山本麻衣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山本麻衣
Mai Yamamoto
Mai Yamamoto.jpg
トヨタ自動車アンテロープス  No.23
ポジション G
基本情報
愛称 リム
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1999-10-23) 1999年10月23日(23歳)
出身地 広島県
身長 165cm (5 ft 5 in)[1]
体重 58kg (128 lb)[1]
キャリア情報
出身 桜花学園高等学校
選手経歴
2017- トヨタ自動車アンテロープス
獲得メダル
女子バスケットボール
FIBA女子アジアカップ
2021 アンマン 日本
女子3x3
FIBA3x3 U23ワールドカップ
2018 西安 日本
2019 蘭州 日本

山本 麻衣(やまもと まい、1999年10月23日 - )は、日本の女子バスケットボール選手である。ポジションはガード。広島県出身。Wリーグのトヨタ自動車アンテロープス所属。3x3女子日本代表選手で2020東京オリンピックに出場した。

人物[編集]

父は元バレーボール選手の山本健之[2]、母は元三菱電機の実業団バスケットボール選手[3]。1男2女の次女で、2歳上の姉はTOKYO DIME所属の3人制プロバスケットボール選手[3]、弟は野球選手として桐蔭学園高校で甲子園出場[4]

来歴[編集]

小学5年生になる時に姉が愛知県の強豪中学に入学することから、一緒に愛知県へ。昭和ミニバスに入り、小学6年生の時に全国ミニバス優勝を達成した。中学2年生の時に全国中学優勝を達成。中学3年時は準優勝で優秀選手に選出された。

桜花学園高等学校進学後、1年生からスターティングメンバー入り。インターハイと国民体育大会で優勝。ウィンターカップの準決勝で別の高校に進んだ姉との姉妹対決に勝利したが、準優勝に終わった。高校2年生の時にインターハイ、国民体育大会、ウィンターカップ優勝の3冠を達成したが、高校3年生の時は無冠に終わった。ウィンターカップでは2年連続で優秀選手に選出された。

高校卒業を前にした2018年1月、Wリーグ・トヨタ自動車アンテロープスにアーリーエントリーで加入[5]。2020-21シーズンのWリーグ初優勝に貢献した。

日本代表[編集]

日本代表には学生の頃から年代別日本代表に選出されている。2016年FIBAアジアU-18選手権で準優勝を達成。1つ上の世代をまとめるPGとしてチームに貢献した。

2021年8月に初めて日本代表候補に選出され[6]、ヨルダンで開催された2021年FIBA女子アジアカップで日本の5連覇に貢献した。

3x3[編集]

3人制バスケット・3x3においては2018年7月からスタートし、その年のU-23の3x3女子日本代表に選出され、FIBA 3x3 U23ワールドカップ2018で準優勝した。翌2019年の3x3 U-23ワールドカップでは決勝で2018年に負けたロシアを下してリベンジを達成して優勝を達成し、大会MVPおよびベスト3に選ばれた[7]。この優勝は5人制、3人制、男女通じて日本勢初のFIBA主催世界大会での優勝である。またシュートコンテストでも優勝。3x3では海外選手やファン、FIBAの人などかなりの人気を集めた。

2021年5月、東京オリンピック予選に出場し3位で出場権を獲得した。FIBA公式サイトが五輪直前に公開した女子3x3競技の10人の注目選手を特集された[8]。 7月の東京オリンピックでは予選で4位になり決勝トーナメント準々決勝まで進出したが、予選で勝ったフランスに負けて5位となった。金メダルを獲得したアメリカが大会唯一の敗北を喫した予選リーグの日本-アメリカ戦でチーム最多の8得点を記録した。

経歴[編集]

  • 桜花学園高 - トヨタ自動車(2017年〜)

日本代表歴[編集]

3x3
  • 2018 U23ワールドカップ - 準優勝
  • 2019 U23ワールドカップ - 優勝(MVP受賞)
  • 2021 東京オリンピック予選 - 3位
  • 2021 東京オリンピック - 5位
  • 2022 ワールドカップ - 13位

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]