大山妙子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
大山妙子
Taeko OYAMA
Oyama taeko.jpg
引退
身長(現役時) 173cm (5 ft 8 in)
--
血液型 O型
基本情報
本名 大山妙子
ラテン文字 Taeko OYAMA
日本語 大山妙子
誕生日 (1974-06-18) 1974年6月18日(44歳)
日本の旗 日本
出身地 東京都
ドラフト  
選手経歴
1993-2004 日鉱共石/ジャパンエナジー

大山 妙子(おおやま たえこ、1974年6月18日 - )は、東京都出身の元女子バスケットボール選手である。

来歴[編集]

中野区立第三中学校東亜学園高校卒業後の1993年、日鉱共石(現・JXTGエネルギー)に入社。4年連続2冠達成などJOMO黄金時代に貢献。個人タイトルも獲得する。

また、全日本のメンバーとして、アトランタアテネ2回のオリンピックなどに出場。アテネ五輪では、主将を務めた。

五輪後に現役引退。

現在は、JOMOクリニック専任コーチとして活動する一方で、日本バスケットボール協会広報部副部長も務めており[1]、2012年には協会理事に就任した[2]

経歴[編集]

  • 東亜学園高 - 日鉱共石/ジャパンエナジー(1993年〜2004年)

日本代表歴[編集]

  • 1994年世界選手権
  • 広島アジア大会
  • アトランタ五輪
  • 1998年世界選手権
  • バンコクアジア大会
  • 2002年世界選手権
  • アテネ五輪

脚註[編集]

  1. ^ 日本バスケットボール協会理事会 日本バスケットボール協会オフィシャルサイト
  2. ^ 公益財団法人日本バスケットボール協会 平成24・25年度 理事・監事決定 日本バスケットボール協会プレスリリース 2012年6月23日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]