宮崎県立小林高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宮崎県立小林高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 宮崎県の旗 宮崎県
併合学校 宮崎県立小林中学校
宮崎県立小林高等女学校
校訓 立志鍛練
設立年月日 1921年(大正10年)5月1日
創立記念日 4月26日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
設置学科 普通科
学科内専門コース 体育コース
探究科学コース
高校コード 45136D
所在地 886-8505 
宮崎県小林市真方124番地
北緯31度59分54.4秒東経130度58分25.0秒
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

宮崎県立小林高等学校(みやざきけんりつ こばやしこうとうがっこう)は、宮崎県小林市真方にある県立高等学校。通称は「コバ高」。

概要[編集]

歴史
1919年大正8年)創立の高等女学校1921年(大正10年)創立の旧制中学校を前身とする。1948年昭和23年)の学制改革により以上2校が統合され新制高等学校として発足。旧制中学校の開校年を創立年としており、2016年平成28年)に創立95周年を迎える。
設置課程・学科
全日制課程 普通科
  • 普通コース
  • 体育コース(1学級)
  • 探究科学コース(1学級)
校訓
「立志鍛練」
校章
を3本、「小」の文字になるように並べ、中央に「高」の文字を置いている。
校歌
作詞は黒木和雄、作曲は園山民平による。歌詞は3番まであり、歌詞中に校名は登場しない。歌詞は作詞者の黒木和雄が在学中に作詞したもの。
学習
大量のプリントによる課題学習[1]を特色としている。

沿革・歴史[編集]

旧制中学校(男子校)時代
  • 1921年(大正10年)
    • 4月1日 - 「宮崎県立小林中学校」が開校。入学資格を尋常小学校を卒業した12歳以上の男子、修業年限を5年(現在の中1から高2に相当)とする。
    • 4月12日 - 授業を開始。
    • 5月1日 - 開校式を挙行。この日を設立記念日とする。
  • 1941年(昭和16年)4月1日 - 国民学校令の施行により、入学資格が国民学校初等科を卒業した12歳以上の男子に改められる。
  • 1943年(昭和18年)4月1日 - 中等学校令の施行により、この時の入学生から修業年限が4年(現在の中1から高1に相当)となる。
  • 1944年(昭和19年)4月1日 - 教育ニ関スル戦時非常措置方策により、中等学校令施行前に入学した生徒(この時の新4年生から)にも修業年限4年が適用されることとなる。
  • 1946年(昭和21年)4月1日 - 修業年限が5年となる(ただし4年修了時点で卒業することもできた)。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革(六・三制の実施)が行われる。
    • 旧制中学校の募集を停止。
    • 新制中学校を併設し(以下・併設中学校)、旧制中学校1・2年修了者を併設中学校2・3年生として収容。
    • 併設中学校は経過措置としてあくまで暫定的に設置されたため、新たに生徒募集は行われず、在校生が2・3年生のみの中学校であった。
    • 旧制中学校3・4年修了者はそのまま旧制中学校4・5年生となった(ただし4年修了時点で卒業することもできた)。
  • 1948年(昭和23年)3月31日 - 学制改革により閉校。
旧制高等女学校時代
  • 1919年(大正8年)6月18日 - 「小林町立実科高等女学校」が開校。
  • 1924年(大正13年)4月1日 - 県立移管により「宮崎県立小林高等女学校」に改称(「実科」が取り除かれる)。
  • 1946年(昭和21年)4月1日 - 修業年限が5年となる(ただし4年修了時点で卒業することもできた)。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革(六・三制の実施)が行われる。
    • 旧制中学校の募集を停止。
    • 新制中学校を併設し(以下・併設中学校)、高等女学校1・2年修了者を併設中学校2・3年生として収容。
    • 高等女学校は経過措置としてあくまで暫定的に設置されたため、新たに生徒募集は行われず、在校生が2・3年生のみの中学校であった。
    • 高等女学校3・4年修了者はそのまま高等女学校4・5年生となった(ただし4年修了時点で卒業することもできた)。
  • 1948年(昭和23年)3月31日 - 学制改革により閉校。
新制高等学校
  • 1948年(昭和23年)
    • 4月1日 - 学制改革により、以上の旧制中等教育学校2校が統合され、新制高等学校宮崎県立小林高等学校」(現校名)が発足。
      • 通常制(後の全日制課程)普通課程・商業課程・家庭課程を有する総合制の高等学校となった。
      • 旧制中等学校の卒業者(5年修了者)を新制高校3年生、旧制中等学校4年修了者を新制高校2年生、併設中学校卒業者(3年修了者)を新制高校1年生として収容。
      • 旧2校の併設中学校も統合され、「宮崎県立小林高等学校 併設中学校」と称する。在校生が1946年(昭和21年)に旧制中等学校へ入学した3年生のみとなる。
    • 4月26日 - 開校式を挙行。この日を開校記念日とする。
  • 実施年月日不明 - 定時制の野尻分校を設置。
  • 1949年(昭和24年)
    • 3月31日 - 併設中学校を廃止。
    • 7月1日 - 高原分校(定時制農業課程・家庭課程)を設置。
  • 1950年(昭和25年)4月1日 - 高原分校を高原校舎とし、通常制(全日制)農業課程畜産科と家庭課程被服科を設置。
  • 1952年(昭和27年)
  • 1961年(昭和36年)4月1日 - 西校舎(商業科)に宮崎県立小林工業高等学校が併設される。
  • 1962年(昭和37年)5月31日 - 宮崎県立小林工業高等学校の校舎が完成し、併設を解消。
  • 1964年(昭和39年)4月1日 - 商業科が分離し宮崎県立小林商業高等学校として独立。
  • 1977年(昭和52年)4月1日 - 野尻分校を全日制課程の分校とする。
  • 1991年(平成3年)4月1日 - 野尻分校(園芸科)の募集を停止。
  • 1993年(平成5年)3月31日 - 野尻分校を廃止。野尻分校の跡地は現在道の駅ゆ〜ぱるのじりとなっている(2001年(平成13年)開業)。
  • 1995年(平成7年)4月1日 - 普通科に体育コースを設置。
  • 1996年(平成8年)4月1日 - 家政科の募集停止。
  • 1998年(平成10年)3月31日 - 家政科を廃止。
  • 2011年(平成23年)4月1日 - 宮崎県立都城きりしま支援学校小林校の高等部が併設される。
  • 2014年(平成26年)4月1日 - 普通科に探究科学コースを設置。

部活動[編集]

駅伝での活躍は全国的に有名で、男子は全国高校駅伝出場52回(全国1位)、優勝7回(全国2位タイ)、入賞29回(全国2位タイ)の実績を誇り、1967年(昭和42年)から1992年(平成4年)までは26年連続出場を果たし、当時の最長記録を持っていた[2]。かつては世羅中京(現・中京大中京)とともに「高校駅伝御三家」と呼ばれた[3][4]。また、女子も出場17回、入賞2回を記録している[5]。近年ではバスケットボール山岳部も好成績を残している。

また、2012年(平成24年)には野球部が九州大会予選でベスト8に進出し、第85回記念選抜高等学校野球大会21世紀枠候補に選出された。

運動部
文化部

著名な出身者[編集]

芸能
スポーツ
政治
金融
学界
文化
その他

交通[編集]

最寄りの鉄道駅
最寄りのバス停
最寄りの幹線道路

周辺[編集]

  • 小林市役所
  • 小林市立図書館
  • 宮崎県小林土木事務所
  • 小林市立小林小学校
  • 小林市立小林中学校
  • 小林税務署
  • 宮崎地方法務局小林出張所
  • 森永貞一郎記念館
  • 小林簡易裁判所
  • カトリック小林幼稚園
  • 小林市立中央保育所
  • 小林郵便局

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 課題学習
  2. ^ 2004年清風に抜かれ、その清風も2009年に連続出場が途切れて倉敷に抜かれたため、現在は歴代3位タイ
  3. ^ 長岡民男ほか『高校駅伝50年史 - 半世紀、タスキつないで』、出版芸術社、2000年 p.8.
  4. ^ 陸上競技マガジン 2013年2月号 p.169.
  5. ^ 記録は男女とも第64回大会(2013年12月)終了時点
  6. ^ 宮崎日日新聞、2013年1月1日朝刊

関連項目[編集]

外部リンク[編集]