中村優花 (バスケットボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中村優花
YUNIKA Nakamura
富士通レッドウェーブ  No.22
ポジション PF
基本情報
愛称 ニニ[1]
日本語 中村優花
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1995-01-03) 1995年1月3日(28歳)[1]
出身地 青森県[1]
身長 178cm (5 ft 10 in)
体重 75kg (165 lb)
選手経歴
2013-2021
2021-
JX
富士通レッドウェーブ

中村 優花(なかむら ゆにか、1995年1月3日[1] - )は、日本の女子バスケットボール選手である。ニックネームは「ニニ」[1]。ポジションはパワーフォワード。178cm[1]、75kg[2]

来歴[編集]

アメリカ合衆国アラバマ州にてアフリカ系アメリカ人の父と日本人の母の間に生まれ、5歳で青森県三沢市に移住して育つ[3][4]

岡三沢ミニバスでバスケを始める[2]。三沢市立第一中学校を経て柴田女子高校に進学しウィンターカップベスト8を経験[1]

また、女子U-17世界選手権日本代表に選出され、4位入賞でベスト5に選出される[5]。U-18アジア選手権日本代表では準優勝[6]

2013年、JX-ENEOSサンフラワーズ加入[7]

2021年、富士通レッドウェーブに移籍。

経歴[編集]

  • 柴田女子高校 - JX(2013年〜2021年) - 富士通(2021年~)

日本代表歴[編集]

  • 2012女子U-17世界選手権
  • 2012アジアU-18女子選手権

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 中村優花”. ENEOSサンフラワーズ. 2020年8月21日閲覧。
  2. ^ a b 中村 優花”. 一般社団法人バスケットボール女子日本リーグ機構. 2013年12月6日閲覧。
  3. ^ “柴田女・中村41点で初勝利/高校バスケ”. 日刊スポーツ. (2012年12月25日). http://www.nikkansports.com/sports/highschool-sports/2012/basketball/news/p-sp-tp0-20121225-1063926.html 
  4. ^ “リーグ優勝が夢 青森・柴田女子バスケの中村選手JXに”. 朝日新聞. (2013年3月9日). http://www.asahi.com/edu/articles/TKY201303090307.html 
  5. ^ “FIBA U-17女子世界選手権 大会順位&MVP・ベスト5”. Cager. (2012年8月27日). http://cager.co.jp/topics/national/5778/ 
  6. ^ 第21回FIBA ASIA U-18女子バスケットボール選手権大会”. 公益財団法人日本バスケットボール協会. 2013年12月6日閲覧。
  7. ^ “JX―ENEOSに改称”. スポーツニッポン. (2013-0-25). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2013/03/25/kiji/K20130325005474480.html 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]