船引まゆみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
船引まゆみ
MAYUMI Funabiki
Funabiki mayumi 20110801.jpg
札幌山の手高等学校 コーチ
ポジション GF
役職 コーチ
基本情報
愛称 マユミ
日本語 船引まゆみ
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1978-10-09) 1978年10月9日(43歳)
出身地 北海道
身長(現役時) 174cm (5 ft 9 in)
体重(現役時) 58kg (128 lb)

船引 まゆみ(ふなびき まゆみ、1978年10月9日 - )は、北海道出身の元バスケットボール選手である。ポジションはガードフォワード。富士通レッドウェーブに所属していた。174cm、58kg。同じく富士通に所属していた船引かおりは実姉である。

人物[編集]

札幌山の手高校から愛知学泉大学に進学。インカレ5連覇を経験し、1999年のユニバーシアードに姉妹揃って出場。

2001年、姉が所属する富士通に入社。、1年目より15試合中14試合にスタメン出場し、Wリーグ昇格の原動力となる一方でユニバーシアード2大会連続出場も果たした。

2007年のオールジャパンでは大会ベスト5に選ばれた。2008年北京五輪世界最終予選の日本代表に選出された。

2011年引退。

現在は母校の札幌山の手高の家庭科教員、同校女子バスケットボール部のコーチをつとめながら、クラブチームのアカシヤクラブに所属。教え子には後に富士通の後輩となる長岡萌映子がいる。

2013年4月4日、レバンガ北海道野口大介と入籍。

2018年3月18日に行われたレバンガ北海道 vs 富山グラウジーズ戦でHBCラジオの解説を務めた[1]

経歴[編集]

  • 西岡中学校 - 札幌山の手高校 - 愛知学泉大 - 富士通(2001年〜2011年)

日本代表歴[編集]

  • 1999ユニバーシアード
  • 2001ユニバーシアード
  • 2008北京五輪世界最終予選

脚注[編集]

  1. ^ [1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]