鈴木紀子 (バスケットボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木紀子
NORIKO Suzuki
引退
ポジション(現役時) G
背番号(現役時) 4
身長(現役時) 158cm (5 ft 2 in)
体重(現役時) 53kg (117 lb)
血液型 O型
基本情報
本名 鈴木紀子
愛称 ノッコ
ラテン文字 NORIKO Suzuki
日本語 鈴木紀子
誕生日 (1955-04-18) 1955年4月18日(63歳)
日本の旗 日本
出身地 秋田県
ドラフト  

鈴木 紀子(すずき のりこ、1955年4月18日[1] - )は、日本の元女子バスケットボール選手である。秋田県出身[1][2]。現役時代のポジションはガード[3]

来歴[編集]

秋田県立大曲高等学校卒業後[1][2]、同郷の中村和雄率いる共同石油に所属し、リードオフマンとして活躍[1]。1978-79年シーズンから2シーズン連続で日本リーグMVPを獲得。身長158cmとバスケットボール選手としては小柄だったが、運動量とテクニックに秀で[4]、特に外角からのシュートとカットインを得意とした[1]

全日本にも選ばれ、1979年世界選手権などにも出場。

日本代表歴[編集]

  • 1979年女子世界選手権
  • 1980年モスクワオリンピック女子バスケットボール世界予選

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『月刊バスケットボール』 1978年11月号増刊、55ページ。
  2. ^ a b 県勢のしおり  郷土秋田の姿   県内の現状と将来展望 あきた(通巻177号) 1977年(昭和52年)2月1日発行
  3. ^ 『月刊バスケットボール』 1978年11月号増刊、57ページ。
  4. ^ 『月刊バスケットボール』 1978年11月号増刊、84ページ。

関連項目[編集]

参考文献[編集]