横山雅美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
横山 雅美
Masami Yokoyama
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1981-12-12) 1981年12月12日(40歳)
出身地 東京都江東区
ラテン文字 Masami Yokoyama
身長 171cm
体重 57kg
血液型 O型
選手情報
愛称 チャミ
ポジション S
指高 211cm
利き手
スパイク 285cm
ブロック 272cm
テンプレートを表示

横山 雅美(よこやま まさみ、1981年12月12日 - )は、日本の元女子バレーボール選手。東京都江東区出身。ニックネームはチャミ。現役時代のポジションはセッター

来歴[編集]

小学校2年生よりバレーボールを始める。成徳学園高校時代は春高バレー等に出場。嘉悦女子短大では、2001年ユニバーシアード日本代表、2000年・2001年学生選抜東西対抗戦メンバーに選出された。

  • 所属チーム

2002年デンソー・エアリービーズに入団。2003年ユニバーシアード日本代表に再び選出され主将を務めた。2005年、第11回Vリーグではチームを3位へ導いた。2008年、2007/08Vプレミアリーグにおいてチーム初となる準優勝に貢献。同年5月開催の第57回黒鷲旗大会では初優勝を果たした。2010年6月にデンソーを退部し、8月日立リヴァーレに移籍した。2011年5月に退社[1]。2011年からはアゼルバイジャンイトゥサチ・バクーへ移籍し、海外でのプレーを選択した[2]

  • 全日本代表として

2005年、全日本代表候補選手に選出された。2009年4月、全日本女子代表メンバーに登録されたが、怪我のため辞退。2010年4月、再び全日本代表となった[3]。同年6月のモントルーバレーマスターズ、12月のアジア大会で日本代表として出場した。

  • 引退後

2012年、現役を引退し、株式会社ミズノへ入社した[4]。ミズノに勤務する傍ら、競技普及活動としてバレーボール教室の講師、指導やイベント開催を行っている。また、DAZNのV.League中継では解説を担当している。

球歴[編集]

  • 所属チーム履歴
文京女子大中成徳学園高等学校嘉悦女子短期大学デンソー(2002-2010年)→ 日立リヴァーレ(2010-2011年)→イトゥサチ・バクー(2011年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 退部者からのご挨拶(2010年度) 日立リヴァーレ レポート
  2. ^ 元日本代表・横山がアゼルバイジャンへ MSN産経ニュース 2011年8月9日
  3. ^ 月刊バレーボール 2010年7月号 20ページ
  4. ^ [1]

外部リンク[編集]