佐藤孝夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐藤 孝夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮城県刈田郡白石町
生年月日 (1931-08-10) 1931年8月10日
没年月日 (2005-03-21) 2005年3月21日(73歳没)
身長
体重
171 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1952年
初出場 1952年3月21日
最終出場 1963年10月17日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 国鉄スワローズ
    サンケイスワローズ
    サンケイアトムズ
    アトムズ
    ヤクルトアトムズ
    ヤクルトスワローズ (1964 - 1965, 1967 - 1981)
  • 西武ライオンズ (1982 - 1983)
  • 阪神タイガース (1984)
  • ヤクルトスワローズ (1987 - 1989)

佐藤 孝夫(さとう たかお、1931年8月10日 - 2005年3月21日)は、宮城県刈田郡白石町出身(台湾生まれ[1])のプロ野球選手内野手外野手。右投右打)・監督・スカウト・解説者。愛称は「バンビ[1]

経歴[編集]

白石高校から仙台鉄道管理局を経て、1952年国鉄スワローズへ入団しプロ入り。一年目から24試合連続安打、14試合連続得点(9月7日から10月3日まで。2010年8月6日巨人脇谷亮太に更新されるまでセ・リーグ最多記録だった)など、レギュラーとして活躍、打率.265、14本塁打の成績でセ・リーグ新人王を獲得。また、この年盗塁も45個記録しているが、これは1997年小坂誠に破られるまで、新人選手による盗塁の日本記録であった。

1957年には22本塁打を放ち、本塁打王を獲得。躍動感溢れるプレーで人気を集め、「バンビ」の愛称で親しまれた。同年、打率.256で打率十傑の10位になっている。この打率は2リーグ制開始以降、現在に至るまで、打率十傑にランクインした中では最も低い数字である。1963年に現役引退。

引退後は、1964年 - 1965年1967年 - 1981年の2期に渡り国鉄・サンケイ・アトムズ・ヤクルト[2]の打撃コーチを務め、一軍打撃コーチを務めていた1978年には球団初のリーグ優勝・日本一に貢献した。1982年から1983年には西武ライオンズ一軍打撃コーチを務め、2年連続リーグ優勝・日本一に貢献。1984年には阪神タイガース一軍打撃コーチを務め、1985年から1986年はフロント入り。1987年から1989年はヤクルトへ復帰し打撃コーチを務めた。その間監督代行としても、ヤクルトコーチ時代の1979年にシーズン途中で辞任した広岡達朗の後を受けて8月18日からシーズン終了まで、阪神コーチ時代の1984年にも急病のため休んだ安藤統男の代行として6月13日から6月15日までの3試合務めた。

1990年にフロント入りした後、1991年から1999年までの9年間にわたりヤクルトスカウトを務めた[1]。在任当時、小坂誠をヤクルトでは小柄という理由でドラフトで指名ができなかった為、ロッテGMの広岡達朗へ打診し、獲得に至った経緯がある。

同スカウト退任後は2001年から2004年頃までの間、テレビ埼玉(TVS)・J SKY SPORTS→J SPORTS 4の西武戦中継の解説者として活動した[3]。70歳に解説者デビューした[4]事から、のちにプロ野球名鑑で「解説者1年目が70歳はギネスブックもの」と紹介された[5]

2005年3月21日、脳出血のため死去。享年73。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1952 国鉄 104 370 321 61 85 7 1 14 136 33 45 10 4 -- 45 -- 0 46 4 .265 .355 .424 .779
1953 119 505 439 80 114 32 3 22 218 47 42 14 7 -- 57 -- 2 71 8 .260 .347 .497 .844
1954 62 237 204 34 50 13 2 5 82 20 20 8 4 1 28 -- 0 34 3 .245 .336 .402 .738
1955 127 567 491 77 110 21 1 24 205 53 25 10 7 1 68 2 0 81 9 .224 .318 .418 .736
1956 87 307 259 34 57 7 0 9 91 24 11 3 4 2 40 2 1 44 2 .220 .327 .351 .678
1957 127 482 430 51 110 20 1 22 198 68 23 10 2 3 46 3 1 81 9 .256 .329 .460 .790
1958 125 456 398 46 92 14 1 13 147 42 15 8 4 4 48 3 2 71 17 .231 .317 .369 .686
1959 96 257 229 22 45 9 2 6 76 34 7 1 4 2 22 0 0 41 9 .197 .267 .332 .599
1960 129 549 503 72 141 27 7 14 224 47 20 4 3 1 41 0 1 62 7 .280 .336 .445 .781
1961 102 435 374 39 79 14 1 11 128 36 6 7 4 1 56 1 0 55 5 .211 .314 .342 .656
1962 113 339 313 30 64 7 0 6 89 21 5 5 2 3 21 0 0 70 4 .204 .254 .284 .539
1963 84 130 117 11 23 5 0 4 40 7 0 2 2 1 10 0 0 23 0 .197 .260 .342 .602
通算:12年 1275 4634 4078 557 970 176 19 150 1634 432 219 82 47 19 482 11 7 679 77 .238 .319 .401 .720
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 5 (1952年 - 1962年)
  • 62 (1963年、1972年 - 1980年)
  • 51 (1964年 - 1965年、1967年、1970年)
  • 53 (1968年 - 1969年)
  • 65 (1971年)
  • 71 (1981年)
  • 82 (1982年 - 1983年)
  • 81 (1984年)
  • 73 (1987年 - 1989年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『12球団全選手カラー百科名鑑2003』P233の佐藤のプロフィールより、球歴(経歴)部分を参照。
  2. ^ 1965年途中からサンケイスワローズ、1966年から1968年までサンケイアトムズ、1969年はアトムズ、1970年から1973年はヤクルトアトムズ、1974年以降はヤクルトスワローズ。
  3. ^ プロ野球名鑑では2000年から掲載(同年および2001年に日本スポーツ出版社から発行された『12球団全選手カラー百科名鑑』シリーズでは活動先の欄に「テレビ朝日」「CS スポーツch」と表記。2002年・2003年版では「テレビ埼玉」「Jスカイスポーツ」と表記。2004年版ではCS系解説者グループの中に「フリー」扱いで掲載。2005年版(死去する前の月に発売)は未掲載。
  4. ^ 『12球団全選手カラー百科名鑑2003』P233の佐藤のプロフィールより、「解説の本格デビューは70歳」と記述。
  5. ^ 『12球団全選手カラー百科名鑑2004』P237

参考資料[編集]

関連項目[編集]