アン・ドノバン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アン・ドノバン
Anne Donovan
コネティカット・サン HC
Anne Donovan.JPG
名前
ラテン文字 Anne Donovan
英語 Anne Donovan
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1961年11月1日(52歳)
出身地 ニュージャージー州

アン・ドノバンAnne Donovan1961年11月1日 - )は、アメリカ合衆国ニュージャージー州リッジウッド出身の元女子バスケットボール選手でバスケットボール指導者である。

熊谷組でプレーしていたジョン・ドノバンは実兄。

来歴[編集]

大学[編集]

地元の高校卒業後、オールドドミニオン大学に進学し1979年にはチームをAIAWのチャンピオンに導くなど支配的な選手として活躍した。オールアメリカンに3度選出され、1983年には初代女子ネイスミス賞を獲得した。

日本での活躍[編集]

大学卒業後、日本のシャンソン化粧品に入団。身長204cmは日本リーグ→Wリーグでプレーした歴代全選手で最長身である。

オールジャパン初優勝、3連覇に貢献。日本リーグでも優勝3度で2度のMVPと3度のベスト5を獲得し、第20回大会(1986-87シーズン)ではリバウンド賞も合わせての三冠獲得。第1次シャンソン黄金時代を支えた。

1987年からはイタリアのプロリーグでプレー。

ナショナルチーム[編集]

米国代表としても1984年のロサンゼルス、1988年のソウルの2大会の連覇に貢献し金メダルを獲得した。

指導者[編集]

1989年に現役引退。母校であるオールドドミニオン大学のアシスタントコーチに転じ、1995年イーストカロライナ大学のヘッドコーチに就任、ABLを経て、WNBAインディアナ・フィーバーシャーロット・スティングで指揮を執った。

2002年にはローレン・ジャクソンスー・バードらを擁するシアトル・ストームのヘッドコーチに就任。2004年のプレイオフでは女性ヘッドとして初めてとなる王座に導いた。ストームでは2007年まで指揮を執った。

2006年、女子米国代表ヘッドコーチに就任。北京オリンピックで金メダルを獲得。大会後勇退。

1999年にはバスケットボール殿堂入りを果たしている。同年設置された女子バスケットボール殿堂にも顕彰されている。

2009年、ニューヨーク・リバティアシスタントコーチに就任。後にヘッドコーチ昇格。

2010年、シートン・ホール大学のヘッドコーチに就任。

2013年、コネティカット・サンヘッドコーチとしてWNBA復帰。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]