長岡萌映子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長岡萌映子
MOEKO Nagaoka
Nagaoka moeko 2016.jpg
トヨタ自動車アンテロープス  No.2
ポジション CF
背番号 2
身長 182 (0 ft 0 in)
体重 75kg (165 lb)
基本情報
本名 長岡萌映子
ラテン文字 MOEKO Nagaoka
日本語 長岡萌映子
誕生日 (1993-12-29) 1993年12月29日(25歳)
日本の旗 日本
出身地 北海道浦河郡浦河町[1]
ドラフト  
選手経歴
2012-2017
2017-
富士通レッドウェーブ
トヨタ自動車アンテロープス

長岡 萌映子(ながおか もえこ、1993年12月29日 - )は、日本の女子バスケットボール選手である。北海道浦河郡浦河町出身でバスケットボール女子日本リーグ機構トヨタ自動車アンテロープスに所属。ポジションはスモールフォワード。背番号2。札幌山の手高等学校卒業。ペイント内でのプレーからアウトサイドのシュートまでこなすオールラウンドプレーヤー。

来歴[編集]

幼稚園年中まで浦河町で過ごした後、札幌市へ移住。姉の影響を受けて小学校2年でバスケを始める。札幌市立宮の丘中学校3年のときU-15女子トップエンデバーに選出される。

2009年4月、札幌山の手高校に進学。1年生時からレギュラーとして全国大会に出場。2年次にはインターハイ国体ウィンターカップの3冠を達成。ウィンターカップ決勝の中村学園女子戦では50得点を記録した。3年次には主将となる。ウィンターカップ決勝の山形商戦で39得点をとり、連覇を達成した。

2012年、高校の1年先輩町田瑠唯が所属する富士通レッドウェーブに加入[2]。1年目より主力として出場したWリーグ2012-13シーズンレギュラーシーズン22試合の1試合平均でリーグ6位の15.41得点を記録。ルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得。

2017年トヨタ自動車アンテロープスに移籍[3]

経歴[編集]

  • 札幌山の手高 - 富士通(2012年~2017年) - トヨタ自動車(2017年~)

日本代表歴[編集]

高校1年生の2009年にU-16日本代表に選出され、アジアU-16選手権で準優勝。翌2010年U-17世界選手権に出場して5位。

高校3年生時の2011年、史上2番目に若い17歳7か月でバスケットボール女子日本代表に選出され、アジア選手権に出場して3位。6試合に出場し1試合平均8.3得点、4.2リバウンド。高校生が日本代表として実際に試合出場したのは1992年の浜口典子以来である[4]

富士通加入後の2012年からは故障などもあり一時代表から遠ざかったが、2014年に復帰して2014年女子バスケットボール世界選手権で3試合に出場した[5]

2017年のアジアカップ(旧アジア選手権)では3連覇に貢献してベスト5に選出される。

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 高校女子バスケ3冠の長岡選手が生まれ故郷へ里帰り【浦河】 北海道ニュースリンク 2011年4月5日
  2. ^ 札幌山の手連覇!長岡嬉し涙/高校バスケ 日刊スポーツ 2011年12月29日
  3. ^ 【長岡 萌映子 選手 移籍加入のお知らせ】”. トヨタ自動車アンテロープス (2017年6月1日). 2017年6月1日閲覧。
  4. ^ 【女子バスケ】世界と戦った2011年。若き日本代表・長岡萌映子が最後の全国高校選抜に挑む”. Sportiva (2011年12月23日). 2014年10月13日閲覧。
  5. ^ 2014 FIBA World Championship for Women”. FIBA (2014年10月). 2014年10月13日閲覧。

関連項目[編集]