WNBA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
WNBA
今シーズン・大会:
現在進行のスポーツイベント 2017
競技 バスケットボール
創立 1996年4月24日
会長 リサ・ボーダーズ
モットー "Watch Me Work"
開始年 1997年
参加チーム 12
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
大陸 アメリカ州
前回優勝 ロサンゼルス・スパークス (3回目)
最多優勝 ヒューストン・コメッツ (4回)
テレビ局 ABC
ESPN
NBA TV
NBA TVカナダ
公式サイト www.WNBA.com

WNBA (Women's National Basketball Association) は、アメリカ合衆国で興業を行う女子プロバスケットボールリーグ。男子リーグであるNBAの全面的な支援のもと1996年に発足、翌1997年に最初のシーズン開幕以降順調な活動を続けている。初年度のチーム数は8で、2006年からは14チームがリーグに所属する。外国の多くの女子リーグのオフシーズンにあたる時期に短期間で試合を行うため、米国以外の選手が多くプレイすることもWNBAの特徴である。2016年以降リサ・ボーダーズがコミッショナーに就いている。

略史[編集]

NBAコミッショナーデビッド・スターンは、1980年代に同役職に就いて以降リーグの拡張や海外市場の開拓など営業活動拡大の努力を続け、1990年代には大きな成功を収めていた。それまでの成功を受けたリーグは更なる事業拡大の場を求め、1996年4月にNBAの理事会が女子リーグWNBA設立を承認。8月にはバル・アッカーマンを初代コミッショナーに迎えた。同年に行われたアトランタオリンピックでの米国女子代表の活躍にも後押しされ、"We got next"(概ね「新たな段階に入った」の意)のスローガンのもとリーグの立ち上げに入った。

同じ96年10月にWNBAは初年度に参加する8チームを発表。それらのチームは全てNBAのチームが本拠がある都市に拠点を置いており、チームの所有者はNBAだった。同月から翌1997年1月までに全チームが2ないし3名の選手と契約し、同年4月にはドラフトが行われた。NBAのシーズンが終わったこの年の6月にWNBA最初の試合が行われた。

1999年までにリーグは新たに4チームを加え、チーム数が12になった。またこの年には選手とオーナー側で労使協定が結ばれた。これは米国の女子プロバスケットボールリーグでは初めてのことだった。

この時までにリーグに属していたチームはみなNBAにより経営されていたが、2002年にNBAはWNBAのチームをNBAチームの所有者やその他の組織に売却した。その結果、マイアミ・ソルポートランド・ファイアは消滅し、ユタ・スターズオーランド・ミラクルは移転しそれぞれサンアントニオ・シルバースターズコネティカット・サンに改称した。またこの年のシーズン終了後、クリーブランド・ロッカーズが消滅した。

2006年に新たにシカゴ・スカイがリーグに加入し、2007年にはシャーロット・スティングが消滅した。2008年には新たにアトランタ・ドリームがリーグに加入したが、シーズン後にはリーグ草創期に黄金時代を築いたヒューストン・コメッツが、2009年にもデトロイト・ショックサクラメント・モナークスも消滅。2010年シーズンのチーム数は新たにタルサが加わり12となる。

WNBAは設立時からマーケティングや宣伝など様々な面でNBAの支援を受け、初年度からNBCESPNなど大手ネットワーク・テレビ局により試合が放送されている。集客も概ね順調で、4年目の2001年にはWNBAの試合に訪れた観客は延べ1,000万人を超えている。米国には以前にも女子プロバスケットボールリーグが存在したが、10年にわたり成功裏に存続しているリーグはWNBAが初めてである。

1シーズンの試合数は、初年度は28試合だったが現在は34試合となっている。試合数はNBAの82試合と比べて半分以下であり、また集客もNBAと比べるとほぼ半数となっている。選手年俸に関しては、2004年の時点で新人選手の最低年俸は9万ドルで、NBAの新人選手に認められる最低年俸の4分の1程度の額である。

マーケティング対象の一つとして同性愛者が挙げられる。

所属チーム[編集]

地区 チーム 本拠地 創設年
イースタン
アトランタ・ドリーム ジョージア州アトランタ 2008
シカゴ・スカイ イリノイ州ローズモント 2006
コネティカット・サン コネチカット州アンキャスビル 1999
インディアナ・フィーバー インディアナ州インディアナポリス 2000
ニューヨーク・リバティ ニューヨーク州ニューヨーク 1997
ワシントン・ミスティクス ワシントンD.C. 1998
ウェスタン
ダラス・ウィングス テキサス州アーリントン 1998
ロサンゼルス・スパークス カリフォルニア州ロサンゼルス 1997
ミネソタ・リンクス ミネソタ州ミネアポリス 1999
フェニックス・マーキュリー アリゾナ州フェニックス 1997
サンアントニオ・スターズ テキサス州サンアントニオ 1997
シアトル・ストーム ワシントン州シアトル 2000

過去のチーム[編集]

参加チーム数の遍歴
シーズン チーム数
1997 8
1998 10
1999 12
2000-2002 16
2003 14
2004-2005 13
2006 14
2007 13
2008 14
2009 13
2010- 12

シーズンの流れ[編集]

リーグ設立当初はNBAのシーズンが終わった後の6月にレギュラーシーズンを開始していたが、現在は毎年5月頃にシーズンが開幕する。各チームとも34試合を行い、それぞれのカンファレンスでシーズン成績上位4チームがプレイオフに進出する。レギュラーシーズンで最も優れた活躍をした選手はMVPに選ばれる。レギュラーシーズンは8月に終了し、その後プレイオフが始まる。

プレイオフでは、それぞれのカンファレンスでシーズン成績が1位のチームと4位のチーム、そして2位のチームと3位のチームがそれぞれ1回戦(カンファレンス・セミファイナル)で対戦し、2戦先勝したチームが2回戦(カンファレンス・ファイナル)に進む。カンファレンス・ファイナルは2戦先勝で勝ち抜く方式で、2勝したチームが優勝決定シリーズであるWNBAファイナルに進出する。WNBAファイナルでは先に3勝したチームが優勝する。ファイナルで最も優れた活躍をした選手はファイナルMVPに選ばれる。

シーズン開幕に先立ち、毎年NCAAトーナメント終了直後にドラフトが開かれ、各チームが新たに選手を選抜する。

シーズン中盤の7月にはオールスターゲームが開かれる。オールスターゲームの先発選手はファン投票で、控え選手は各カンファレンスのコーチによる投票で選出される。最も活躍した選手がオールスターゲームMVPに選出される。

ルール[編集]

WNBAのルールは概ねNBAのルールに則っているが、いくつか独自のルールを採用している。

  • スリーポイントラインは国際ルールと同じでゴールから6.25メートルの距離にある。
  • ボールの大きさは外国の女子リーグに合わせて周の長さ72.4センチのものを用いる。これはNBAよりも2.54センチ小さい。
  • 試合時間は40分で、リーグ設立以降前後半それぞれ20分に分けて試合を行ってきた。2006年のシーズンから、国際ルールと同様、1試合40分を各10分のクオーター4つに分けて行うようになった。
  • ショットクロックも2006年から以前の30秒が24秒に変更された。

テレビ放映権[編集]

WNBAはNBA同様、テレビ放映権は、全国放送やポストシーズンに限りリーグが管轄し、ローカル放送はチームが放送局と直接契約を結んでいる。そのため、レギュラーシーズン、ポストシーズン全試合の放映権を管轄しているNFLと違い、チームによって放映権料収入は大きく異なる。

アメリカ国内ではESPNABCESPN on ABC)で放送されている。

関連事項[編集]

過去に存在した女子バスケットボールリーグ[編集]

1978年から1981年まで存在したリーグ。米国初の女子プロバスケットボールリーグとされる。
1996年から1998年まで存在したリーグ。
1997年から2007年まで存在したリーグ。

外部リンク[編集]