年間ベスト5賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
東京運動記者クラブバスケットボール分科会選出
年間ベスト5賞
受賞対象 シーズン通じて活躍したバスケットボール選手
日本の旗 日本
授与者 東京運動記者クラブバスケットボール分科会
初回 1981年
最新回 2016年

東京運動記者クラブバスケットボール分科会選出 年間ベスト5賞(ねんかんベスト・ファイブ賞)は、東京運動記者クラブ・バスケットボール分科会が選出するバスケットボールの賞である。

概要[編集]

バスケットボール日本代表天皇杯・皇后杯全日本バスケットボール選手権大会(オールジャパン)、日本バスケットボール協会が公認する各所属リーグ等での活動を対象に、年度を通じて活躍した選手を東京運動記者クラブ・バスケットボール分科会が男女各5名選出する。トップリーグ所属選手のみならず学生も表彰の対象である。ポジションは特定されない。

1991年度まではオールジャパンにおいて表彰していたが、1992年度以降は各トップリーグのファイナルにおいてリーグ表彰とともに選出していた(リーグ選出ベスト5とは別。また、このときオールジャパン表彰も設けられた)。男子トップリーグがBリーグに改組された2016年度より男子はBリーグ閉幕翌月となる6月に選出されている[1]。女子も2017年度よりWリーグ閉幕翌月となる4月選出に移行された。

歴代受賞者[編集]

男子[編集]

年度 受賞者名(チーム名)
1981 ラリー・ジョンソン
(松下電器)
北原憲彦
(日本鋼管)
岡山恭崇
(住友金属)
沼田宏文
(松下電器)
中島康行
(松下電器)
1982 三神雅明
(松下電器)
フレッディ・カウワン
(東芝)
1983 ジャック・ギブンス
(いすゞ自動車)
1984 三神雅明
(松下電器)
池内泰明
(住友金属)
1985 テッド・ヤング
(いすゞ自動車)
1986 山下雄樹
(三菱電機)
小野秀二
(住友金属)
中島康行
(松下電器)
1987 北原憲彦
(日本鋼管)
ジェームス・ウイルクス
(三菱電機)
池内泰明
(住友金属)
内海知秀
(日本鉱業)
1988 中島康行
(松下電器)
大野和也
(日本鉱業)
デール・ウィルキンソン
(日本鉱業)
クレアランス・マーチン
(松下電器)
1989 村田健一
(三菱電機)
辻村浩
(三菱電機)
ジェームス・ウイルクス
(三菱電機)
1990 陸川章
(NKK)
後藤敏博
(熊谷組)
1991 モーゼス・スカーリー
(熊谷組)
外山英明
(熊谷組)
辻村浩
(三菱電機)
武田恵
(アンフィニ東京)
1992 棟方公寿
(日鉱共石)
池内泰明
(住友金属)
1993 鈴木篤
(いすゞ自動車)
後藤敏博
(熊谷組)
エリック・マッカーサー
(NKK)
宮田幸典
(三井生命)
1994 長谷川誠
(松下電器)
山崎昭史
(松下電器)
佐古賢一
(いすゞ自動車)
安達康
(ジャパンエナジー)
阿部理
(NKK)
1995 高橋マイケル
(いすゞ自動車)
古田悟
(三菱電機)
トム・ホーバス
(トヨタ自動車)
1996 山崎昭史
(松下電器)
ケニー・ウォーカー
(いすゞ自動車)
折茂武彦
(トヨタ自動車)
1997 高橋マイケル
(いすゞ自動車)
ルシアス・デービス
(いすゞ自動車)
スティーブ・バード
(東芝)
1998 北卓也
(東芝)
1999 節政貴弘
(東芝)
折茂武彦
(トヨタ自動車)
2000 佐古賢一
(いすゞ自動車)
(アイシン)
後藤正規
(アイシン)
ルシアス・デービス
(いすゞ自動車)
ブライアン・ヘンドリック
(トヨタ自動車)
2001 棟方公寿
(トヨタ自動車)
トム・クラインシュミット
(ボッシュ)
チャールズ・オバノン
(トヨタ自動車)
2002 折茂武彦
(トヨタ自動車)
外山英明
(アイシン)
デビッド・ブース
(松下電器)
2003 高橋マイケル
(新潟)
ジェイアール・ヘンダーソン
(アイシン)
2004 節政貴弘
(東芝)
北卓也
(東芝)
トム・クラインシュミット
(東芝)
2005 渡邉拓馬
(トヨタ自動車)
ドロン・パーキンズ
(トヨタ自動車)
ジェラルド・ハニーカット
(オーエスジー)
(三菱電機)
五十嵐圭
(日立)
2006 竹内公輔
(慶應義塾大学)
(アイシン)
竹内譲次
(東海大学)
古田悟
(トヨタ自動車)
2007 柏木真介
(アイシン)
桜木ジェイアール
(アイシン)
チャールズ・オバノン
(トヨタ自動車)
マーキース・エスティル
(オーエスジー)
2008 竹内譲次
(日立)
菅裕一
(日立)
2009 田臥勇太
(リンク栃木)
川村卓也
(リンク栃木)
田中健
(リンク栃木)
2010 木下博之
(パナソニック)
石崎巧
(島根)
青野文彦
(パナソニック)
2011 ジェフ・ギブズ
(トヨタ自動車)
正中岳城
(トヨタ自動車)
岡田優介
(トヨタ自動車)
柏木真介
(アイシン)
桜木ジェイアール
(アイシン)
2012[2] 辻直人
(東芝神奈川)
竹内公輔
(トヨタ自動車)
金丸晃輔
(パナソニック)
2013[3] ニック・ファジーカス
(東芝神奈川)
川村卓也
和歌山
田臥勇太
(リンク栃木)
(栃木)
富樫勇樹
秋田
2014[4] 金丸晃輔
(アイシン三河)
桜木ジェイアール
(アイシン三河)
田中大貴
(トヨタ東京)
(東京)
竹内譲次
(日立東京)
2015[5] 辻直人
(東芝神奈川)
ニック・ファジーカス
(東芝神奈川)
比江島慎
(アイシン三河)
2016[1] 古川孝敏
(栃木)
篠山竜青
(川崎)
富樫勇樹
千葉

女子[編集]

年度 受賞者名(チーム名)
1981 竹山とよ子
(共同石油)
阿部秀子
(共同石油)
熊谷繁子
(共同石油)
荒家晶子
(シャンソン化粧品)
大山春美
(シャンソン化粧品)
1982 積田洋子
(シャンソン化粧品)
大谷利恵子
(ユニチカ)
1983 アン・ドノバン
(シャンソン化粧品)
久保田久美
(シャンソン化粧品)
シンディ・ノーブル
(東芝)
1984 鈴木弘美
(シャンソン化粧品)
原田五月
(共同石油)
1985 高谷やす子
(シャンソン化粧品)
シェイ・テーラー
(東芝)
竹山とよ子
(共同石油)
1986 近石香緒里
(東芝)
1987 原田五月
(共同石油)
カタリーナ・マックレイン
(共同石油)
二見由美子
(筑波大)
1988 佐藤香代子
(東芝)
シェリー・ペネファーザー
(日本通運)
シンディ・ブラウン
(東芝)
1989 山城定子
(シャンソン化粧品)
原田裕花
(共同石油)
メディナ・ディクソン
(日本電気)
1990 テレサ・エドワーズ
(三菱電機)
増田安世
(共同石油)
加藤貴子
(シャンソン化粧品)
黒田麻由美
(日立戸塚)
1991 村上睦子
(シャンソン化粧品)
一乗アキ
(シャンソン化粧品)
二見由美子
(日本航空)
タミー・ジャクソン
(シャンソン化粧品)
1992 加藤貴子
(シャンソン化粧品)
萩原美樹子
(日鉱共石)
(ジャパンエナジー)
クラリッサ・デービス
(日鉱共石)
1993 原田裕花
(ジャパンエナジー)
1994 山田かがり
(シャンソン化粧品)
1995 一乗アキ
(シャンソン化粧品)
濱口典子
(ジャパンエナジー)
1996 川崎真由美
(ジャパンエナジー)
永田睦子
(シャンソン化粧品)
1997 加藤貴子
(シャンソン化粧品)
1998
1999 三木聖美
(シャンソン化粧品)
大山妙子
(ジャパンエナジー)
2000 矢野良子
(ジャパンエナジー)
金銀暎
(三菱電機)
2001 川上香穂里
(ジャパンエナジー)
岡里明美
(シャンソン化粧品)
2002 薮内夏美
(日本航空)
2003 矢野良子
(ジャパンエナジー)
相澤優子
(シャンソン化粧品)
2004 河恩珠
(シャンソン化粧品)
矢代直美
(日本航空)
2005 岩村裕美
(日本航空)
矢野良子
(富士通)
(トヨタ自動車)
2006 大神雄子
(JOMO)
(JX)
山田久美子
(JOMO)
三谷藍
(富士通)
2007 船引かおり
(富士通)
田中利佳
(JOMO)
2008 山田久美子
(JOMO)
相澤優子
(シャンソン化粧品)
2009 諏訪裕美
(JOMO)
吉田亜沙美
(JOMO)
(JX)
池田麻美
(トヨタ自動車)
2010 岩村裕美
(日本航空)
渡嘉敷来夢
(JX)
高田真希
(デンソー)
2011 間宮佑圭
(JX)
川原麻耶
(トヨタ自動車)
2012[6] 渡嘉敷来夢
(JX)
久手堅笑美
(トヨタ自動車)
2013[7] 高田真希
(デンソー)
2014[8] 町田瑠唯
(富士通)
2015[9]
2016[10] 栗原三佳
(トヨタ自動車)
2017[11] 宮澤夕貴
(JX)
馬瓜エブリン
(トヨタ自動車)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 東京運動記者クラブバスケットボール分科会選出 平成28年度年間ベスト5決定【男子】”. 日本バスケットボール協会 (2017年6月20日). 2017年6月20日閲覧。
  2. ^ 東京運動記者クラブバスケットボール分科会選出 平成24年度年間ベスト5決定【男子】”. 日本バスケットボール協会 (2013年6月5日). 2014年10月22日閲覧。
  3. ^ 東京運動記者クラブバスケットボール分科会選出 平成25年度年間ベスト5決定【男子】”. 日本バスケットボール協会 (2013年5月25日). 2014年10月22日閲覧。
  4. ^ 東京運動記者クラブバスケットボール分科会選出 平成26年度年間ベスト5決定【男子】”. 日本バスケットボール協会 (2015年6月3日). 2016年3月16日閲覧。
  5. ^ 東京運動記者クラブバスケットボール分科会選出 平成27年度年間ベスト5決定【男子】”. 日本バスケットボール協会 (2016年6月10日). 2016年6月11日閲覧。
  6. ^ 東京運動記者クラブバスケットボール分科会選出 平成24年度年間ベスト5決定【女子】”. JBA (2013年3月29日). 2014年10月3日閲覧。
  7. ^ 東京運動記者クラブバスケットボール分科会選出 平成25年度年間ベスト5決定【女子】”. JBA (2014年4月20日). 2014年10月3日閲覧。
  8. ^ 東京運動記者クラブバスケットボール分科会選出 平成26年度年間ベスト5決定【女子】”. JBA (2015年4月6日). 2016年3月16日閲覧。
  9. ^ 東京運動記者クラブバスケットボール分科会選出 平成27年度年間ベスト5決定【女子】”. JBA (2016年3月15日). 2016年3月16日閲覧。
  10. ^ 東京運動記者クラブバスケットボール分科会選出 平成28年度年間ベスト5決定【女子】”. JBA (2017年3月12日). 2017年3月13日閲覧。
  11. ^ 東京運動記者クラブバスケットボール分科会選出 平成29年度年間ベスト5決定【女子】”. JBA (2018年4月4日). 2018年4月4日閲覧。

関連項目[編集]