佐久長聖中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
佐久長聖中学校・高等学校
北緯36度17分2秒 東経138度29分5秒 / 北緯36.28389度 東経138.48472度 / 36.28389; 138.48472座標: 北緯36度17分2秒 東経138度29分5秒 / 北緯36.28389度 東経138.48472度 / 36.28389; 138.48472
過去の名称 佐久高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人聖啓学園
(学校法人信学会グループ)
設立年月日 1964年(昭和39年)
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース 類型別
I類・II類・III類
高校コード 20516J
所在地 385-8588
長野県佐久市岩村田3638番地(中学校)
長野県佐久市岩村田951番地(高等学校)
外部リンク 公式ウェブサイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

佐久長聖中学校・高等学校(さくちょうせいちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、長野県佐久市岩村田に所在する私立中学校高等学校。旧名「佐久高等学校」。略称は「佐久長聖」もしくは「長聖」。

全国私立寮制学校協議加盟・参加校。

概要[編集]

1991年から『東大・京大・甲子園』をスローガンに掲げ、1995年に長野県内で初めて中高一貫教育を始めた。駅伝部やスケート部の全国優勝や野球部の甲子園春夏10回出場の実績がある。

教育課程はI類(進学)、II類(主にスポーツ)、中高一貫課程(以前はⅢ類と呼ばれていた)の3種類があり、類型別に授業を行う。特に英語学習に力を入れており、通常の授業の他に、海外の現地講師とのオンライン授業を実施、さらにコロナ蔓延前の2019年までは海外の大学生をインターンシップとして迎えていて、再開の時期は不明。2017年度にはカリフォルニア州立マーセッドカレッジとパートナーシップ協定を結んだ。

また、長野県では初めて、タブレット型コンピュータを使った情報の授業や、高校では珍しい校内ネットワークを使った教育が行われている。それに伴い、学校及び寮でWi-Fiが利用できる。

文化祭は「聖祭(ひじりさい)」と称し、毎年6月頃に行われる。

校舎にはエレベーターも設置されバリアフリー化がなされている他、全館冷房と床暖房を備える。


2022年度から教育理念を「礼節・忍耐・誠実」から「自由と愛」に変更した。

なお、2023年4月1日、佐久長聖中学校・高等学校を運営する学校法人聖啓学園は、学校法人長野家政学園と合併して学校法人長聖となることが発表されている[1]

教育目標[編集]

  • 教育は愛と情熱という教育方針のもと、一人ひとりが文武両道の中で最高の夢の実現をめざす。
  • 「知育」「美育」「気育」「体育」「徳育」が一体となった全人教育を目標とする。
  • 豊かな人間性を育み、高い志をもった人材の育成を指針とする。

校風[編集]

基本的に生徒は制服を着用して登校するが、月に数回(中学は1回 高校は2回が基本)私服登校日(カジュアルデー)が設定されており、その日は私服や自己表現の強い服装での登校が許されている。

中学入学時には春季課題として清水真砂子の『大人になるっておもしろい?』を必読する。

中学と高校で海外研修プログラムが用意されており、金昇俊による主導でアメリカ合衆国カナダへホームステイが実施される。

近年の高校としては珍しく学食があり(寮があるため)、生徒は寮生でなくても学食で昼食をとることができる。また、高校校内には多くの自動販売機を設置しており、ソフトドリンク、パンなどが購入できる。なお、パンについては近隣のパン屋が昼休みに販売に来る。

[編集]

約半数の生徒が入寮する。寮は学校生活の延長線上にあると位置付けられており、「館」と呼ばれる。男子学習寮の聖徳館、男子運動部寮の聖修館、女子寮の聖心館、駅伝部用の聖徳館南館の4つの寮がある。館では夜に学習会が設けられていて、毎晩学習に取り組むことになっている。中学校には聖朋館があり、希望者が入寮可能となっている。生活サイクルは高校と同様。

沿革[編集]

  • 1964年昭和39年) - 学校法人佐久学園により佐久高等学校として開校。
  • 1971年(昭和46年) - 木造校舎から鉄筋コンクリート校舎へ。
  • 1995年平成7年) - 佐久長聖中学校を設置し、中高一貫教育を開始。佐久長聖高等学校へ改称。中高一貫校となる。
  • 2004年(平成16年) - 学校法人佐久学園から学校法人聖啓学園に移管。
  • 2017年(平成29年) - 新校舎完成。

部活動[編集]

野球部は夏の甲子園へ9回、センバツへ1回出場している。1994年夏の甲子園ベスト4が最高成績。2018年第100回記念大会では甲子園史上初の延長タイブレークを制した[2][3][4]。野球部監督[5][6]とコーチがPL学園出身であり、休部となったPL学園野球部のオリジナル応援曲[7]「ウイニング」「ヴィクトリー」の楽譜一式を正式にPL学園から同校の吹奏楽部が引き継ぎ、伝統を継承している[8][9][10]

駅伝部は師走の都大路(京都市)を舞台に開催される全国高校駅伝へ長野県代表として1998年の第49回大会から24大会連続出場中。2008年第59回大会と2017年第68回大会で2回全国優勝している[11][12][13]準優勝は4回。入賞は21回。駅伝部OBの多くが箱根駅伝ニューイヤー駅伝天皇盃全国都道府県駅伝世界陸上選手権五輪などで活躍している。マラソン日本記録前保持者で2020年東京オリンピック日本代表の大迫傑も駅伝部OBのひとり[14][15]

スケート部はインターハイ総合優勝を5回達成しており、ISUスピードスケートW杯世界距離別選手権五輪の日本代表選手を多数輩出している。OGの菊池彩花2018年平昌オリンピックで金メダルを獲得した(チームパシュート[16][17]

女子バスケットボール部はウィンターカップへ14回、インターハイへ12回出場している。

駅伝部・陸上部・野球部・男子バスケットボール部・女子バスケットボール部・柔道部・剣道部・スケート部・水球部・ゴルフ部・女子サッカー部・吹奏楽部は強化指定部に指定されている。

アクセス[編集]

著名な出身者[編集]

陸上競技[編集]

スケート[編集]

バスケットボール[編集]

スポーツその他[編集]

芸能[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 聖啓学園と長野家政学園が合併 24年に新学校 日本経済新聞(2022年5月2日)
  2. ^ “甲子園で初タイブレーク!100回目の夏に佐久長聖が歴史的1勝” (日本語). SANSPO.COM(サンスポ). https://www.sanspo.com/article/20180807-QFHW3E3TGBJUXA3F62EAZBLYTQ/ 2018年8月10日閲覧。 
  3. ^ 甲子園で史上初のタイブレーク 佐久長聖が旭川大を破る:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年8月23日閲覧。
  4. ^ 佐久長聖初のタイブレーク制す「選手たちがカバー」 - 夏の甲子園 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年8月23日閲覧。
  5. ^ 佐久長聖と松阪に、名将あり――。甲子園初戦で散った“隠れた名監督”。(氏原英明)” (日本語). Number Web - ナンバー. 2020年8月23日閲覧。
  6. ^ 佐久長聖「藤原お疲れさま」裏通路で響く恩師の声 - 野球の国から 高校野球編 - 野球コラム : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年8月23日閲覧。
  7. ^ 【柳沢慎吾のひとり甲子園】㉚ PL学園「ウイニング」 - YouTube”. www.youtube.com. 2020年8月23日閲覧。
  8. ^ PL伝説彩った名曲、オリジナル楽譜引き継ぐ 佐久長聖:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年8月23日閲覧。
  9. ^ 【高校野球2016夏】甲子園に鳴り響いたPL学園の応援曲、佐久長聖が伝統を継承” (日本語). CYCLE やわらかスポーツ情報サイト. 2020年8月23日閲覧。
  10. ^ PL学園の名曲「ウイニング」と「ヴィクトリー」、甲子園に再び!──ブラバン甲子園「本日のアルプススタンド_番外編」” (日本語). GQ JAPAN. 2020年8月23日閲覧。
  11. ^ 佐久長聖が9年ぶり2度目V 全国高校男子駅伝詳細 - 高校駅伝 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年8月23日閲覧。
  12. ^ 高校駅伝:「全員駅伝」で復活遂げた佐久長聖 男子優勝” (日本語). 毎日新聞. 2020年8月23日閲覧。
  13. ^ 全国高校駅伝、男子は佐久長聖が9年ぶり2度目の優勝(写真=共同)” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年8月23日閲覧。
  14. ^ 大迫 傑:チームJAPAN” (日本語). 日本陸上競技連盟公式サイト. 2020年8月23日閲覧。
  15. ^ 大迫 中学生にアドバイス 進路は「最終的には自分で決めることが大事」(デイリースポーツ)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年9月6日閲覧。
  16. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2018年2月22日). “【平昌五輪】菊池彩花、「諦めない選択」でけが乗り越え、結実のメダル” (日本語). 産経ニュース. 2020年8月23日閲覧。
  17. ^ 高木姉妹・佐藤綾乃・菊池彩花に金メダル 涙ぐむ場面も:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年8月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]