下北沢成徳高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
下北沢成徳高等学校
Shimokitazawaseitoku.jpg
過去の名称 成徳女子商業学校
成徳高等学校
成徳学園高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人成徳学園
設立年月日 1927年
創立者 武中武二
共学・別学 男女別学(女子校)
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース 特進コース
進学コース
国際コース
学期 4学期制
高校コード 13647G
所在地 155-8668
東京都世田谷区代田六丁目12番39号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

下北沢成徳高等学校(しもきたざわせいとくこうとうがっこう)は、東京都世田谷区代田六丁目にある私立高等学校女子校)。

概要[編集]

創立者は武中武二。「広く社会で活躍する女性を育てる」という建学の精神を掲げ1927年昭和2年)に設立された。三つのコース(特進、進学、国際)が用意され習熟度別に学習に取り込むことが出来る。近年では大学進学でも実績を出している。

国際理解教育に力を入れており、海外3カ国(オーストラリア、アメリカ、ニュージーランド)の姉妹校と相互交流を行っている。2年次にはオーストラリアへの修学旅行へ行き、広大な農場でファームステイなどを体験することができる。

バレーボール部は春高バレーの常連校だが、その他にも文化部・運動部合わせて25以上のクラブ、同好会があり活動をしている。平成22年度の卒業生にはダンスドリル部から宝塚音楽学校に合格した卒業生も出ている。

沿革[編集]

  • 1927年 - 成徳女子商業学校設立。
  • 1948年 - 学制改革により、成徳中学校・成徳高等学校に改称。
  • 1951年 - 学校法人成徳学園となり、成徳学園中学校・成徳学園高等学校に改称。
  • 1992年 - 中学校募集を再開。
  • 2003年 - 下北沢成徳高等学校に改称。中学校募集を中止。

部活動[編集]

バレー部
大山加奈荒木絵里香木村沙織等のオリンピック選手を輩出した高校バレー界が誇る名門校。
春の高校バレーで2002年・2003年と連覇した。2004年は準優勝となり前人未到の女子三連覇はならなかった。
2009年度バレーボール全日本女子登録選手には6名のOGが登録された。
獲得した全国タイトルは、計12回(選手権4回・総体1回・国体5回・選抜2回)である。

交通アクセス[編集]

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]