WJBL 2009-10

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
WJBL 09-10レギュラーリーグ、JOMO日本航空船橋アリーナ

WJBL 2009-10(第11回Wリーグ)は、2009年9月25日から2010年2月28日まで、日本各地で行われたバスケットボールリーグ。

参加チーム[編集]

WJBL 09-10レギュラーリーグ WI、日立ハイテク山梨秋田県立体育館

Wリーグ[編集]

W1リーグ[編集]

試合方式[編集]

レギュラーリーグ[編集]

  • W、W1とも4回戦総当たりのリーグ戦を戦う。
  • 1月は全日本総合バスケットボール選手権大会(オールジャパン)による中断を経て、15日に再開。Wリーグについては東アジア競技大会のため12月より中断。
  • Wリーグは上位4チームがプレーオフに進出する。W1リーグはレギュラーリーグのみで順位を決定する。
  • Wリーグ最下位とW1リーグ1位は入れ替え戦を戦う。

プレーオフ(Wリーグのみ)[編集]

  • レギュラーリーグ1位と4位、2位と3位の組み合わせで3戦2先勝方式のセミファイナルを戦い、勝者は5戦3先勝方式のファイナルに進む。

入れ替え戦[編集]

  • 国立代々木競技場第二体育館にて3戦2先勝方式で行い、勝者は来季Wリーグ、敗者はW1リーグに属する。

結果[編集]

Wリーグ[編集]

WJBL 09-10レギュラーリーグ、富士通アイシンAW大館市樹海体育館

レギュラーリーグ順位[編集]

順位 チーム名 成績 勝率
1 トヨタ自動車アンテロープス 24勝4敗 .857
2 JOMOサンフラワーズ 22勝6敗 .786
3 富士通レッドウェーブ 19勝9敗 .679
4 日本航空JALラビッツ 13勝15敗 .464
5 デンソーアイリス 12勝16敗 .429
6 シャンソン化粧品シャンソンVマジック 12勝16敗 .429
7 アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス 7勝21敗 .250
8 三菱電機コアラーズ 3勝25敗 .107

プレーオフ[編集]

WJBL 09-10プレーオフファイナル第2戦、トヨタJOMOぐんまアリーナ
WJBL 09-10プレーオフファイナル第3戦、トヨタJOMO代々木第二体育館

セミファイナル

勝者 スコア 敗者 会場
1 トヨタ自動車
(レギュラーリーグ1位)
62 - 44 日本航空
(同4位)
姫路市立中央体育館
2 102 - 63 大阪市中央体育館
1 JOMO
(同2位)
68 - 59 富士通
(同3位)
姫路市立中央体育館
2 60 - 73 大阪市中央体育館
3 77 - 73 代々木第二体育館

ファイナル

勝者 スコア 敗者 会場
1 JOMO 62 - 59 トヨタ自動車 松本市総合体育館
2 83 - 66 ぐんまアリーナ
3 81 - 58 代々木第二体育館

最終順位[編集]

順位 チーム名
1 JOMOサンフラワーズ
2 トヨタ自動車アンテロープス
3 富士通レッドウェーブ
4 日本航空JALラビッツ
5 デンソーアイリス
6 シャンソン化粧品シャンソンVマジック
7 アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス
8 三菱電機コアラーズ

W1リーグ[編集]

WJBL 09-10入れ替え戦、三菱電機日立ハイテク代々木第二体育館
順位 チーム名 成績 勝率
1 日立ハイテク クーガーズ 14勝2敗 .875
2 エバラヴィッキーズ 11勝5敗 .688
3 トヨタ紡織サンシャインラビッツ 10勝6敗 .625
4 山梨クィーンビーズ 5勝11敗 .313
5 ビッグブルー東京 0勝16敗 0

入れ替え戦[編集]

勝者 スコア 敗者
1 日立ハイテク
(W1リーグ1位)
79 - 70 三菱電機
(Wリーグ8位)
2 66 - 70
3 76 - 74

日立ハイテク クーガーズは次シーズンWリーグに昇格、三菱電機コアラーズはW1リーグに降格

WJBLアウォード[編集]

第11回Wリーグ アウォード表彰、代々木第二体育館

Wリーグ[編集]

部門 受賞者 チーム
プレーオフMVP 大神雄子 JOMO
レギュラーシーズンMVP 矢野良子 トヨタ自動車
ルーキー・オブ・ザ イヤー 佐藤朱華 アイシンAW
コーチ・オブ・ザ・イヤー 丁海鎰 トヨタ自動車

ベスト5

ポジション 受賞者 チーム
ガード 大神雄子 JOMO
ガードフォワード 櫻田佳恵 トヨタ自動車
フォワード 矢野良子 トヨタ自動車
センターフォワード 池田麻美 トヨタ自動車
センター 諏訪裕美 JOMO

リーダーズ

部門 受賞者 チーム 記録
得点 岩村裕美 日本航空 19.11点
アシスト 大神雄子 JOMO 5.82本
リバウンド 矢代直美 日本航空 10.54本
スティール 久手堅笑美 トヨタ 2.25本
ブロックショット 小磯典子 アイシンAW 2.30本
フィールドゴール成功率 諏訪裕美 JOMO 65.68%
フリースロー成功率 丸山美樹 三菱電機 92.45%
3P成功率 内海亮子 JOMO 52.31%

W1リーグ[編集]

部門 受賞者 チーム
MVP 野田裕子 日立ハイテク
ルーキー・オブ・ザ・イヤー 中尾綾 日立ハイテク

ベスト5

ポジション 受賞者 チーム
ガード 野田裕子 日立ハイテク
ガードフォワード 伊藤奈月 日立ハイテク
フォワード 梅本恵里 トヨタ紡織
センターフォワード 畑中美保 エバラ
センター 二関ひとみ 日立ハイテク

リーダーズ

部門 受賞者 チーム 記録
得点 梅本恵里 トヨタ紡織 18.31点
アシスト 野田裕子 日立ハイテク 3.75本
リバウンド 松木豊子 山梨 9.56本
スティール 渡邊佳恵 トヨタ紡織 2.13本
ブロックショット 新本庸子 トヨタ紡織 0.92本
フィールドゴール成功率 梅本恵里 トヨタ紡織 53.55%
フリースロー成功率 梅本恵里 トヨタ紡織 92.11%
3P成功率 阿形美由紀 エバラ 52.38%

備考[編集]

  • 今大会は開幕直前にアジア選手権が開催され、翌日の開幕となった。アジア選手権日本代表メンバーは開幕戦ベンチ登録されたものの、ほとんどの選手は移動の疲れなどを配慮の上でスタメンから外れ、出場機会さえなかった選手もいた。
  • シャンソン化粧品は6位でプレーオフ進出を逃し、1977年の旧日本リーグ1部昇格以来の連続ベスト4が途切れた。
  • トヨタ自動車が2シーズン連続でレギュラーシーズン1位となり、初の決勝進出を果たし初優勝を期待されたが、レギュラーシーズン2位のJOMOに3連敗を喫し2年連続で短期決戦に泣かされた。勝ったJOMOは昨シーズンに引き続いてレギュラーシーズン2位ながらリーグ優勝を果たし、「JOMOサンフラワーズ」としてのラストシーズンを2シーズン連続でオールジャパンとの2冠で締めくくった。

関連項目[編集]