ルビー・デラロサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はデ・ラ・ロサ第二姓(母方の)はコーポランです。
ルビー・デラロサ
Rubby De La Rosa
読売ジャイアンツ #97
Rubby De La Rosa on February 26, 2016.jpg
アリゾナ・ダイヤモンドバックス時代
(2016年2月26日)
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 サントドミンゴ
生年月日 (1989-03-04) 1989年3月4日(30歳)
身長
体重
183 cm
95 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 アマチュア・フリーエージェントとしてロサンゼルス・ドジャースと契約
初出場 MLB / 2011年5月24日
NPB / 2019年7月15日
年俸 3,000万円(2019年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ルビー・カルロス・デ・ラ・ロサ・コーポランRubby Carlos De La Rosa Corporan , 1989年5月4日 - )は、ドミニカ共和国サントドミンゴ出身のプロ野球選手投手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。

経歴[編集]

プロ入りとドジャース時代[編集]

2007年7月2日、エル・ボニート・デ・サンイシドロ高校からロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約。

2011年5月24日にメジャー初昇格を果たし[1]、同日のヒューストン・アストロズ戦でメジャーデビュー。2度目の登板となった27日のフロリダ・マーリンズ戦でメジャー初勝利を挙げる。6月7日のフィラデルフィア・フィリーズ戦でメジャー初先発し[2]、5回を投げ4安打1失点4奪三振で先発初勝利を挙げる[3]。その後は先発ローテーションに入り、最終的に13試合に登板(先発は10試合)し、4勝5敗・防御率3.71という成績を残す。しかし、このシーズン最終登板となった7月31日アリゾナ・ダイヤモンドバックス戦にて、ミゲル・モンテロに94mphの直球を投げた後、尺側側副靱帯が断裂し、試合終了後に故障者リスト入り。その後トミー・ジョン手術を受けた[4]

2012年8月21日に約1年ぶりに復帰したが、登板はこの1試合のみであった。

レッドソックス時代[編集]

2012年10月4日、8月25日に成立したトレード[5]後日発表選手として、ジェリー・サンズと共にボストン・レッドソックスへ移籍した[6]

2013年8月3日にメジャー昇格し、6日にレッドソックスでの初登板を果たす。

2014年3月7日にレッドソックスと1年契約に合意した[7]。2014年レギュラーシーズンは、自己最多となる19試合に登板し、うち18試合で先発として投げた。初めて100イニングをクリア、シーズン防御率を4.43とし、2011年以来3年ぶりにメジャーでの勝ち星を挙げた。

ダイヤモンドバックス時代[編集]

2014年12月12日にウェイド・マイリーとのトレードで、アレン・ウェブスターレイメル・フローレスと共にダイヤモンドバックスへ移籍した[8]

2016年5月26日に右肘を痛め、翌27日に15日間の故障者リスト入り、7月25日に60日間の故障者リストに移行した。9月9日に復帰したが、復帰後は2試合の登板にとどまった。12月2日にノンテンダーFAとなった。

2017年1月10日にダイヤモンドバックスとマイナー契約で再契約し、同年のスプリングトレーニングに招待選手として参加することになった。シーズンでは開幕を故障者リストで迎えると、5月に復帰して主にAAA級リノ・エーシズで投げた。6月23日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[9]。8月にプロ入り後2度目の右肘のトミー・ジョン手術を受ける。9月1日に自由契約となったが[10]、11月7日に再びダイヤモンドバックスとマイナー契約を結んだ[9]

巨人時代[編集]

2019年6月22日にNPB読売ジャイアンツが契約したことを発表し[11]、同月27日に公示された。背番号97。背ネームはDE LA ROSA

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2011 LAD 13 10 0 0 0 4 5 0 1 .444 254 60.2 54 6 31 3 0 60 3 0 26 25 3.71 1.40
2012 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 4 0.2 0 0 2 0 0 0 0 0 2 2 27.00 3.00
2013 BOS 11 0 0 0 0 0 2 0 0 .000 53 11.1 15 2 2 0 3 6 1 0 7 7 5.56 1.50
2014 19 18 0 0 0 4 8 0 0 .333 441 101.2 116 12 35 0 2 74 3 1 51 50 4.43 1.49
2015 ARI 32 32 0 0 0 14 9 0 0 .609 809 188.2 193 32 63 3 4 150 2 2 103 98 4.67 1.36
2016 13 10 0 0 0 4 5 0 0 .444 222 50.2 43 8 20 1 4 54 2 1 26 24 4.26 1.24
2017 9 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 34 7.2 7 2 4 1 0 12 0 1 4 4 4.70 1.44
MLB:7年 98 70 0 0 0 26 30 0 1 .464 1817 421.1 428 62 157 8 13 356 11 5 219 210 4.49 1.39
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手(P)












2011 LAD 13 6 10 2 1 .889
2012 1 0 0 0 0 ----
2013 BOS 11 1 1 1 0 .667
2014 19 12 11 1 1 .958
2015 ARI 32 26 17 0 3 1.000
2016 13 5 3 0 0 1.000
2017 9 0 1 0 0 1.000
MLB 98 50 43 4 5 .959
  • 2018年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

NPB投手記録

背番号[編集]

  • 50(2011年 - 同年途中)
  • 41(2011年途中 - 2012年)
  • 62(2013年 - 2014年)
  • 12(2015年 - 2017年)
  • 97(2019年 - )

登場曲

脚注[編集]

  1. ^ Ken Gurnick; Ben DuBose (2011年5月24日). “Top prospect De La Rosa gets call to Dodgers” (英語). MLB.com. 2017年1月12日閲覧。
  2. ^ http://scores.espn.go.com/mlb/preview?gameId=310607122
  3. ^ De La Rosa, Gordon lead Dodgers to win” (英語). MLB.com (2011年8月2日). 2017年1月12日閲覧。
  4. ^ Ken Gurnick (2011年6月7日). “De La Rosa to undergo Tommy John surgery” (英語). MLB.com. 2017年1月12日閲覧。
  5. ^ “Red Sox trade Beckett, Crawford, Gonzalez, and Punto to the Dodgers” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Boston Red Sox), (2012年8月25日), http://m.redsox.mlb.com/news/article/37323068 2017年6月24日閲覧。 
  6. ^ “Red Sox Acquire Right-Handed Pitcher Rubby De La Rosa and First Baseman/Outfielder Jerry Sands to Complete August 25 Trade with the Dodgers” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Boston Red Sox), (2012年10月4日), http://m.redsox.mlb.com/news/article/39488672 2017年6月24日閲覧。 
  7. ^ “Red Sox Agree to Terms With 19 Players on 2014 Contracts” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Boston Red Sox), (2014年3月7日), http://m.redsox.mlb.com/news/article/68870334/red-sox-agree-to-terms-with-19-players-on-2014-contracts/ 2014年3月8日閲覧。 
  8. ^ Steve Gilbert (2014年12月12日). “D-backs get pitchers from Boston for Miley” (英語). MLB.com. 2017年1月12日閲覧。
  9. ^ a b MLB公式プロフィール参照。2017年11月20日閲覧。
  10. ^ Owen Perkins (2017年9月1日). “Negron among D-backs' 5 Triple-A callups” (英語). MLB.com. 2017年9月3日閲覧。
  11. ^ 新外国人選手との契約合意について 読売巨人軍公式WEBサイト 2019年6月22日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]