竹山とよ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
竹山とよ子
Toyoko TAKEYAMA
引退
身長(現役時) 172cm (5 ft 8 in)
--
基本情報
本名 竹山とよ子
ラテン文字 Toyoko TAKEYAMA
日本語 竹山とよ子
誕生日 (1961-12-19) 1961年12月19日(57歳)
日本の旗 日本
出身地 宮崎県
ドラフト  

竹山 とよ子(たけやま とよこ、1961年12月19日 - )は、日本の元女子バスケットボール選手である。宮崎県出身。

来歴[編集]

宮崎県立小林高等学校では2年次の選抜大会、3年次のインターハイ国体いずれも初優勝。

卒業後は共同石油に所属し、日本リーグルーキ・オブ・ザ・イヤーを獲得。1981-82シーズンにはMVPも獲得。

全日本にも選ばれ、オリンピック・世界選手権はかなわなかったものの1986年アジア競技大会に出場。

引退後は母校である小林高校でアシスタントコーチを務める。

日本人初のWNBAプレイヤーである萩原美樹子が憧れの選手として挙げていたことで知られる[1]

日本代表歴[編集]

  • 1986年アジア競技大会

脚注[編集]

関連項目[編集]