藤波行雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
藤波 行雄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県静岡市葵区
生年月日 (1951-04-26) 1951年4月26日(66歳)
身長
体重
174 cm
71 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1973年 ドラフト1位
初出場 1974年4月6日
最終出場 1987年10月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

藤波 行雄(ふじなみ ゆきお、1951年4月26日 - )は、静岡県静岡市葵区出身の元プロ野球選手外野手)。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

静岡商業では、2年生時の1968年夏の甲子園に外野手として出場。1年生エース新浦壽夫(年齢的には同学年だが、定時制課程から編入したため1年後輩に)が好投し勝ち進む。決勝では興國と対戦するが、丸山朗投手(早大大昭和製紙)に0-1で完封を喫し、準優勝にとどまった。新浦はこの年限りで中退して巨人入り、3年生時には同期の松島英雄が主戦投手になる。1969年夏の甲子園では準々決勝に進出するが、この大会に優勝した松山商に敗退。しかし秋の長崎国体では、決勝で玉島商を降し優勝を飾る。1年後輩に池谷公二郎がいた。

卒業後は中央大学に進学し、東都大学リーグでは3度優勝。1973年全日本大学野球選手権大会ではエース田村政雄を擁し、決勝で愛知学院大を降し優勝した。同期の佐野仙好と共に1年生の春季リーグからレギュラーとして活躍し、卒業まで全試合全イニングに出場。「安打製造機」の異名をとり、東都大学リーグ通算最多安打133本も記録した。リーグ通算99試合出場、打率.319(417打数133安打)、6本塁打、37打点。ベストナイン5回。1972年第1回日米大学野球選手権大会日本代表に選出され、翌年の同大会にも連続出場。

プロ入り後[編集]

1973年ドラフト1位で中日ドラゴンズに入団。ルーキーイヤーの1974年は90試合に出場し、打率.289(114打数33安打)、1本塁打の成績を挙げてチーム20年ぶり2度目のセントラル・リーグ優勝に貢献。新人王のタイトルを獲得した。

1977年のシーズン前にクラウンライターライオンズ基満男らとの交換トレード(藤波と竹田和史=基の2対1で内定)を言い渡され、契約上トレード拒否権がなかったものの、任意引退も辞さない構えでトレードを拒否し[1]、結局トレードによる移籍を免れた[2]。ただ、球団から来春のキャンプは自費参加、開幕二軍スタート、公式戦の第3節終了まで一軍出場停止、背番号も「3」から「40」に変更[3]などのペナルティを受けたが、これを「大甘処分」とする見方もある[1]

その後は準レギュラー、代打の切り札として活躍。特に77年から80年にかけては再三レギュラー定着に迫るが、規定打席到達することがなかった。しかし、1982年のリーグ優勝にも主力メンバーとして貢献している。1987年限りで現役引退。

引退後[編集]

引退後は、東海テレビ放送東海ラジオ放送三重テレビ放送岐阜放送J SPORTSの解説者を務める。一時期は東海テレビのキー局・フジテレビの解説者も兼務し、『プロ野球ニュース』やフジテレビ及び東海テレビ以外の系列局制作の中継などで中日戦以外にも登場する事があったが、テレビは現在は本数出演であり、主に三重テレビやCSの中継(どちらも東海テレビが制作している)に出演する(2008年まではラジオをメインとしていた)。

2005年からはNPB12球団ジュニアトーナメントの、中日ドラゴンズジュニアチームのコーチを担当。

2009年5月、翌年度より発足する三重スリーアローズのコーチに就任することが発表された。一方、三重テレビとスターキャットには試合/番組単位で契約・出演[4]2010年7月30日付で、監督の松岡弘が体調不良の為休養したことに伴い三重の監督代行を務める[5]。シーズン終了後に退任。

その後は朝日大学の臨時コーチなどを経て、2015年11月より新浦とともに母校・静岡商の外部コーチに就任。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1974 中日 90 130 114 13 33 4 0 1 40 15 1 0 1 0 13 1 2 15 3 .289 .372 .351 .723
1975 81 97 87 6 21 4 0 0 25 11 0 1 1 1 7 1 1 8 1 .241 .302 .287 .589
1976 104 163 150 15 39 8 0 1 50 14 3 0 2 2 9 1 0 14 0 .260 .298 .333 .631
1977 100 237 214 32 68 9 1 6 97 20 11 5 7 0 11 0 5 9 4 .318 .365 .453 .818
1978 96 333 299 39 69 6 0 4 87 22 3 8 4 0 29 1 1 14 4 .231 .301 .291 .592
1979 116 274 244 35 73 9 1 4 96 26 2 6 10 0 18 3 2 18 5 .299 .352 .393 .746
1980 119 347 326 40 95 11 1 1 111 22 8 6 7 1 12 3 1 13 3 .291 .318 .340 .658
1981 41 65 62 5 13 3 0 1 19 6 1 2 0 0 3 0 0 2 2 .210 .246 .306 .553
1982 74 92 85 9 22 7 0 2 35 10 2 1 1 1 5 0 0 5 1 .259 .297 .412 .708
1983 90 121 114 11 37 4 0 2 47 13 1 1 0 1 5 1 1 12 2 .325 .355 .412 .768
1984 83 133 124 15 35 3 1 1 43 17 2 2 5 0 3 0 1 16 1 .282 .305 .347 .651
1985 89 100 93 11 22 4 0 1 29 7 2 2 0 0 7 2 0 9 1 .237 .290 .312 .602
1986 57 51 48 2 9 1 1 0 12 1 0 0 2 0 1 1 0 10 0 .188 .204 .250 .454
1987 6 19 16 0 3 1 0 0 4 2 1 1 2 0 1 0 0 2 0 .188 .235 .250 .485
通算:14年 1146 2162 1976 233 539 74 5 24 695 186 37 33 42 6 124 14 14 147 27 .273 .319 .352 .671

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 3 (1974年 - 1976年)
  • 40 (1977年 - 1987年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 【12月21日】1976年(昭51) トレード拒否貫き通した中日・藤波に球団が大甘処分”. スポーツニッポン (2007年12月21日). 2013年9月6日閲覧。
  2. ^ 基は中日への移籍を快諾していたが、藤波の移籍拒否の結果クラウンへの残留となり、竹田は松林茂との交換トレードでクラウンに移籍した。
  3. ^ 3番は新外国人のウィリー・デービスが着用し、40番だった大島康徳が5番に変更した。また同時期に14番だった谷沢健一が本人の希望で41番に変更したことが重なり、5番だった神垣雅行が14番に、41番だった片貝義明が50番に変更している。。
  4. ^ 独立リーグの指導者と解説者を兼務するのは村上隆行などの例がある。
  5. ^ 松岡弘監督休養のお知らせ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]