コンテンツにスキップ

BT・テーブス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
BT・テーブス
BT Toews
富士通レッドウェーブ HC
ポジション SG
役職 ヘッドコーチ
基本情報
国籍 カナダの旗 カナダ
生年月日 (1966-02-18) 1966年2月18日(58歳)
出身地 カナダウィニペグ
キャリア情報
出身 ウィニペグ大学
経歴
選手時代:
不明ATHLETES IN ACTION
1990-1992黒田電気ブリット・スピリッツ
不明ウィニペグ・サンダー
1995-1996スタイナー・バイロイト
コーチ時代:
1996-1997ウィニペグ大学 AC
2004-2010カナディアン・アカデミー高校
2011-2013兵庫ストークス
2013-2014富士通レッドウェーブ AHC
2014-2016富士通レッドウェーブ
2016-2017サンロッカーズ渋谷
2017-2018富山グラウジーズ AC
2018-富士通レッドウェーブ

BT・テーブスBT Toews, 1966年2月18日 - )は、カナダの元バスケットボール選手で現在は指導者。ウィニペグ出身。現役時代のポジションはシューティングガード。役職はヘッドコーチW LEAGUE富士通レッドウェーブ所属。本名はバーク・テーブスBurke Toews)。

選手としてはツアーチームを経て日本、カナダ、ドイツでプレイする。指導者としては2011年より兵庫ストークスの指揮をとり、2012-13シーズンにJBL2で優勝する。その後富士通レッドウェーブにアソシエイトコーチとして入団し、2014年よりヘッドコーチに昇格。ヘッドコーチを務めた2シーズンはいずれも決勝戦まで進出した。

名前の"BT"は、本名であるBurke Toewsを略したものである[1]

経歴

[編集]

選手として

[編集]

ウィニペグ大学卒業後、プロを目指す選手たちが各地に遠征して試合を行うツアーチームのアスリート・イン・アクション英語版に加入した。1990年から2年間は日本の実業団チーム、黒田電気ブリット・スピリッツでプレー。その後カナダのウィニペグ・サンダー英語版に所属する。この時、ウィニペグ・サンダーのヘッドコーチだったヘンリー・ビビー英語版に指導者への転身を薦められるが、テーブスは選手生活を続けドイツのスタイナー・バイロイト英語版でプレイ。ドイツではプレイングコーチとしてユースチームの指導も兼務した。1996年に引退し、指導者を目指す[1]

指導者として

[編集]

カナダに戻ったテーブスは1996年から母校ウィニペグ大学のアシスタントコーチに就任し、コーチングを学ぶ。翌年には日本人の女性と結婚し神戸市に移住、2005年から12年まで神戸市のカナディアン・アカデミーの教員として同校のバスケット部を指導、2011年からは教員を務めながらJBL2兵庫ストークスのヘッドコーチを務めた。ストークスでは2012-13シーズンに優勝し、チームをJBL昇格に導いた。

2013年に富士通レッドウェーブのアソシエイトヘッドコーチに就任し、ヘッドコーチの薮内夏美を補佐。2014年には薮内の退任に伴いヘッドコーチに昇格した。テーブスが指揮した2014-152015-16の2シーズンはファイナルに進出したが、いずれもJX-ENEOSサンフラワーズに敗れ準優勝に終わった。

2016年、サンロッカーズ渋谷のヘッドコーチに就任[2][3]、レギュラーシーズンを32勝28敗の地区3位で終え、プレーオフに進出。プレーオフでは初戦で川崎ブレイブサンダースに敗れた。シーズン終了後、テーブスはヘッドコーチを退任した[4]

2017年7月、富山グラウジーズのアシスタントコーチに就任[5]。2018年6月退任、同月富士通レッドウェーブのヘッドコーチに復帰する[6]

家族

[編集]

日本人の妻を持つ。長男のテーブス海もバスケットボール選手となり、2013年からは年代別の日本代表にも選出される。2015年にはアメリカの学校に転校し、以来アメリカの学校でプレーしていた後[7][8]宇都宮ブレックスでプロデビューした。

脚注

[編集]

出典

[編集]
  1. ^ a b ~勝つために必要な3+1つの条件~欧米を知るBT テーブスHCの指導論”. バスケットボールキング. フロムワン (2016年12月7日). 2017年7月11日閲覧。
  2. ^ スタッフ紹介 HC”. hitachi-sunrockers.co.jp (2017年3月2日). 2017年3月2日閲覧。
  3. ^ Sunrockers still a work in progress under new coach Toews”. Japan Times (2016年11月24日). 2017年3月2日閲覧。
  4. ^ ヘッドコーチ退団のお知らせ』(プレスリリース)サンロッカーズ渋谷、2017年5月26日。オリジナルの2017年6月16日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20170616172241/https://www.hitachi-sunrockers.co.jp/news/24973.html2017年7月11日閲覧 
  5. ^ 2017-18シーズン 新ヘッドコーチならびに新チーム体制決定のお知らせ”. 富山グラウジーズ (2017年7月10日). 2017年7月10日閲覧。
  6. ^ 女子バスケットボール部 平成30年度新ヘッドコーチのお知らせ』(プレスリリース)富士通レッドウェーブ、2018年6月4日http://sports.jp.fujitsu.com/cs/news/detail/180601014027/1.html2018年6月4日閲覧 
  7. ^ 二宮清純 (2016年9月20日). “第34回 テーブス海(バスケットボールプレーヤー)×二宮清純「世界に挑むメイド・イン・ジャパンのPG」”. スポーツコミュニケーションズ. 2017年7月11日閲覧。
  8. ^ 宮地陽子 (2016年11月22日). “バスケ修行のために高2で渡米……。テーブス海の強みは“英語圏”思考。”. Number Web. 文芸春秋. 2017年7月11日閲覧。

外部リンク

[編集]