を更新した。その後の第3打者の1球目でも160km/hのストレートを投げ、三者凡退に抑え、シーズン初セーブを記録した[42]

選手としての特徴[編集]

サイドスローで、シュート回転しながら伸びていく最速160km/hのストレートが最大の武器[42]

変化球はフォークチェンジアップスライダーを持ち球としている[2][4][6]

入団当初は先発としての役割を期待されていたが、ルーキーイヤーに一軍投手コーチを務めていた桑田真澄は大勢の投球スタイルから「先発では身体がもたない」と判断、クローザーとしての起用を監督の原辰徳に進言し、それが受け入れられた。

ルーキーイヤーは投球時にかかとを一度浮かせて体重移動を行うヒールアップで投球していた。江川卓なども取り入れていた投球フォームで、ストレートに球威をもたらしていたが、2023年シーズンに不調に陥ったことをきっかけに、ヒールアップを封印した。[43]

フォームや投球スタイルから林昌勇に似ていると評価する声がある[44]

その能力の高さから、入団1年目にして「NPB史上初となる新人王&最多セーブ投手のダブルタイトル獲得も夢ではない」、「巨人の守護神」と認められた[45]

2023年の不調は複合的な要因が重なった、WBCへの参加なども原因となったと推測されるが、2022年はコロナウイルス特例措置により7月19日から8月6日にかけてペナントを離脱(オールスターも辞退)[46]。9月中旬に1度3連投を解禁したのみだったが、一方で8月末から9月上旬にかけて11日で7登板するなど登板ペースが非常に不規則になった結果、12球団で2桁セーブを挙げた投手では岩崎優と並び最多タイとなる57試合に登板している。この年は桑田コーチが3連投を封印したことが話題となり、大勢自身も桑田への感謝を口にしている[47]ものの、3連投を年に1 - 2度程度の切り札とする起用は近年のクローザーではオーソドックスな起用法であり、2020年に巨人のクローザーを務めたルビー・デラロサ(3連投なし)、2021年にクローザーを務めたビエイラ(3連投1度)なども実際は同様の起用法であった[48](逆にいえば同じ条件下でのペースのズレであり、「替えのきかないポジションでの登板ペースの管理、対策の難しさ」が焦点ゆえに、桑田などの過失を過度に問うのも筋違いと思われる)。

人物[編集]

「大勢」という名前は出産予定日から2週間ほど遅れて誕生し、大勢の人に「まだか、まだか」と見守られながら生まれたことから名付けられた[11]

6学年上の姉は陸上競技選手の翁田あかり[49]

4学年上の兄・勝基は、西脇工が2013年夏に甲子園に春夏通じて初出場した時のエース右腕[50]

祖父と父は巨人ファンだが本人は関西出身ということもあり、幼少期から阪神タイガースファンである[4]

大勢の母は熱烈な中日ドラゴンズファンであり、大島洋平の大ファンである。「(もしも対戦が実現した時は)とにかく当てんとってよ」と言われていたが、プロ初登板で早速対戦が実現した[51][注 2]

チームメイトの高梨雄平が「大勢はガチ」とTwitter上で呟いた[52]事がきっかけで、「#大勢はガチ」というハッシュタグがファンの間で流行。大勢自身の活躍に伴い、球団の公式Twitter[53]でも使用される様になった他、応援グッズにも取り入れられる[54]程の浸透を見せている。

2023年に行われたWBC日本代表に選出された際、ラーズ・ヌートバーの影響でチームに浸透した「ペッパーミル・パフォーマンス」ではなく塩を振りかけるようなパフォーマンスをベンチで行った。このパフォーマンスをきっかけに、上記の「#大勢はガチ」になぞらえた「#大勢は塩」というハッシュタグがTwitter上で生まれ、読売ジャイアンツの公式グッズも作られた[55]

同級生である阪神タイガースの湯浅京己とは2022年オフに日本代表の強化試合でチームメイトとなって以来親交が深い[56]。この仲の良さはメディアやSNSでもたびたび話題となっており、湯浅が好投した際に下の名前と掛けて使われる「アツアツ」というフレーズと上述の「大勢はガチ」を組み合わせて「ガチアツコンビ」と呼称されることも多い[57][58]

高校時代の同級生に2020年東京オリンピック女子1500m8位入賞の田中希実がいる[59]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2022 巨人 57 0 0 0 0 1 3 37 8 .250 221 57.0 38 7 13 0 3 60 1 0 17 13 2.05 0.89
2023 27 0 0 0 0 3 0 14 1 1.000 116 26.0 26 4 11 0 1 34 1 0 13 13 4.50 1.42
通算:2年 84 0 0 0 0 4 3 51 9 .571 337 83.0 64 11 24 0 4 94 2 0 30 26 2.82 1.06
  • 2023年度シーズン終了時

WBCでの投手成績[編集]










































2023 日本 4 0 1 0 0 16 4.0 4 0 1 0 1 3 0 0 0 0 0.00

年度別守備成績[編集]



投手












2022 巨人 57 4 9 0 0 1.000
2023 27 1 5 3 0 .667
通算 84 5 14 3 0 .864
  • 2023年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
  • 初登板・初セーブ:2022年3月25日、対中日ドラゴンズ1回戦(東京ドーム)、9回表に5番手で救援登板・完了、1回無失点 ※初登板初セーブは日本人では史上9人目、新人では史上6人目、球団史上初、新人が開幕戦で記録するのは山沖之彦以来史上2人目[19]
  • 初奪三振:同上、9回表に平田良介から空振り三振
  • 初勝利:2022年4月9日、対東京ヤクルトスワローズ5回戦(東京ドーム)、10回表に4番手で救援登板・完了、1回無失点[24]
  • 初ホールド:2022年6月29日、対中日ドラゴンズ14回戦(ヨーク開成山スタジアム)、9回表に5番手で救援登板、1回無失点
その他の記録
  • 新人投手開幕戦から2試合連続セーブ ※史上初[21]
  • 初登板から7試合連続セーブ ※史上初[23]
  • 新人シーズン30セーブ ※史上4人目[31]
  • シーズン37セーブ:2022年10月2日 ※新人最多タイ記録(山﨑康晃栗林良吏に次ぐ3人目)
  • オールスターゲーム選出:1回 ※2022年に選出されたが、新型コロナウイルス感染のため出場辞退[60]

背番号[編集]

  • 15(2022年 - )

登場曲[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ これまでの記録は、サンチェの5試合連続であった[22]
  2. ^ 対戦自体はヒットで大島に軍配が上がったが、大勢は後続を打ち取りプロ初セーブを記録した。

出典[編集]

  1. ^ 巨人 - 契約更改 - プロ野球」日刊スポーツ。2023年12月7日閲覧
  2. ^ a b c d e 関西国際大・翁田大勢、伸びしろしかない粗削り157キロ右腕…11日ドラフト会議」『スポーツ報知』2021年10月9日。2021年10月29日閲覧
  3. ^ 巨人 関西国際大・翁田大勢を外れ1位指名 最速157キロの“スピードスター”、潜在能力は魅力的」スポーツニッポン、2021年10月11日。2021年11月3日閲覧
  4. ^ a b c d e 阪神ファンなのに巨人ドラ1…翁田大勢、指名あいさつで伝統の一戦へ思い」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2021年10月14日。2021年10月29日閲覧
  5. ^ 硬式野球部 2021年プロ野球ドラフト会議 記者会見の開催について」『関西国際大学』。2023年7月30日閲覧
  6. ^ a b 巨人、翁田大勢投手を1位指名…隅田知一郎投手は西武が交渉権」『読売新聞オンライン』2021年10月11日。2021年10月29日閲覧
  7. ^ 天理大・井奥勘太投手が2季連続MVP&最優秀投手 阪神大学野球」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2021年10月23日。2021年10月29日閲覧
  8. ^ 15番の〝出世番号〟を背に巨人D1位翁田 「一勝一勝の積み重ねが新人王につながったらいい」」産業経済新聞社、2021年11月16日。2021年11月29日閲覧
  9. ^ 巨人1位翁田大勢、背番号は沢村つけた15「恥じないような選手に」」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2021年11月15日。2021年11月29日閲覧
  10. ^ 【巨人】翁田大勢、登録名は「大勢」…名前の由来は江口洋介だった!? 母いずみさんが明かした秘話」『スポーツ報知』 報知新聞社、2021年12月4日。2021年12月18日閲覧
  11. ^ a b c 巨人ドラ1翁田 登録名は「大勢」名字除いた名前での登録は球団日本人初」スポーツニッポン、2021年12月4日。2021年12月4日閲覧
  12. ^ 【巨人】ドラ1大勢が5日にもデビュー 新庄ビッグボス率いる日本ハム戦「期待してもらえるように」」『スポーツ報知』 報知新聞社、2022年3月1日。2022年3月28日閲覧
  13. ^ 巨人・原監督 ドラ1大勢1軍キャンプ合流に「ジャイアンツの流れを知っておく必要がある」」『スポーツニッポン』2022年2月24日。2022年8月27日閲覧
  14. ^ a b 巨人ドラ1大勢、いきなり155キロ衝撃デビューに本拠地騒然 剛球連発で3者凡退」『Full-Count』2022年3月3日。2022年8月27日閲覧
  15. ^ 【巨人】大勢の起用法は?原辰徳監督「よく話し合いながら」自己最速158キロ1回完全で広がった可能性」『スポーツ報知』2022年3月6日。2022年8月27日閲覧
  16. ^ 【巨人】ドラ1大勢・守護神として迎える開幕へ「持ち味でもある勢いで相手を圧倒したい」」『スポーツ報知』2022年3月23日。2022年8月27日閲覧
  17. ^ 巨人ドラ1大勢、球団初の新人守護神も「そうなれるように頑張って」 ビエイラは大乱調で2軍」『日刊スポーツ』2022年3月18日。2022年8月27日閲覧
  18. ^ 巨人・桑田コーチが語る大勢を守護神に抜擢した経緯」『BASEBALL KING』2022年6月10日。2022年8月27日閲覧
  19. ^ a b c 【巨人】大勢 亡き恩師に贈る球団初の新人開幕戦セーブ「不思議な力が出ました」」『日刊スポーツ』2022年3月25日。2022年8月27日閲覧
  20. ^ 巨人ドラ1・大勢が開幕戦でセーブ 新人40年ぶりの快挙」『東スポWeb』東京スポーツ、2022年3月25日。2022年3月27日閲覧
  21. ^ a b プロ野球史上初の快挙 巨人ルーキー大勢が開幕2試合連続セーブ「気持ちで投げた」」『中日スポーツ・東京中日スポーツ』中日新聞社、2022年3月26日。2022年3月27日閲覧
  22. ^ 【データ】巨人大勢デビューから5試合連続セーブ、86年巨人サンチェに次ぐ最長タイ」『日刊スポーツ』2022年4月10日。2022年8月27日閲覧
  23. ^ a b 巨人ドラ1大勢 しびれる1点差、わずか7球締め!プロ野球記録更新する7連続セーブ」スポーツニッポン、2022年4月6日。2022年4月9日閲覧
  24. ^ a b 【巨人】立岡宗一郎サヨナラ弾でセ最速10勝 大勢がプロ初勝利、延長の10回を3者凡退斬り」日刊スポーツ、2022年4月9日。2022年4月9日閲覧
  25. ^ a b c 【巨人】大勢12球団最速10セーブ!球団では15年沢村以来の記録」『スポーツ報知』2022年4月20日。2022年4月20日閲覧
  26. ^ 巨人が痛恨の逆転負け 4連敗で3位転落 大勢が初の救援失敗、プロ初黒星」デイリースポーツ、2022年5月8日。2022年5月8日閲覧
  27. ^ a b 【巨人】大勢が新人史上最速20セーブ 60試合で到達、中日与田剛の68試合更新 原監督「堂々と」」『日刊スポーツ』 日刊スポーツNEWS、2022年6月4日。2022年6月7日閲覧
  28. ^ 巨人新人初の快挙‼ D1位・大勢、抑え部門で球宴選出」『サンケイスポーツ』2022年7月6日。2022年8月27日閲覧
  29. ^ a b 【巨人】大勢が約3週間ぶり登録 新型コロナ陽性受け離脱」『日刊スポーツ』2022年8月7日。2022年8月27日閲覧
  30. ^ 【球宴】コロナ影響などで大勢、坂本勇人らセ・パ9選手が辞退」スポーツ報知、2022年7月22日。2022年7月22日閲覧
  31. ^ a b 【巨人】大勢が史上4人目新人30セーブ 過去に達成したのは与田剛・山崎康晃・栗林良吏」『中日スポーツ』2022年8月26日。2022年8月26日閲覧
  32. ^ 侍ジャパンに戸郷、大勢、大城、岡本の4選手」読売ジャイアンツ、2023年1月26日。2023年1月26日閲覧
  33. ^ 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC™ 出場選手一覧」SAMURAI JAPAN、2023年1月26日。2023年3月21日閲覧
  34. ^ 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC 日程・結果」Yahoo! JAPAN。2023年3月21日閲覧
  35. ^ 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC 日程・結果」Yahoo! JAPAN。2023年3月21日閲覧
  36. ^ 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC 日程・結果」Yahoo! JAPAN。2023年3月21日閲覧
  37. ^ 巨人ピンチ 開幕2戦目で大勢がベンチ外れる 守護神のコンディションに不安 練習も軽めに終える」デイリースポーツ、2023年4月1日。2023年4月3日閲覧
  38. ^ 巨人・原監督 大勢の状態に言及「投げられない人をベンチに入れるという余裕はありませんので」」デイリースポーツ、2023年4月1日。2023年4月3日閲覧
  39. ^ 【巨人】大勢抹消…右上肢コンディション不良できょう1日から故障班も原監督「それほど長期ではない」」スポーツ報知、2023年7月1日。2023年7月1日閲覧
  40. ^ 巨人・大勢が2カ月半ぶりに1軍復帰 右上肢のコンディション不良で離脱も、前日1軍に合流」『デイリースポーツ』2023年9月16日。2024年3月28日閲覧
  41. ^ 個人年度別成績」日本野球機構。2023年10月14日閲覧
  42. ^ a b 巨人・大勢 自己最速160キロ「160キロは投手として憧れあった」 スタンドどよめく 三者連続三振の圧巻投球で今季初セーブ」『デイリースポーツ online』2024年4月4日。2024年4月4日閲覧
  43. ^ 巨人・大勢の「変えた投法」と「変わらないマインド」」ニッポン放送、2023年6月30日。2023年11月11日閲覧
  44. ^ 【若松勉 芯打ち登場】巨人・大勢は元ヤクルトの林昌勇に似ている」『サンスポ』2022年3月31日。2022年5月8日閲覧
  45. ^ 【野球】巨人・大勢はNPB史上初の快挙達成の可能性大も 名将の元このまま成長を」『デイリースポーツ online』2022年4月4日。2022年11月8日閲覧
  46. ^ 【巨人】大勢と菊地大稀を登録抹消 新型コロナ感染拡大防止「特例2022」対象」『中日スポーツ』2022年7月19日。2024年3月29日閲覧
  47. ^ 僕たちのために犠牲に」巨人・大勢の意味深コメントが話題 読み取れるチーム内の「対立構図」とは」CoCoKARAnext、2022年10月3日。2023年11月11日閲覧
  48. ^ 巨人、デラロサと中川3連投回避で高梨が移籍後初S」『日刊スポーツ』株式会社日刊スポーツ新聞社、2020年9月9日。2024年3月29日閲覧、一例ではあるが、こうした起用法が2020年代にはスタンダードなものとなっている。
  49. ^ 天満屋が巨人ドラフト1位・大勢の姉・翁田あかりの現役復帰を発表」『デイリースポーツ』 神戸新聞社、2022年4月4日。2022年4月4日閲覧
  50. ^ 沢井史「2021ドラフト候補クローズアップ スカウト熱視線のプロ注目プレーヤー 翁田大勢(関西国際大・投手)独特な腕の位置から投じる152キロ右腕」週刊ベースボールONLINE、2021年5月26日。2021年11月3日閲覧
  51. ^ 【巨人】大勢の母・いずみさん、実は竜党「大島さんがすごく好きなんです」…息子は安打許すも初セーブ喜ぶ」『スポーツ報知』2022年3月26日。2022年9月9日閲覧
  52. ^ yuhei_takanashiのツイート(1504085361747988482)
  53. ^ TokyoGiantsのツイート(1532331822088015872)
  54. ^ giants_goodsのツイート(1533059189689692160)
  55. ^ 大勢投手の「#大勢は塩」、岡本選手の「最高です」グッズを期間限定で受注販売開始」読売ジャイアンツ、2023年3月18日。2023年3月26日閲覧
  56. ^ 【侍ジャパン】大勢&湯浅京己、同学年“GTコンビ”結束高めた」『スポーツ報知』2023年2月18日。2023年3月22日閲覧
  57. ^ 【とっておきメモ】〝ガチアツ〟大勢と湯浅京己は「周波数が一緒」親公認の仲の良さ - WBC2023 : 日刊スポーツ」『日刊スポーツ』2023年2月26日。2023年3月22日閲覧
  58. ^ 巨人大勢と阪神湯浅京己、仲の良い2人の今季の対戦が楽しみ/新春対談・取材後記」『日刊スポーツ』2023年1月2日。2023年3月22日閲覧
  59. ^ 【巨人】ドラ1翁田大勢が西脇工同級生の東京五輪8位・田中希実から刺激「自分も頑張ろうと思った」」『スポーツ報知』2021年12月29日。2023年11月6日閲覧
  60. ^ 【球宴】巨人岡本和真、坂本勇人ら6人が出場辞退 戸郷翔征と小林誠司は出場予定」『日刊スポーツ』2022年7月22日。2022年7月25日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]