市川悠太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼東京ヤクルトスワローズ時代の画像提供をお願いします。2022年6月
市川 悠太
東京ヤクルトスワローズ #40
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 高知県高知市
生年月日 (2001-03-29) 2001年3月29日(21歳)
身長
体重
184 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2018年 ドラフト3位
初出場 2022年7月1日
年俸 570万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

市川 悠太(いちかわ ゆうた、2001年3月29日 - )は、高知県高知市出身[2]プロ野球選手投手)。右投右打。東京ヤクルトスワローズ所属。

経歴[編集]

高知市立潮江中学校から明徳義塾高等学校に進学。2年生の春夏、3年生春と3季連続で甲子園に出場。2年生秋には秋季四国大会第48回明治神宮野球大会でエースとして全試合完投して両大会で優勝した。

2018年のドラフト会議東京ヤクルトスワローズから3位で指名を受け[3]、契約金5000万円、年俸580万円という条件で入団した[2]

プロ入り後[編集]

2019年は二軍で登板を重ね、18試合に登板し1勝0敗、防御率2.79の成績を残した[4]

2020年も一軍登板はなかった。

2021年も一軍登板は無かった。

2022年7月1日の横浜DeNAベイスターズ戦でプロ初登板し、1回1失点(一塁手野選による失点)だった[5]

選手としての特徴[編集]

サイドハンドから最速 149km/hのストレートを投じる[6]。変化球はスライダーとシュートを投じる[6]

詳細情報[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 40(2019年 - )

登場曲[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ヤクルト - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年12月11日閲覧。
  2. ^ a b 明徳義塾高・市川悠太投手 高知市のホテルでヤクルトと仮契約”. -高知新聞 (2018年11月16日). 2020年9月4日閲覧。
  3. ^ 明徳義塾・市川はヤクルト3位指名 先輩古賀と「明徳バッテリーでやりたい」” (日本語). デイリースポーツ online. 2021年6月3日閲覧。
  4. ^ 奪三振率10.24の市川悠太、一軍経験した濱田太貴に期待!ヤクルトの高卒ルーキーの1年目を振り返る”. 高校野球ドットコム (2019年12月10日). 2021年12月3日閲覧。
  5. ^ 【ヤクルト】市川悠太プロ初登板は1回1失点 明徳義塾出身4年目サイド右腕” (日本語). スポーツ報知 (2022年7月1日). 2022年7月13日閲覧。
  6. ^ a b “第756回 復活傾向の市川悠太(明徳義塾)自身の野球人生をかけ、強気勝負で駆け上がる”. 高校野球ドットコム. (2018年9月4日). https://www.hb-nippon.com/interview/1797-intvw2018/7318-20180904no756 2021年2月11日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]