佐久長聖中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐久長聖中学校・高等学校
Saku Chosei Junior & Senior High School.JPG
過去の名称 佐久高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人聖啓学園
設立年月日 1964年(昭和39年)
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース 類型別I類・II類・III類
高校コード 20516J
所在地 385-8588
長野県佐久市岩村田3638(中学校)
北緯36度17分2秒東経138度29分5秒
長野県佐久市岩村田951(高等学校)
北緯36度16分36秒東経138度28分22秒
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

佐久長聖中学校・高等学校は、長野県佐久市岩村田に所在する私立中学校高等学校。旧名「佐久高等学校」。略称は「佐久長聖」もしくは「長聖」。全国私立寮制学校協議加盟・参加校。

概要[編集]

類型別授業を行う。類はI類(進学)、Ⅱ類(主にスポーツ)、Ⅲ類(中高一貫課程)の3種類がある。

夏の甲子園へ7回(1994年1995年1998年2002年2012年2014年2016年)、センバツへ1回(1997年)出場している。 全国高等学校駅伝競走大会へは1998年の第49回大会から13大会連続出場中、2008年第59回大会で優勝している。 女子バスケットボールではウィンターカップへ13回、インターハイへ12回出場している。

大学進学で高い実績をもち、I類生とIII類生を中心に東京大学京都大学をはじめとする難関国立大学や、早稲田大学慶応義塾大学などの難関私立大学に生徒を送り出している。医学部進学者も多い。[1] 長野県では初めて、タブレット型コンピュータを使った情報の授業や、高校では珍しい校内ネットワークを使った教育が行われている。それに伴い、学校及び寮でWi-Fiが利用できる。

文化祭は「聖祭(ひじりさい)」と称し、毎年6月頃に行われる。小規模ながらミスコンや学生によるライブなども行われ、当日は大いに賑わう。

平成29年度より、カリフォルニア州立マーセッドカレッジとパートナーシップ協定を結ぶ。新校舎にはエレベーターも設置されバリアフリー化がなされている他、全館冷房と床暖房を備える。

旧名『佐久高校』時代は偏差値の大変低い高校であったが市川雅朗により改革が成され現在の進学校へとなった。進学校になった現在、県内の進学校ランキングでは長野高校、松本高校、野沢北高校に継ぎ軽井沢高校と4位争いをしている(一度だけ県内2位に躍り出たことがある)。

校風[編集]

基本的に生徒は制服を着用して登校するが、月に数回私服登校日(カジュアルデー)が設定されており、その日は私服や自己表現の強い服装での登校が許されている。

校内には多くの自動販売機を設置しており、ソフトドリンク、パンなどが購入できる。なおパンについては近隣のパン屋が昼休みに売りに来る。

近年の高校としては珍しく*学食があり(寮があるため)、生徒は寮生でなくても学食で昼食をとることができる。

生徒のアクティブラーニングを推進するため、アクティブラーニングルームを設置している。

近隣住民からの評価は寮制と言う事もあり、良くも悪くも不明である。一方、近所の本屋などでは漫画の立ち読みなどの苦情が絶えない。

また、生徒同士ではI類(進学)、Ⅱ類(主にスポーツ)、Ⅲ類(中高一貫課程)の中は険悪であり、寮生は昼食をⅡ類生と共にしなければならないので時折、Ⅱ類生からの暴行沙汰が発生する。ただし、その様な行いをする学生は基本的には野球部の二軍生徒である。

野球部は毎年、地方大会優勝候補校であるため、決勝に進む事が多い。決勝に進むと進学校であるにも関わらず一部授業は中断され学食のテレビにて応援を強制される事もある。

中学入学時には春季課題として香山リカの『10代のうちに考えておくこと』を読まされる。

中学、高校では修学旅行としてカナダバンクーバ旅行が行われる(中高どちらか一回)。このバンクーバ旅行は現理事長のイチカワドイル徳恵と『「原罪」としてのナショナリズム: 韓国・日本・カナダで見えてきたもの』の作者である在加韓国人の金昇俊により企画されるものである。

[編集]

約半数の生徒が入寮する。寮は学校生活の延長線上にあると位置付けられており、「館」と呼ばれる。 男子学習寮の聖徳館、男子運動部寮の聖修館、女子寮の聖心館、駅伝部用の聖徳館南館の4つの寮がある。館では夜に学習会が設けられていて、毎晩学習に取り組むことになっている。

中学校の方は最低1年は入館が義務付けられている(ただし地元生の場合はこの限りでない)。中学効創2年目までは男女共同の寮であったが、女子生徒の妊娠が発覚し(当該生徒は男女共に退学)それ以降、男女別へと改善された。

中高ともに寮での風紀は乱れており、毎年脱走者が出る。また、中学では寮内での暴力沙汰や器物破損が跡を絶たない。また、金品などの窃盗事件もたびたび起きており、2009年には警察による立ち入り捜査も行われた。この件は、通常この手の事件は校内で解決、揉み消しているので警察の介入は無いのだが、被害者生徒の両親がそれに憤慨し被害届を出した為、介入に至った。これ以外にも年に数十数回程度、暴行や器物破損が発生しているのも関わらず処分は反省文に留まる。

高校の寮では中学に比べそのような事は減るものの、高校から入って来た層とゴルフ部(ゴルフ部は中学だが聖徳館で暮らす)による器物破損が後を絶たない。

不祥事[編集]

2011年に野球部内でいじめが発覚し、中村良隆監督(69)が引責辞任した。野球部は5月中旬から下級生部員によるいじめがあり、7月18日の全国選手権長野大会4回戦の後に発覚。学校側は20日に県高野連に報告、「対外試合禁止」相当と判断されたが、当該部員がメンバー外だったため、特例として23日の準々決勝に臨んだ。中村監督は小諸商に敗れた後に辞表を提出していた。また、該当生徒はその後、退学となり、同市内の地球環境高校へと転校をし、甲子園春大会に出場をしている。

沿革[編集]

  • 1964年昭和39年) - 佐久高等学校として開校。
  • 1971年昭和46年) - 木造校舎から鉄筋コンクリート校舎へ。
  • 1995年平成7年) - 佐久長聖中学校を設置し、中高一貫教育を開始。佐久長聖高等学校へ改称。中高一貫校となる。
  • 2017年平成29年) - 新校舎完成予定。

教育目標[編集]

  • 教育は愛と情熱という教育方針のもと、一人ひとりが文武両道の中で最高の夢の実現をめざす。
  • 「知育」「美育」「気育」「体育」「徳育」が一体となった全人教育を目標とする。
  • 豊かな人間性を育み、高い志をもった人材の育成を指針とする。

最寄駅[編集]

東日本旅客鉄道小海線岩村田駅(徒歩5分)

東日本旅客鉄道北陸新幹線 : 佐久平駅(徒歩10分)

出身者[編集]

佐久長聖高校

  • 今井裕介 トリノオリンピック(スピードスケート)出場、競輪選手
  • 島田秀平 お笑い芸人(元号泣)
  • 小林アナ お笑い芸人
  • 遠藤孝 草軽交通社長
  • 佐藤清治 元陸上競技選手(中距離種目、800m元日本高校記録保持者、1500m日本高校記録・ジュニア日本記録保持者、5000m元日本高校記録保持者)
  • 高見澤勝 元陸上競技選手(長距離種目、2008年北海道マラソン優勝)、現・陸上競技部監督
  • 上野裕一郎 陸上競技選手(長距離種目、10000m元日本高校最高記録保持者)
  • 佐藤悠基 陸上競技選手(長距離種目、ロンドンオリンピック出場、5000mジュニア日本記録保持者、10000m日本高校最高記録保持者)
  • 村澤明伸 陸上競技選手(長距離種目)
  • 大迫傑 陸上競技選手(長距離種目)
  • 關颯人 陸上競技選手 (長距離種目)
  • 上原龍 競輪選手
  • 小澤瑶生 プロボクサー
  • 松澤希美 バスケットボール選手
  • 菊池彩花 ソチオリンピック(スピードスケート)出場
  • 中嶋敬春 ソルトレイクシティオリンピック、トリノオリンピック(スピードスケート)出場

脚注[編集]

  1. ^ http://www.chosei-sj.ac.jp/佐久長聖中学・高等学校

関連項目[編集]

外部リンク[編集]