藤沢公也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
藤沢 公也
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛媛県西宇和郡伊方町
生年月日 (1951-11-29) 1951年11月29日(65歳)
身長
体重
174 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1977年 ドラフト1位
初出場 1979年4月7日
最終出場 1984年8月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

藤沢 公也(ふじさわ きみや、1951年11月29日 - )は、愛媛県西宇和郡伊方町出身の元プロ野球選手投手)。大分県北海部郡佐賀関町(現:大分市)生まれ。

経歴[編集]

八幡浜高校では2年生の時、エースとして1968年秋季四国大会に進むが、1回戦で丸亀商井原慎一朗と投げ合い、延長14回の接戦で惜敗した。1969年夏の甲子園県予選では準決勝に進出するが、井上明谷岡潔のいた松山商に敗退。松山商は甲子園で全国制覇を果たす[1]

同年にロッテオリオンズからドラフト3位指名されるが、指名を拒否して社会人野球の日鉱佐賀関に入団。1975年から、他チームへの補強も含め4年連続で都市対抗に出場。日鉱佐賀関チームとしては1976年に準々決勝に進出、1977年大会では3勝をあげ、準決勝まで進むが神戸製鋼に敗れた。また1976年の日本選手権でも決勝に進出するが、新日鉄名古屋水谷啓昭と投げ合い0-1で敗退。この大会の敢闘賞を獲得している。

プロからの誘いは続き、1971年ヤクルトアトムズからドラフト11位指名を受けるが、これも拒否。さらに2年後の1973年には近鉄バファローズからドラフト4位指名を受けるが、またも拒否。

1976年日本ハムファイターズからドラフト2位指名を受け、一旦は入団を受諾するが、球団から契約金の値下げを申し入れられ、「誠意がない」と反発。一転して入団拒否となった。翌1977年中日ドラゴンズからドラフト1位指名を受け、1978年オフ(同年ドラフト会議前)に入団。ドラフト5回指名と4回入団拒否は日本プロ野球史上最多である[2]

社会人時代は本格派と呼ばれ、スライダーカーブ主体の投球であったが、キャンプでドラフト同期(入団は1年早い)の小松辰雄の投球を見て速球に自信を失う。藤沢は、この時を振り返って「小松の球を見て愕然とした。あんな速い球を投げてもほとんど一軍に呼ばれない(1978年の小松の一軍登板は2試合)のなら、プロはものすごいところだと思った。最初からわかっていたらプロ入りしなかったですよ」と語っている。しかし、投手コーチの稲尾和久の指導によってマスターしたパームボール(のちに中日スポーツのインタビューで、このボールはパームボールではなくチェンジアップであったと語る)を駆使するなど技巧派に転向し、1979年に13勝を挙げ新人王に輝いた。その後は相手球団の徹底マークなどで低迷し、2年目の1980年には1勝15敗を記録。1982年日本シリーズでは第2戦に登板。1984年に引退。

引退後は運輸会社に勤務。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1979 中日 33 28 3 2 1 13 5 0 -- .722 766 185.1 158 15 69 2 4 129 2 1 64 58 2.82 1.22
1980 27 18 1 0 0 1 15 0 -- .063 497 111.1 128 14 39 2 4 53 5 2 73 65 5.25 1.50
1981 17 10 1 0 0 4 4 0 -- .500 248 56.1 66 11 21 1 6 24 0 0 37 31 4.95 1.54
1982 28 11 1 1 0 4 5 1 -- .444 313 77.1 70 7 23 1 1 45 2 0 33 30 3.49 1.20
1983 34 6 0 0 0 3 4 0 -- .429 286 62.1 72 10 27 3 4 35 4 2 49 46 6.64 1.59
1984 24 1 0 0 0 2 2 0 -- .500 176 39.1 42 3 18 2 1 30 0 0 21 20 4.58 1.53
通算:6年 163 74 6 3 1 27 35 1 -- .435 2286 532.0 536 60 197 11 20 316 13 5 277 250 4.23 1.38
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 19 (1979年 - 1984年)

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 断固拒否!ドラフト指名されても素直に入団しなかった男たち スポーツニッポン、2015年10月22日(2016年6月7日閲覧)。

関連項目[編集]