町田瑠唯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
町田 瑠唯
RUI Machida
Rui Machida.jpg
2018年10月19日
ワシントン・ミスティクス  No.13
ポジション PG
所属リーグ WNBA
基本情報
愛称 ルイ
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1993-03-08) 1993年3月8日(29歳)
出身地 北海道旭川市[1]
血液型 A型[2]
身長 162cm (5 ft 4 in)
体重 57kg (126 lb)
キャリア情報
高校 札幌山の手高等学校
プロ選手期間 2022年–現在
経歴
2011-富士通レッドウェーブ
2022-ワシントン・ミスティクス
受賞歴
  • 5×Wリーグベスト5(2014-15、2017-18、2018-19、2019-20、2021-22)
  • 6×アシスト1位(2014-15、2017-18、2018-19、2019-20、2020-21、2021-22)
  • ルーキー・オブ・ザ・イヤー(2011-12)
  • 皇后杯全日本選手権ベスト5(2019)
  • 東京2020オリンピック オールスター5
Stats WNBA.com
代表歴
キャップ 日本の旗 日本 2015-
獲得メダル
日本の旗 日本
バスケットボール
オリンピック
2020 東京
アジア競技大会
2014 仁川 女子
アジアカップ
2015 武漢 女子
2017 バンガロール 女子
2019 バンガロール 女子

町田 瑠唯(まちだ るい、1993年3月8日 - )は、日本の女子バスケットボール選手である。北海道旭川市出身でバスケットボール女子日本リーグ富士通レッドウェーブに所属。背番号10。その後アメリカのWNBAのワシントンミスティックスに所属している。ポジションはガード。背番号13。162cm[3]札幌山の手高等学校卒業。2022年より楽天グループとマネジメント契約を結んでいる[4]

人物[編集]

札幌山の手高校では3年次の2010年に主将としてインターハイ国体ウィンターカップの三冠に導いた。

卒業後の2011年、富士通に加入。ルーキーシーズンの2011-12シーズンは、レギュラーシーズン27試合に出場し、1試合平均3.3アシストを記録。Wリーグルーキー・オブ・ザ・イヤー受賞[5]

Wリーグ2014-15シーズンは、アシスト数でリーグ1位の成績を残し、リーグベスト5に初選出された。富士通にとって7シーズンぶりのファイナル進出にも貢献。2021-22シーズン終了までにベスト5を4回受賞、アシスト1位は5回達成している。

WNBA[編集]

2022年2月14日、WNBAのワシントン・ミスティクスとの契約締結が発表された[6][7]。Wリーグ2021-22シーズンのプレーオフ・ファイナル終了まで富士通でプレーした後、4月23日に渡米して25日に入団会見を行った[8]。27日にプレシーズンマッチに初出場[9]

5月6日、本拠地でのインディアナ・フィーバー戦にて1Qに途中出場し、日本人4人目のWNBA出場を果たした。11日のラスベガス・エーシズで初めてスターターで出場した[10]。レギュラーシーズン全36試合に出場し、1試合平均1.8得点、2.6アシストを記録した。ワシントンは5位でプレイオフに進出し、4位のシアトル・ストーム戦と対戦した1回戦に町田も出場したが、2連敗で敗退となった。

経歴[編集]

  • 札幌山の手高校 - 富士通(2011年〜) - ワシントン・ミスティクス(2022年)

日本代表歴[編集]

  • 高校3年生時の2010年にU-18アジア選手権に出場し、準優勝。
  • 富士通加入後の2011年、U-19世界選手権7位 ベスト5とアシスト王に輝いた[11]
  • 2014年、若手選手中心で構成された日本代表に選出され、仁川アジア大会で銅メダルを獲得した。
  • 2015年 アジア選手権[12]優勝 - インド戦で16アシストを記録している。
  • 2016 リオデジャネイロオリンピックベスト8
  • 2017 FIBAアジアカップ優勝 - 1試合平均18.2分の出場で5得点、5.2アシスト。決勝のオーストラリア戦は32分出場で7得点、9アシストを記録した。
  • 2018 FIBAワールドカップ9位
  • 2019 FIBAアジアカップ優勝 - 1試合平均16.2分の出場で2.8得点、4.6アシストを記録した。
  • 2020 FIBA東京2020オリンピック予選大会
  • 2021 東京オリンピック準優勝
    • 全6試合スターターで出場し、日本初のオリンピック準優勝メンバーとなった。1試合平均25.6分の出場で7.5得点と全選手中1位の12.5アシストを記録し、オールスターファイブに選出された(トータルのアシストは75本だったのに対し、ターンオーバーは15本だった)[13]。予選リーグ3試合目のナイジェリア戦では20分間の出場で、1996年アトランタオリンピックテレサ・エドワーズが記録したオリンピック記録に並ぶ15アシストを記録した[14]。さらに、準決勝のフランス戦は約27分の出場で、オリンピック1試合個人アシスト新記録の18アシストを記録した[15]

受賞歴[編集]

国内大会[編集]

  • Wリーグ
    • ベスト5(2014-15、2017-18、2018-19、2019-20、2021-22)
    • アシスト1位(2014-15、2017-18、2018-19、2019-20、2020-21、2021-22)
    • ルーキー・オブ・ザ・イヤー(2011-12)
  • 皇后杯全日本選手権
    • ベスト5(2019)

国際大会[編集]

  • U-19世界選手権ベスト5(2011)
  • 東京2020オリンピック オールスター5(2021)

その他[編集]

  • 旭川市民栄誉賞(2019)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “札幌山の手2年トリオで4強だ 全国高校選抜”. スポーツ報知. (2009年12月4日) 
  2. ^ 町田 瑠唯 富士通レッドウェーブ 2022年7月17日閲覧
  3. ^ 世界のレッチリ・フリーも162センチの町田に驚嘆「史上最もお気に入りの選手」”. デイリースポーツ (2021年8月8日). 2021年8月8日閲覧。
  4. ^ “「Rakuten Sports」、バスケットボール・町田 瑠唯選手の マネジメント活動の支援を開始” (プレスリリース), 楽天グループ株式会社, (2022年4月20日), https://corp.rakuten.co.jp/news/update/2022/0420_02.html 2022年7月16日閲覧。 
  5. ^ 第13回Wリーグ 各賞受賞コメント/ルーキー・オブ・ザ・イヤー”. バスケットボール女子日本リーグ機構. 2012年3月23日閲覧。
  6. ^ 富士通 レッドウェーブ 町田瑠唯選手 WNBA ワシントン・ミスティクスと契約Wリーグ2022年2月14日
  7. ^ 町田瑠唯がWNBAに向け決意表明「日本の皆さんにいい報告ができるように頑張ってきます」
  8. ^ 【町田瑠唯】米プロリーグWNBA入り! 身長1m62、最年長29歳での挑戦──連載「コロナ禍のアスリート」Vol.492022年4月28日
  9. ^ 町田瑠唯がプレシーズンゲームに初出場…2得点2アシストで勝利に貢献2022年4月28日
  10. ^ 町田瑠唯が初先発のエーシズ戦を振り返ってコメント…「出だしはすごい緊張していたけど…」バスケットボールキング2022年5月13日
  11. ^ 第9回FIBA U-19世界選手権大会 最終結果!町田瑠唯選手が大会ベスト5に選出! 日本バスケットボール協会 2011年8月1日
  12. ^ 第26回FIBA ASIA女子バスケットボール選手権大会”. 公益財団法人日本バスケットボール協会. 2015年8月31日閲覧。
  13. ^ MVP Stewart leads All-Star Five at the Women's Olympic Basketball Tournament in TokyoFIBA2021年8月8日
  14. ^ Japanese ace Machida equals Olympic game-high assists recordFIBA 2021年8月2日
  15. ^ Machida sets Olympic game-high assists record to send Japan to first-ever FinalFIBA 2021年8月6日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]