佐久長聖中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
佐久長聖中学校・高等学校
Saku Chosei Junior & Senior High School.JPG
過去の名称 佐久高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人聖啓学園
(学校法人信学会グループ)
設立年月日 1964年(昭和39年)
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース 類型別I類・II類・III類
高校コード 20516J
所在地 385-8588
長野県佐久市岩村田3638(中学校)
北緯36度17分2秒東経138度29分5秒
長野県佐久市岩村田951(高等学校)
北緯36度16分36秒東経138度28分22秒
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

佐久長聖中学校・高等学校は、長野県佐久市岩村田に所在する私立中学校高等学校。旧名「佐久高等学校」。略称は「佐久長聖」もしくは「長聖」。全国私立寮制学校協議加盟・参加校。

概要[編集]

類型別授業を行う。類はI類(進学)、Ⅱ類(主にスポーツ)、Ⅲ類(中高一貫課程)の3種類がある。

夏の甲子園へ7回(1994年1995年1998年2002年2012年2014年2016年)、センバツへ1回(1997年)出場している。 全国高等学校駅伝競走大会へは1998年の第49回大会から20大会連続出場中、2008年第59回大会と2017年第68回大会で優勝している。 女子バスケットボールではウィンターカップへ13回、インターハイへ12回出場している。

大学進学で高い実績をもち、I類生とIII類生を中心に東京大学京都大学をはじめとする難関国立大学や、早稲田大学慶応義塾大学などの難関私立大学に生徒を送り出している。医学部進学者も多い。[1] 長野県では初めて、タブレット型コンピュータを使った情報の授業や、高校では珍しい校内ネットワークを使った教育が行われている。それに伴い、学校及び寮でWi-Fiが利用できる。

文化祭は「聖祭(ひじりさい)」と称し、毎年6月頃に行われる。小規模ながらミスコンや学生によるライブなども行われ、当日は大いに賑わう。

平成29年度より、カリフォルニア州立マーセッドカレッジとパートナーシップ協定を結ぶ。新校舎にはエレベーターも設置されバリアフリー化がなされている他、全館冷房と床暖房を備える。

校風[編集]

基本的に生徒は制服を着用して登校するが、月に数回私服登校日(カジュアルデー)が設定されており、その日は私服や自己表現の強い服装での登校が許されている。

校内には多くの自動販売機を設置しており、ソフトドリンク、パンなどが購入できる。なおパンについては近隣のパン屋が昼休みに売りに来る。

近年の高校としては珍しく*学食があり(寮があるため)、生徒は寮生でなくても学食で昼食をとることができる。

中学入学時には春季課題として香山リカの『10代のうちに考えておくこと』を読まされる。

中学と高校で海外研修プログラムが用意されており、アメリカ合衆国カナダへホームステイすることができる。

[編集]

約半数の生徒が入寮する。寮は学校生活の延長線上にあると位置付けられており、「館」と呼ばれる。 男子学習寮の聖徳館、男子運動部寮の聖修館、女子寮の聖心館、駅伝部用の聖徳館南館の4つの寮がある。館では夜に学習会が設けられていて、毎晩学習に取り組むことになっている。

中学校の方は最低1年は入館が義務付けられている(ただし地元生の場合はこの限りでない)。

沿革[編集]

  • 1964年昭和39年) - 佐久高等学校として開校。
  • 1971年(昭和46年) - 木造校舎から鉄筋コンクリート校舎へ。
  • 1995年平成7年) - 佐久長聖中学校を設置し、中高一貫教育を開始。佐久長聖高等学校へ改称。中高一貫校となる。
  • 2017年(平成29年) - 新校舎完成予定。

教育目標[編集]

  • 教育は愛と情熱という教育方針のもと、一人ひとりが文武両道の中で最高の夢の実現をめざす。
  • 「知育」「美育」「気育」「体育」「徳育」が一体となった全人教育を目標とする。
  • 豊かな人間性を育み、高い志をもった人材の育成を指針とする。

最寄駅[編集]

出身者[編集]

 佐久長聖高等学校の出身者

脚注[編集]

  1. ^ http://www.chosei-sj.ac.jp/佐久長聖中学・高等学校

関連項目[編集]

外部リンク[編集]