山田龍聖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山田 龍聖
読売ジャイアンツ #28
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 富山県氷見市
生年月日 (2000-09-07) 2000年9月7日(21歳)
身長
体重
183 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2021年 ドラフト2位
年俸 1200万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

山田 龍聖(やまだ りゅうせい、2000年9月7日 - )は、富山県氷見市出身のプロ野球選手投手)。左投左打。読売ジャイアンツ所属。

経歴[編集]

氷見市立窪小学校4年生のときに窪スポーツ少年団に入り軟式野球を始め[2]氷見市立西條中学校では軟式野球部でエースと4番を務めた[3]

富山県立高岡商業高等学校に進学し、1年秋からベンチ入り。2年春に出場した第89回選抜高等学校野球大会では登板がなく、チームも初戦敗退した[4]。同年夏の第99回全国高等学校野球選手権大会にも出場し、東海大菅生との初戦(2回戦)で3点リードされた8回表から救援登板したが、1回1/3で6失点と乱れ、チームも敗れた[5]。 3年夏の第100回全国高等学校野球選手権記念大会にエースとして出場。春季大会から富山県予選までは絶不調だったが、甲子園出場を決めてから一回戦までの短期間に、臨時コーチで同校OBの干場崇永と投球フォームを修正して本大会に臨んだ[6]佐賀商業との1回戦で7回1失点の好投で勝利投手となり、佐久長聖との2回戦では4失点完投勝利した[7]。 3回戦では藤原恭大根尾昂らを擁する大阪桐蔭と対戦。敗れたものの後にこの大会で優勝を果たす相手に対し8回3失点、11奪三振と好投した[8]。 大会後に行われた第12回 BFA U-18アジア選手権大会の日本代表に選出され、ファーストラウンドのスリランカ戦に登坂した。

卒業後はJR東日本に入社。3年目の2021年に最速153km/hを記録するなど急成長し、注目を集めるようになる[9]。9月23日に行われた第92回都市対抗野球大会予選の東京第1代表決定トーナメント1回戦では10球団のスカウトが視察に訪れる中、東京ガスを相手に8回途中2失点と好投したが、援護がなく敗れた[9]

10月11日に行われたプロ野球ドラフト会議にて読売ジャイアンツから2位指名を受けた。指名を受けた瞬間は明治神宮野球場にてセガサミーとの都市対抗東京第3代表決定戦を戦っている最中であった。指名を受けたことは試合中に監督から聞いたという。山田は9回から登板し延長15回まで無安打の好投を見せるも、10イニング目となった18回に本塁打を許しチームは敗れた[10]。翌日に行われた明治安田生命との東京第4代表決定戦においても8回から登板し延長10回までの3回無失点を抑え、チームの本大会出場に貢献した[11]都市対抗野球では、初戦のHonda熊本に先発登板。7回2/3を7安打10奪三振3失点で降板し、敗戦投手となった[12]。12月7日には、契約金7500万円、年俸1200万円で契約した(金額は推定)[1]。背番号は28[13]

選手としての特徴[編集]

最速153km/hの直球スライダーが武器[14]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 28(2022年 - )

登場曲[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “2位山田と契約 プロ野球・巨人”. 時事通信. (2021年12月8日). https://www.jiji.com/sp/article?k=2021120801269&g=spo 2021年12月9日閲覧。 
  2. ^ 山田投手 1軍活躍誓う 巨人入団決定 氷見市長を訪問” (日本語). 中日新聞 (2021年12月31日). 2022年4月27日閲覧。
  3. ^ 高岡商、大差敗戦に涙「全国レベルの高さ知れた」” (日本語). サンスポ (2021年10月12日). 2022年4月27日閲覧。
  4. ^ 盛岡大付強打で逆転サヨナラ 東北勢に勝利のバトン” (日本語). 日刊スポーツ (2017年3月21日). 2021年10月6日閲覧。
  5. ^ 高岡商、大差敗戦に涙「全国レベルの高さ知れた」” (日本語). 日刊スポーツ (2017年8月14日). 2021年10月6日閲覧。
  6. ^ 高岡商エース「投げたくない」克服、大阪桐蔭に臆せず” (日本語). 朝日新聞 (2018年8月17日). 2021年11月2日閲覧。
  7. ^ 高岡商 31年ぶり16強 佐久長聖の追い上げかわす エース山田147球完投” (日本語). スポニチ Sponichi Annex (2018年8月13日). 2021年10月6日閲覧。
  8. ^ 高岡商・山田「ベストピッチ」大阪桐蔭から11K” (日本語). 日刊スポーツ (2018年8月16日). 2021年10月6日閲覧。
  9. ^ a b 10球団視察 JR東日本153キロ左腕・山田龍聖ドラフト上位候補に浮上” (日本語). 日刊スポーツ (2021年9月23日). 2021年10月6日閲覧。
  10. ^ 試合中に巨人2位指名JR東日本・山田龍聖敗れる「詰め甘く」5時間激戦も”. 日刊スポーツ (2021年10月12日). 2021年10月12日閲覧。
  11. ^ 巨人2位のJR東日本・山田龍聖「勝ててホッと」12年連続都市対抗出場”. 日刊スポーツ (2021年10月12日). 2021年10月14日閲覧。
  12. ^ 巨人2位のJR東日本・山田龍聖、原辰徳監督が見守る中10奪三振” (2021年11月29日). 2021年12月9日閲覧。
  13. ^ “巨人が新入団17選手お披露目 ドラ1大勢は「15」、ドラ2山田は「28」…背番号も発表”. Full-Count. (2021年12月8日). https://full-count.jp/2021/12/08/post1165118/ 2021年12月9日閲覧。 
  14. ^ プロ野球ドラフト会議” (日本語). 日刊スポーツ. 2022年1月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]