中村悠平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中村 悠平
東京ヤクルトスワローズ #52
Yuuhei Nakamura, catcher of the Tokyo Yakult Swallows, at Yokohama Stadium.jpg
2011年10月15日、横浜スタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福井県大野市
生年月日 (1990-06-17) 1990年6月17日(26歳)
身長
体重
176 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2008年 ドラフト3位
初出場 2009年10月2日
年俸 5,100万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本代表
プレミア12 2015年

中村 悠平(なかむら ゆうへい、1990年6月17日 - )は、東京ヤクルトスワローズに所属するプロ野球選手捕手)。 マネジメント契約はエイベックス・スポーツ

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

下庄小学校で5年生の時に友達から誘われ、野球を始める[2]。最初の守備位置はレフトで、その後内野も一通り経験し、小5の夏から捕手になった[2]。陽明中では3年時に県選抜チームの「福井クラブ」で全日本少年軟式野球大会に出場した[3]

福井県立福井商業高等学校では、強肩強打を武器に1年秋から正捕手となり、2年連続の夏の甲子園出場に貢献した。2007年夏の甲子園は初戦敗退。翌2008年夏の甲子園では初戦で酒田南を破り2回戦に進出したものの、橋本到を擁する仙台育英に惜敗し、ベスト16入りはならなかった。

2008年度ドラフト会議東京ヤクルトスワローズの3巡目指名を受け、契約金4500万円、年俸480万円(金額は推定[3])で入団した。福井商業高校からヤクルト及びその前身球団に入団した初の選手となった。その後中村は、契約金の一部から母校にピッチングマシンを贈っている[4]

プロ入り後[編集]

2009年の春季キャンプは二軍スタートながら、2月21日の対起亜タイガース戦(練習試合)で逆転2ラン本塁打を放つ活躍をみせた。3月29日の対埼玉西武ライオンズ戦(オープン戦)で途中出場し、アレックス・グラマンと対戦して三振に倒れる。開幕も二軍で迎えたが試合では先発出場が多く、5月5日の対北海道日本ハムファイターズ戦(イースタン・リーグ)では星野八千穂から自身公式戦初の本塁打を放った。6月に故障で離脱するも、7月上旬に復帰。7月23日のフレッシュオールスターゲームでは6回表に登場して適時打を放つと、その裏から赤川克紀とバッテリーを組んで2回を無失点に抑える活躍を見せた。イースタン・リーグでは最終的に打率.301・2本塁打・22打点・2盗塁、守備率.991の好成績を残した。9月29日、負傷によって抹消された相川亮二と入れ替わりで初昇格し、10月2日の対広島東洋カープ戦(明治神宮野球場)で7回裏に代走としてプロ初出場。10月6日の対横浜ベイスターズ戦(横浜スタジアム)では5回表に由規の代打でプロ初打席に立つと、その裏から一軍公式戦で初めて捕手として守備に就いて後続を無失点に抑え、高田繁や初バッテリーを組んだ松井光介から賞賛を受けた[5]。最終的に安打は生まれなかったものの、守備に就いた3試合・合計10回2/3を無失点で切り抜け、チームも3試合共に逆転勝ちを収めている。10月12日の対読売ジャイアンツ戦(神宮)では、鈴木尚広の二盗を刺して初の盗塁阻止も記録した。

2010年は2年目ながら春季キャンプで一軍スタートが決定[6]。紅白戦では飯原誉士の二盗を阻止するなど、首脳陣から高評価を得ている。この年に台湾で開催された第17回IBAFインターコンチネンタルカップ日本代表に選ばれた。

2011年、第3捕手として一軍にいる期間が長くなり13試合に出場。イースタンでもチーム捕手最多の56試合に出場した[7]

2012年は、怪我により登録抹消された相川亮二に代わり捕手を務めることが増え、相川復帰後も出場機会が多くなっている。また、6月29日の阪神タイガース戦では、最終的に勝利に導いたプロ初本塁打も能見篤史から記録した。最終的に中村マスク時はオーランド・ロマンを除く先発・中継ぎ全員で相川マスク時以上に好防御率・好成績を残した。

オフの11月6日に、「侍ジャパンマッチ2012「日本代表 VS キューバ代表」」の日本代表が発表され[8]代表入りした[9]

2014年は開幕から打撃好調を維持し、監督推薦でオールスターゲームへの初出場も果たした[10]。シーズン閉幕まで一度も離脱する事無く、自己最多の99試合に出場、規定打席には届かなかったが.298と3割に迫る打率を記録した。

2015年は7月16日に、第1回WBSCプレミア12の日本代表第1次候補選手に選出された事が発表された[11]

最終的に、前年に比べ打撃成績を大きく下げてしまうも、正捕手として投手陣を引っ張り、チーム防御率改善の一端を担う。唯一セリーグの捕手で規定打席に到達するなど、ディフェンス面を中心に年間通して活躍し、リーグ優勝に貢献した。

オフの10月9日に、第1回WBSCプレミア12の日本代表最終ロースター28名に選出された事が発表された[12]

2016年開幕前の2月15日に「侍ジャパン強化試合 日本 vs チャイニーズタイペイ」の日本代表26名に選出されたことが発表された[13]

人物[編集]

湖池屋から発売されているスナック菓子カラムーチョが好物なことから、ニックネームはムーチョ[14]

高い身体能力を持っており、スポーツ用品メーカーが高校球児を対象に行っている体力測定では過去数人しか記録していない最高レベルを記録した[15]。憧れの選手には古田敦也をあげており、投げ方を真似したこともある[2]。二塁送球は最速1.78秒、50メートル走は6.1秒を記録している。

高校1年次から3年までの2年間、テレビ中継で谷繁元信矢野燿大を参考に記録したリード研究用のノートは、10冊を超えたという[16]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2009 ヤクルト 5 5 4 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 .200 .000 .200
2010 3 6 6 1 2 1 0 0 3 1 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .333 .333 .500 .833
2011 13 6 6 1 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .333 .333 .333 .667
2012 91 249 209 19 53 5 0 1 61 15 1 1 8 2 28 4 2 31 10 .254 .344 .292 .636
2013 84 286 239 17 56 5 2 4 77 24 1 1 12 2 30 2 3 37 8 .234 .325 .322 .647
2014 99 365 325 26 97 9 1 5 123 41 0 0 7 3 26 0 4 51 8 .298 .355 .378 .733
2015 136 502 442 36 102 14 0 2 122 33 3 2 14 2 40 1 4 80 9 .231 .299 .276 .575
2016 106 378 321 24 60 14 0 3 83 37 2 0 14 6 31 4 6 47 9 .187 .266 .259 .525
NPB:8年 537 1797 1552 125 372 48 3 15 471 151 7 4 55 15 155 11 20 250 44 .240 .314 .303 .617
  • 2016年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]

捕手
守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 捕逸 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
2009 1.000 3 4 2 0 0 0 1 0 1 1.000
2010 1.000 3 11 3 0 0 1 3 1 2 .667
2011 1.000 8 15 0 0 0 0 1 1 0 .000
2012 .992 90 433 47 4 9 2 30 16 14 .467
2013 .984 84 515 42 9 6 2 60 46 14 .233
2014 .997 97 608 57 2 7 2 65 48 17 .262
2015 .995 136 890 72 5 14 3 73 50 23 .315
2016 .996 106 640 59 3 8 6
通算 .993 526 3116 282 23 44 16 233 162 71 .305
  • 2016年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
その他記録

背番号[編集]

  • 52 (2009年 - )

登場曲[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ヤクルト - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2016年12月7日閲覧。
  2. ^ a b c 2009年1月27日公式サイト「ルーキーの素顔★中村選手、日高投手、新田選手編」2009年7月26日閲覧。
  3. ^ a b SponichiAnnex「NPB選手名鑑(2009年)」
  4. ^ ヤクルト中村選手が母校に恩返し 福井商にピッチングマシン - ウェイバックマシン(2009年4月18日アーカイブ分) - 中日新聞(2009年4月2日)
  5. ^ 【ヤクルト】1年生捕手の中村を監督絶賛 - 日刊スポーツ 2009年10月12日閲覧。
  6. ^ 東京ヤクルトスワローズ公式サイト2010年春季キャンプ参加メンバー”. 2010年1月24日閲覧。[リンク切れ]
  7. ^ YoungPower『週刊ベースボール』2012年2月6日号、ベースボール・マガジン社、2012年、雑誌20444-2/6, 58-59頁。
  8. ^ 侍ジャパンマッチ2012 日本代表メンバー NPB公式サイト (2012年11月6日) 2015年4月14日閲覧
  9. ^ 日本代表メンバー NPB公式サイト (2012年11月6日) 2015年4月14日閲覧
  10. ^ セ監督推薦喜びの声 ヤク中村「160キロを体感したい」スポーツニッポン 2014年7月4日付記事
  11. ^ トップチーム第一次候補選手発表!11月に行われる「WBSC世界野球プレミア12」へ向けて65名が名を連ねる 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年7月16日) 2015年8月4日閲覧
  12. ^ 「WBSC プレミア12」侍ジャパントップチーム最終ロースター28名発表!! 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年10月9日) 2015年10月9日閲覧
  13. ^ 3月開催の侍ジャパン強化試合、出場26選手発表! 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2016年2月15日) 2016年2月17日閲覧
  14. ^ ヤクルト爆勝10得点!相川代役“ムーチョ”中村打った”. スポニチ Sponichi Annex (2012年4月15日). 2012年8月2日閲覧。
  15. ^ 『報知高校野球』による。
  16. ^ 2008年8月8日「デイリースポーツ」による。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]