カトリーナ・マックレイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カトリーナ・マックレイン
Katrina McClain
殿堂
Katrina McClain in 1985 Final Four.jpg
名前
本名 Katrina McClain Johnson
ラテン文字 Katrina McClain
英語 Katrina McClain Johnson
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1965年9月19日(49歳)
出身地 サウスカロライナ州チャールストン

カトリーナ・マックレイン・ジョンソンKatrina McClain Johnson1965年9月19日 - )は、アメリカ合衆国サウスカロライナ州チャールストン出身の元女子バスケットボール選手である。

経歴[編集]

大学[編集]

ジョージア大学ではオールアメリカに2度選ばれる活躍を見せる。また、オールアメリカフレッシュマン、最優秀選手も獲得。

ナショナルチーム[編集]

米国代表として1985年に神戸で開かれたユニバーシアードに出場し、銀メダル獲得[1]

また、オリンピック世界選手権にそれぞれ3度出場している。

ソウル、アトランタ両五輪、1986、90年世界選手権では金メダル、バルセロナ五輪と94年世界選手権では銅メダルを獲得している。

日本での活躍[編集]

卒業後の1987年、日本の共同石油(現・JX-ENEOSサンフラワーズ)に入団。1990年まで在籍し、第21回日本リーグでベスト5及びリバウンド賞を獲得。リーグ3連覇及び2度のオールジャパン優勝の原動力となった。

退団後は、欧州でのプレーを経て、1995年に再来日するが、日本リーグでは外国人制度が廃止されたため、共石時代のチームメイトだった原田五月の所属する北島CR・クラブに1シーズン在籍。全日本クラブ選手権4連覇とともにオールジャパンにも出場した。

離日、そして引退[編集]

その後、帰国し、女子プロリーグであるABLのアトランタ・グローリーに入団。1998年にはオールスターにも出場した。

1998年のチーム消滅とともに引退。

1988年と1992年には全米女子バスケットボール年間最優秀選手に選ばれている。

2006年には女子バスケットボール殿堂入りを果たす。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ THIRTEENTH WORLD UNIVERSITY GAMES -- 1985” (英語). USA Basketball. 2010年6月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]