就実中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
就実中学校・高等学校
過去の名称 岡山実科女学校
就実高等女学校
岡山県就実中学校・高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人就実学園 
校訓 去華就実
設立年月日 1904年
創立記念日 5月18日
創立者 白阪栄彦、他21名
共学・別学 男女別学(女子校)
一部男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 33502K
所在地 700-0817 
岡山県岡山市北区弓之町14番23号
北緯34度40分15秒 東経133度55分45秒 / 北緯34.67083度 東経133.92917度 / 34.67083; 133.92917座標: 北緯34度40分15秒 東経133度55分45秒 / 北緯34.67083度 東経133.92917度 / 34.67083; 133.92917
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
就実中学校・高等学校の位置(岡山県内)
就実中学校・高等学校

就実中学校・高等学校(しゅうじつちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、岡山県岡山市北区弓之町に所在する私立中学校および高等学校。名称は、「去華就実」(華を去り実に就く)に由来する。系列校に就実大学就実短期大学がある。

特色[編集]

明治37年創立の市内有数の名門女子校である。かつては私生活においても厳格であることが有名であったが、現在はそれも緩やかになっている模様。昭和44年から進路別にクラス分けを行っているなど、県内の私立学校の中でもいち早くコース制を取り入れている。また、制服のデザインに人気があり、それに憧れて入学する生徒は少なくない。

前述の通り、就実中学校・就実高等学校とも創立以来一貫して女子のみの募集を行っていたが、2009年度から就実中学校・就実高等学校の特別進学コースで男女共学での募集を実施した。

カリキュラム[編集]

中学校[編集]

特別進学コース

進学コース

高等学校[編集]

特別進学コース

  • ハイグレードコース(国立難関大学進学コース)・アドバンスクラス(国公立大学進学コース)からなる。
  • 2009年度から男女共学での募集を実施。

特別進学チャレンジコース

  • 2012年度より新設、男女共学。

主に難関私立大・公立大学進学を目指す 総合進学コース

  • 2年次から人文、科学、健康福祉、情報デザイン、幼児教育保育、医療看護・栄養、科学体育、芸術(音楽・美術)の8つのクラスの中から選択。

沿革[編集]

  • 1904年4月 私立岡山実科女学校を設立
  • 1911年10月 就実高等女学校と改称
  • 1942年6月 岡山県就実高等女学校と改称
  • 1947年3月 岡山県就実中学校設置
  • 1948年4月 学制改革により岡山県就実高等学校と改称
  • 1969年4月 コース制を採用
  • 1981年4月 就実高等学校・就実中学校と改称
  • 2004年10月 創立百周年記念式典
  • 2005年4月 就実中学校コース制を採用
  • 2006年4月 就実高校コース制を改革
  • 2009年4月 就実中学校・就実高等学校の特別進学コースで男女共学を実施。

部活動[編集]

  • 高校のバレーボール部は春の高校バレーで2度の優勝と最多の出場回数を誇り、バスケットボール部・ソフトテニス部・卓球部も全国大会で優勝経験あり。

主な出身者[編集]

交通[編集]

系列校[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]